職務要約の書き方

pixta_tegami_01

職務要約という言葉は一般的に転職等で使用する職務経歴書の冒頭に記載する文書のことを意味する場合が多いです。この情報は転職による採用の可否に非常に密接に関わる分野であり、とても重要です。

 

  1. 1.職務要約とは何であるか
  2. 2.職務要約は長くせず短めにすっきりと
  3. 3.どんな人物を求めているか
  4. 4.職務要約の書き方について

 


職務要約とは何であるか

pixta_tegami_02

職務要約という言葉は一般的に転職等で使用する職務経歴書の冒頭に記載する文書のことを意味する場合が多いです。この情報は転職による採用の可否に非常に密接に関わる分野であり、とても重要です。この職務要約が魅力的に書けるかどうかでその職務経歴書の価値も決まってくるものであると言えるでしょう。

 

転職に関する中途採用にも様々な種類と規模がありますが、あまりに応募者が多い場合には全ての履歴書及び職務経歴書に気合を入れて目を通すことが出来るとは限りません。だからこそ関心を持ってもらうことが出来るように魅力的な職務要約を書く必要があるのです。

 

魅力的な内容として受け取ってもらえるかどうかは実際の職務内容にもよりますので、書き方だけで実務内容以上に評価が変わるかと言えばその様なことは無いでしょう。しかし同じ情報であっても書き方一つで相手に伝えることが出来る印象は大きく変わるものです。

 

その様な書き方という技術がありますので転職を検討していて職務要約を書く機会があるのであれば読み手に上手にアピールすることの出来る書き方というものをよく理解して実践していくことが有利に転職活動を行う上では重要であると言えるでしょう。

 

職務経歴書全体の内容が充実していることは勿論ですが、その冒頭部分については特に上手に自分をアピールすることが出来るように可能な限り工夫を凝らす必要があると言えます。採用担当者の気持ちを引きつける内容でまとめられたのであれば転職活動の成功に一歩近づくでしょう。

 


職務要約は長くせず短めにすっきりと

pixta_tegami_03

職務要約を書く場合、あまり長くても短くても良くないとされています。シンプルが良いとは言っても1~2行程度では短すぎて相手に十分な情報を伝えることはできないでしょう。しかし5行以上は長すぎます。冗長な文章は読み手の評価を落としますので、3~4行程度でしっかりとまとめることが大切です。

 

必要な情報がすべて盛り込まれており、なおかつすっきりと読みやすい文章を書く必要があるのです。また、ここで書く文章は単なる経歴の紹介に終わらないように注意しましょう。また自分の得意分野も一般的には書かないのが基本です。冒頭に書くべきは自分の得意分野のアピールではなく、求人応募先の企業が求めていることの何をしてきたかを書くようにしなくてはなりません。

 

一般に求人募集の場合には募集する職種を明確にしているケースが多く、それに合致していることが前提となります。そのため募集している何に対して対応することが出来るのかを明記することが大切です。その様な文章を書くためには求人を行っている企業のニーズをはっきりと把握する必要があります。企業からの求人について理解するためには、

 

まず求人情報や求人票をじっくりと見ることが重要です。そこに書かれている内容は非常に重要な要素であると言えるでしょう。採用担当者が探している人物はその様な情報に合致している人物ですので、自己アピールに走る前に必要とされている仕事に対して何が出来るのかを明確にできる様に文章を作成する様にするのが良いでしょう。

 


どんな人物を求めているか

pixta_tegami_01

求人されている情報に対して適切なアピールをするということは極めて重要な行為です。いかに優れた能力があっても今現在募集されている職種で無ければ採用されることは難しいでしょう。そのため募集要項等をよく読んで自分が求められる人材の条件を満たしているかどうかをはっきりと吟味する必要があると言えるでしょう。

 

例えばそれが技術職である場合には技術の種類や習熟度などが要件となってきます。初心者OKや未経験歓迎があれば、経験がなくても応募が出来ると言うことを意味しますし、逆に経験者優遇という表記があれば経験者を欲しがっているということが分かります。そのためしっかりと求人募集の情報を参考にして相手に必要とされる人材であることを示さなくてはなりません。

 

