面白い文章の書き方

pixta_tegami_01

文章というのは難しいものであり、書き方も人によってまちまちです。では人はどういった文章を面白いと思えるのでしょうか。面白い文章の定義に鉄則はありませんが、法則やパターンはいくつかあります。例えばユーモアをきかせたものは面白い文章と言えます

 

  1. 1.面白い文章と思えるものは
  2. 2.日々の出来事でも起承転結を意識する
  3. 3.センスを磨くにはどうしたらいいか
  4. 4.文章の始めも大切です

 


面白い文章と思えるものは

pixta_tegami_02

文章というのは難しいものであり、書き方も人によってまちまちです。では人はどういった文章を面白いと思えるのでしょうか。面白い文章の定義に鉄則はありませんが、法則やパターンはいくつかあります。例えばユーモアをきかせたものは面白い文章と言えます。それもなるべく人が不愉快にならない上品なものがいいでしょう。

 

その中に笑いを取り込むと面白い文章となります。ですが、これには落とし穴があります。自分と人との笑いのツボというのは違うものです。趣味の範囲で自分が読むだけならば問題はないですが、今ではネットなどでも文章を気軽に伝えることができる時代ですので、人が読んで面白いと思えるものを前提に考えてみます。

 

すると、ポイントが必要となってきます。まずはよく考えて普通の文章を作ってみましょう。ここで言いたいことなどが上手く伝えられそうだと自信を持てたら、崩していくことを考えてみます。ラフな形にする、ユニークなものにしていくということですね。それには内容もさることながら、多くの人が共感できる言い回しや言葉、語彙が必要となってきます。

 

また、独自の視点や切り口があるかどうかもわりと重要です。先に他の人が同じようなことを言ってしまっていたら、それは面白い文章とは言えなくなってしまいます。ですので、ユニークさに加え、独自の視点や斬新さというものも必要です。考えていると頭の体操にもなりますし、色々なアンテナを張ることができるようにもなってきますのでおすすめです。

 


日々の出来事でも起承転結を意識する

pixta_tegami_03

面白い文章を書けるようになるために、もう少し深く考えていきます。起承転結というと小説やシナリオを思い浮かべるかたもいらっしゃるかもしれませんが、小説やシナリオ以外のことでも同じことがいえます。小説の場合ですと始まりがありきっかけがあってなんらかの大きな事件や事象が起こり、やがて結末を迎えます。

 

読者がのめりこむほど、成功している作品になります。成功するというのは、多くの人からの興味や好奇心、共感を得られているということになります。また、知らなかったことが知られる真新しさというのもどこかにあるということです。これと同じで、日常生活の中にも起承転結はあります。

 

事実は小説より奇なりということもあります。日々の生活の出来事を、順を追って考える訓練をしてみましょう。夜寝る前に考えるのもいいですね。そうすると、ひとつのストーリーができて、今日一日の最大の出来事はなんであったかを見つけることができます。最大の出来事を見つけられたら、

 

それは山場、起承転結の「転」の部分となりますので、そこを焦点に考えてみます。嫌なことだけではなく、面白かったこと、嬉しかったことでもいいでしょう。それを独自の視点で表現することにより、読んでくれる人たちの共感を得ることができる可能性が高くなります。

 

ストレートな表現のほうが面白い場合もありますし、少し遠まわしに言うほうが面白い場合もあります。これは書くほうのセンスにもかかわってきますので、ちょっとした判断がポイントになります。

 


センスを磨くにはどうしたらいいか

pixta_tegami_01

面白い文章の書き方に、センスもかかわってくると先ほど言いました。センスというのはその人が持っている個性でもあります。個性が光ると一気に面白い文章を書くこともできます。もし文章を意識して書きたいという場合は、センスも磨いてみましょう。センスは独自性にも繋がります。

 

自信がないというかたは、まず自分の中にあるユニークな部分を見つめてみることです。見つめることができたら自分自身で引き出してあげましょう。そうすることにより自信もつきます。また、普段から語彙力を増やし、本を読んでおくと、頭の中で色々なことが吸収されるので、いざ文章にしようとするときにすぐ出てきます。

 

そして読む立場の人々は話題や役に立つ情報を知りたいと考えている場合もありますので、普段から情報を仕入れ、提供することも大切です。これはなにも社会情勢やニュースをひと足早く仕入れて人に教えるといったことではなく、身近なものごとでも構いません。例えば自分の住んでいる地域にしかない言葉や、習慣、物なども立派な情報提供になります。

