無料でできる事業計画書の書き方

pixta_tegami_01

 

  1. 1.事業計画書は経営を行う上で必須です
  2. 2.長期と短期の計画書を作る
  3. 3.一般社員にも説明する場を設けること
  4. 4.一般社員の質問にも丁寧に対応
  5. 5.事業計画の進行度合いも報告する

 


事業計画書は経営を行う上で必須です

pixta_tegami_02

企業が会社経営を行っていく上では、事業計画書は必ず作成しなければなりません。経営企画部など、社長直轄部門がこの策定にあたる場合が多いですが、全社員を集めて定期的に今後の会社方針を説明するる場も作らなければいけませんので、事業計画書の作成は会社にとって重要な任務なのです。

 


長期と短期の計画書を作る

pixta_tegami_03

事業計画と言っても、目先達成しなければいけない目標と、将来的に今の会社が進むべき方向を示すものとがあります。先々の壮大な目標を達成するためには、今の事業で日々着実に業績を上げ、利益を確保していく必要があります。それが出来ない場合、会社は倒産してしまって未来はなくなってしまいますので、そういった意味からも目先1年間くらいの売上や事業の具体的な目標を短期計画として立案することが重要なのです。

 

また、短期の目標が達成され、それが積み重なっていくと5年後や10年後にこの会社がどのように発展していくのかといった内容を、長期事業計画書としてまとめることも必要なのです。短期と長期だけで計画書を作成しにくい場合、間に中期計画も挟み込めばよいでしょう。イメージとしては短期計画は先の1年、中期は先の3年から5年、長期は10年といった感じです。

 


一般社員にも説明する場を設けること

pixta_tegami_03

会社というのは一般社員を含む全社員の頑張りによって支えられています。従って事業計画を策定し、将来像を明確にした際には定期的に全社員に説明する場を設けることが大切です。経営会議や役員会で作成した事業計画を確認して終わりというのでは、その事業計画の実現は難しいと言わざるを得ません。

 

全社員がその方針を聞き、納得して理解したうえで進めないとこういった事業計画書を作成しても意味がないのです。従って、おのずと計画書作成の際の書き方も全社員が見て分かる内容にすることがポイントになります。専門用語や難しい単語を並べた事業計画書は一見すると立派なものに見えますが、理解することが難しい内容ならば意味がありません。

 

従って経営企画部r等の事業計画書の作成部門は、たたき台を作成し、それをもとに社長や役員と内容をよく吟味して一般社員が興味を示す魅力的な計画書にすることを頭に置いておかねばなりません。経営企画部門は、船で言うとかじ取りの役割をする部署だとも言われます。

 

従ってその船の中で一生懸命働く社員も、間違った方向へかじを取る船には魅力を感じず、行く先に夢がない場合には途中で船を下りることも考えるようになりますので、経営企画部門の役割は大変重要なのです。

 


一般社員の質問にも丁寧に対応

pixta_tegami_03

一般社員にも理解出来る書き方で作成したつもりの事業計画書でも、すべての内容を全社員が納得するわけではありません。内容について疑問を感じる箇所や、意味が分からない箇所が必ずあるものです。従って全社員を集めて説明会等を行った場合、説明の終了後に質疑応答に時間を設けるようにしなければなりません。

 

販売戦略やマーケティング戦略、人事戦略等、様々な箇所の質問が出た際にも、該当の担当役員などが質問に答えるようにしなければいけないのです。どうしてもその場で答えられない質問については持ち帰って後日回答という形でも構わないのですが、経営的に一般社員に極秘事項である一部の機密情報以外については、なるべくオープンに社員に情報を開示する姿勢が望ましい経営体制であると言えます。

 

きちんと質問に答えてくれる役員の姿に感動すると、多くの社員は説明を受けた事業計画書をもとにこの会社で頑張ろうという気持ちを再認識出来たりもするのです。普段、一般社員は役員と接する機会は少ないですので、分かりやすい書き方で事業計画書を作成してくれたり、きちんと質問にも対応してくれたりする配慮を感じると嬉しく思うのです。

 


事業計画の進行度合いも報告する

pixta_tegami_03

毎年経営方針を説明していると、前年に立てた計画が達成されたのかということを社員は気にします。営業の目標を立てていた場合、営業部門に携わっている社員は日々その達成度合いが分かっているのですが、他部署の人間は知らない場合が多いです。従って定期的に全社員に行う説明会で結果報告という形で話をするようにしなければなりません。

 

こういった報告をきちんとしてくれると、たとえ計画が未達成に終わっていても、報告してくれたという事実に社員は信頼感を持つものなのです。逆に、計画を立てた際には好走をさんざん話したのに、失敗したらそのことの結果を一切話をしないという姿勢では信頼感をなくしてしまいます。

 

社長からのメッセージも忘れない。会社経営のトップは何と言っても社長です。従って事業企画書に記載する社長の熱い思いや、説明会の場で自らは那須社長のメッセージは非常に重要になります。一般社員というのは日比社長の背中を見ているのです。

 

計画書の書き方など色々な書き方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:資金計画書の書き方
タイトル:建設業事業計画書の書き方

贈り物を断る時の手紙の書き方について。

社会人になればお歳暮やお中元・お礼などの贈り物を頂いたり、またはこちらから贈ったりする機会が増えてきます。しかし最近では企業や家庭によってはこれらの贈り物をしないといった、社風や家...

生命保険料控除の書き方

  1.所得税と生命保険料控除 2.給与所得者の生命保険料控除申請書 3.生命保険料控除の対象となる保険契約 4.生命保険料控除申請書の書...

花見の案内状の書き方

春になると暖かい日差しとともにいろいろな花が咲き始めて目を楽しませてくれます。お花見などを行い、楽しい時間を作るようにしている人も多いといいます。会社などでもお花見などをひ...

9人制バレーボールの記録の書き方

バレーボールには一般的に広く知られている6人制バレーボールのほかに9人制バレーボールもあります。   1.6人制バレーとの違いを知って記録する ...

餞別金 会社の書き方

会社で餞別金を贈る機会は意外と多いものです。例えば、同僚や部下、あるいは上司が転勤をする際には皆から集めたお金を渡すものですし、独立や定年で退職する方にも、同様にお金を包ん...

「承知しました」の意味と例文と書き方

何かを頼まれたときなどに、承知しました、ということがありますが、これはただ単に理解したということではなく、相手の望んでいる要求や希望、依頼などを聞き入れるということ、もしくは承諾す...

弔電・お悔やみ電報(上司の親族)の例文と書き方

  1.私たちの暮らしは多くの人との関わりながら暮らしています。 2.電報は言葉の文字数によって金額が変わってきますので 3.とくにお悔やみ電報のときは ...

わかりやすい文章構造の習得方法について

文章構造について書いていきます。つまり、読み手にとってわかりやすい文章構造とはどのような文章なのか、そして、それはどのように習得することができるのか、その2点に焦点を絞って書いてい...

年途中の源泉徴収票の書き方

サラリーマンなどの様に給与をもらうことを目的として働いている場合、年度末に源泉徴収票というものをもらうことになるのが一般的です。   1.源泉徴...

可愛いノートの書き方

可愛いノートをより自分らしく、素敵に利用するということができれば嬉しいと感じられるものです。書き方を練習して、どのように可愛いノートを使いこなしていくかというハウツーを知る...

スポンサーリンク