募集要項に当たる情報には求めている人物像やスキルなどが掲載されていますので、それを参考にして職務要約を書くことが重要です。採用担当者も忙しいのでどうしても職務経歴書を読む場合には必要としている能力を持っている人材を探すための見かたをしてしまいます。それは求人募集のキーワードにしているような言葉であることが多く、

 

短時間でそれらの情報がないかを探していくことになるのです。そのため職務経歴書の冒頭で、自分が転職を希望する分野に如何に役立つことが出来るかをアピールすることが大切です。冒頭でいかに興味を持ってもらえるかが非常に重要であるため、職務要約という文章の内容については高い関心がもたれています。

 


職務要約の書き方について

pixta_tegami_01

以上の様な前提条件を満たした場合でも、全てケースで転職が上手くいくとは限りません。採用までの間、非常に難しく高いハードルが課されることもあり、一般に中途採用の採用率は10~15%程度のものであると考えられています。また中途採用は新卒に比べて採用の条件が厳しい傾向にあり、大きな企業では個別面接にまで持ち込むこと自体が難しいものであると言われています。

 

その様な狭き門を突破するために活用するのが職務経歴書などの応募書類です。応募者が多い場合には書類選考という手段でふるいに落とされることになります。そこで目にとまり、次のステップに進めるかどうかは職務要約にかかっていると言っても過言ではないでしょう。そのため少ないチャンスを活かすために企業側の求めている人材であることを最大限にはっきりとシンプルにアピールする文章を作成することが重要であると言えるでしょう。

 

評価される人は一般に自分のキャリアについて客観的な評価を理解しており、企業側の求める人物像を把握しています。その上で上手に自分をアピールすることが出来る表現力を持っている人物であることが重要なのです。その様な能力が備わっていると考える人は自分で対応すれば良いですが、

 

少しでも確率を高くするようにしていきたいと考える人は自分で勉強をしたり、教えてもらうようにする必要があるでしょう。魅力的な人物であったとしてもそれを表現する言葉次第で評価は大きく変わります。魅力的な自己アピールが出来るように工夫が必要です。

 

規約改正の書き方

公共機関や政府、条例に限らずとも、規約やルールは存在します。例えば学校のクラブ活動や大学のサークル活動などです。これらの決まりは年を経る事にふさわしくなくなっていくものもあ...

法人税別表付表3の書き方

法人税は所得税に課税されて、会社などの法人が事業で得られた利益や所得の中から支払います。法人税は国に納めるので、国税になります。   1.法人税...

キューシートの書き方

キューシートとはテレビ番組などにおけるタイムテーブルを個別に、番組の始めから終わりまで記した書類のことで、テレビ局やラジオ局などで主に用いられています。滞りなく放送を行うた...

給与支払報告書の書き方

市区町村が住民の税金を決定する際に、給与などを参考にします。その際に提出される書類が給与支払報告書です。税務署に提出する源泉徴収票と内容が同じであるため、表題と提出先に注意...

祝儀袋の書き方:宴会

祝儀袋の用途は意外に広く、宴会の際も参加費用を包むのに使われる事があります。参加費用の徴収は事前や事後に実施される事も多くありますが、当日徴収の場合は、この使い方で幹事...

御霊前の書き方

突然の訃報の連絡などによって、バタバタとお香典の用意をするという方も少なくないのではないのでしょうか。日頃から意識をしていないのでその時になって慌てる「御霊前の書き方」今回...

賃金規定変更届の書き方

賃金規定とは会社や従業員が守るべきルールを定めた会社や企業ごとに制定されている就業規則の関連規程の一つです。就業規則の中には給与規定というものが存在しており、賃金の決定や賃...

移転式典出席者へお礼状の書き方

オフィスや店舗を移転する際は移転式典を開催することがあります。移転式典を催し多くの方に出席してもらえば取引先との関係を深めることができますし、移転したことを知ってもらう良い...

再年調の納付書の書き方

税金には、日常生活で最も目にする機会が多い消費税をはじめとして、所得税や法人税、相続税、贈与税に、あまり身近に感じられないゴルフ場利用税や入湯税、軽油引取税など、たくさんの...

ご祝儀袋の書き方:夫婦編

  1.ご祝儀袋の選び方 2.ご祝儀袋の書き方 3.包み方のルール 4.企画書の活かし方   ご祝儀袋の選び方 ...

スポンサーリンク