 

他の地域にはないものですので、読んだ人は興味を持ちます。そこで起きた身近なことを、ブログに書くならば筋を追って、つぶやきなどに書く場合は短い文章で簡潔に、自分流に上手くアレンジし、情報を混ぜ込んで人に伝える方法を磨いていきましょう。人を笑わせるのは実際にやってみると難しいです。そのため、文章で笑いをとる、というのも難しいものです。面白い文章を書けるようになるにはある程度の努力も必要となってきます。

 


文章の始めも大切です

pixta_tegami_01

最初に作った文章の形を崩し、起承転結を意識し、役に立つ情報を混ぜ込んで独自のユニークなセンスを磨くといったことができてきたら、書き出しにも注意しましょう。書き出しというのは人が興味を持つ一番始めの文章です。最初の一行で興味を持つ人、持たない人に別れてしまいますので、なるべく多くの人に読んでもらうために、ここで一気に惹きつけてしまいましょう。

 

人々が興味を持つような一文、あるいは意外な一文が書き出しにあることで、反応も変わってきます。この場合も、書き方に注意です。真面目に書いてしまうと面白くなくなってしまいますので、ある程度肩の力を抜いた、気さくな文章を書くのもいいでしょう。書くことに慣れている場合でしたら「転」の部分から書いてしまうのもいいと思います。

 

今日はこんなことが起きてしまった、というような文章が始めにあると、読者はどうしたんだろう、と思い読んでくれます。そして、そこに至った道のりを、自分なりに磨きあげたセンスで書くことで文章は面白くなっていきます。面白い文章の書き方は、工夫や努力、ある程度の計算も必要になってきますが、これだけとは限りません。

 

面白いものを書こうと意識しすぎてしまうと逆に書けなくなる場合もありますので、適度な自然体で書くことも大切になってきます。まずはリラックスした状態で頭の中を整理し、仮に失敗をした日であっても、それが自分の中で笑いに置きかえられるようなものから考えてみましょう。そして自分なりの面白い文章を書くための法則を見つけましょう

 

5月の挨拶(結び・文末)の例文と結びの挨拶と書き方

手紙やメールの文章に時候の挨拶を入れることでより良い文章になります。電話や対面して話すのと違い、お互い顔を見ないままで交わす手紙やメールなので、こういった気配りの心を持って書くよう...

お礼・感謝の言葉の例文と書き方

お礼や感謝の言葉は仕事の場面だけでなく普段の生活での人間関係を円滑に進めるうえで非常に重要です。そんな便利なお礼であるからこそ使う言葉は親しい人に対するものとビジネスなどの改まった...

給与所得者の保険料控除申告書の書き方

  1.納税に関しまして 2.会社に提出する申告書と注意点 3.保険料控除申告書の注意点   納税に関しまして ...

省エネの中長期計画書の書き方

近年省エネという言葉が盛んに叫ばれるようになってきました。昔から資源は限りあるものであるとされてきており、今の生活を永遠に続けることは難しいと考えられてきましたためエネルギ...

お歳暮のお礼状(取引先・上司)の例文とマナーと書き方

日々の暮らしの中で、私たちはいろいろな人との関わりの中で生きています。 若いころは一人で生きられると思うこともありますが、結局のところ私たちは、一人で生きることなどできないの...

交通費申請書の書き方

サラリーマンは、会社の出張などで交通費申請書を事前に提出しなければならない場合があります。   1.交通費申請書には申請の目的を記載 2.出...

履歴書資格の書き方

  1.免許、資格欄の書き方の基本 2.記入欄に書いても困らないものについて 3.特殊な資格や免許などを書く場合 4.取得予定の資格につい...

大学の志望の書き方

まずは何と言っても、対象の志望大学について知識をつけることが大切です。 志望動機を書き始めるとしても、その動機自体が的外れになってしまっては裏目に出てしまうこともあります...

不動産登記事項証明書・交付申請書の書き方

  1.不動産登記事項証明書とは 2.登記事項証明書の取得場所 3.登記事項証明書の取得方法・料金 4.登記事項証明書を取得する際の注意事...

前職の年末調整の書き方

  1.年末調整とは 2.年末調整の対象となる従業員 3.年末調整の対象とならない従業員 4.前職がある場合はどうなるの? 5.源泉徴...

スポンサーリンク