眉の書き方

pixta_tegami_01

 

  1. 1.眉毛の基本的な形の作り方
  2. 2.眉毛の黄金比
  3. 3.眉メイクの基本とメイクの方法
  4. 4.マスカラを利用して自然な色にする

 


眉毛の基本的な形の作り方

pixta_tegami_02

眉毛を書くときにはきちんとした基本をおさえておくことが大切です。書き方の基本として、この方法をしっかりとしておくことで、流行の眉毛になることもシンプルに自分に似合う形にすることも可能になります。書き方の基本として、形を整える、ということをはじめにしておくようにします。

 

基本的な形に整えておくことで、足りない部分を足して、いらない部分を処理することができるので、メイクをしやすくすることができます。眉にも形が最高にいい状態だといわれる黄金比というものがあります。その形を知っておく、そしてそれを土台にしておくことで書き方などを変えても自分に似合う形にすることができるのです。

 

長すぎる毛ははさみなどでカットしておくようにしないときれいな形にすることができなくなります。また、目元周辺の産毛などはピンセットでそっと抜いたり、カミソリなどで剃っておくようにするときれいにメイクすることができるようになるということです。

 

もし形をなかなか決めることができない、きれいに出来ないというときは、専用の道具などがあるのでそれを利用してみると理想の形にすることができるといいます。プチプラのものから本格的なものまであるので、自分にあったものを探してみるといいかもしれないです。

 


眉毛の黄金比

pixta_tegami_03

太眉ブームになってきていますが、眉毛が太い人はそのままで十分、というわけではないのです。眉毛はきちんと形を整えて、書いておくことが大切です。眉毛の形を整えるときは、黄金比を参考にして必要のないところをピンセットなどで抜いたり、はさみなどでカットしておくようにします。

 

どんなシーンでも使える眉毛の形と長さというものがあります。それが、口角と目尻を線で結んだ先、延長線上に眉尻がくるようにしておくことです。この形はどんな眉毛にするときでも同じです。少し前までは眉尻と小鼻をつないだ延長線上が基本の形でしたが、最近はとくに形にも流行りがあるので、眉尻なども形や長さが違う風になってきています。
 

基本的には同じ形のものからメイクによって少しずつ違う雰囲気のものにすることができるのですが、ナチュラルにみせたいときはもともとある毛を利用してメイクするのが一番自然にみせることができるということです。この黄金比といわれる形をまずは作れるようにしておくことで、メイクをするときに形を書きやすくなるのです。

 

数年前までは細い眉が流行っていましたが、最近は太めの形が流行っているので、より自然に、ナチュラルでありながらきちんとしたメイクをする、ということが大切になっています。あまりにも毛がない、またはぼさぼさすぎて自分ではどうしようもない、というときはプロの美容部員の方にお願いする、美容師の方に形を整えてもらうということも可能です。

 


眉メイクの基本とメイクの方法

pixta_tegami_01

眉をメイクするときの最大の注意点、そしてポイントでもあるのが眉尻です。眉を書くときにははじめに目尻側、つまり先ほど書いたように眉尻から書くようにします。そうすることでグラデーションができて立体的に見えるようになるのです。アイブロウをするときに大切なのことは自然に見えることです。

 

最近はペンシルのものを使ったり、アイブロウパウダーを使うということがほとんどです。使い分けるようにしている人が多くなってきています。パレットのなかの、一番濃い色を使用します。隙間、つまり肌色が見えている部分を埋めるように、丁寧にのせていくようにすること大事です。

 

もう少しはっきりとさせたい、というときは眉間の書き始めのあたりから重ねるようにのせていくようにします。このとき、筆に残ったパウダーで仕上げるようにしておくと濃くなりすぎることがないので安心です。黒目の真上あたりの密度を高めるメイクにしておくと目力アップにもなるといいます。

 

メイクが思うように上手くできなかった時や、少しぼかしたい部分がある時は、綿棒を利用してさっと直すことができます。これはパウダーならではの技術なので、便利です。
眉の色は基本的に髪の毛と瞳の中間の色にしておくといい、といわれています。そうすることで自然な雰囲気にすることができるからです。

 


マスカラを利用して自然な色にする

pixta_tegami_01

アイブロウパウダーのほかにも、マスカラがあります。使い方は簡単です。このマスカラを利用することで、よりはっきりとした、なのに自然な色味を出すことができるのです。まずは余分な液をオフすることが大切です。まつげにマスカラを塗るときと同じように容器のふちでしごいて余計な液を落としてもいいのですが、液がつきすぎないようにします。

 

ポイントとして言えることは、ムラをつくらないようにまんべんなく塗ることを忘れないようにしておくことです。毛流れに逆らってつけるようにすると、毛の裏側や根元まできちんと塗ることができるということです。そのあと、毛流れに沿って塗っていきます。形を整えるような感じでつけるときれいに塗ることができますし、自然な色になります。

 

肌についてしまうと不自然にテカテカしてしまうので、肌にはつかないように気をつけることが大切です。余分なところについてしまったらすぐ綿棒で取るようにしておきます。正面部分ばかりにつけてしまうこともありますが、上の部分などにも忘れずにつけるようにすることです。

 

髪の色が明るい色の場合、髪の色に近い色味にするようにしておくといいです。そんなときはアイシャドウを使います。たとえば、髪の色が明るい茶色の場合は、黄色っぽい色やオレンジの薄い色のアイシャドウを重ねて、その上から麺棒でなじませるようにすると自然な色にみえるので便利です。麺棒はメイクをするときには忘れることができない便利な道具です。

 

眉毛を剃ってしまって薄い、という人でもペンシルとパウダーを上手に使うことでナチュラルに仕上げることも可能です。マスカラを使うことができなくても、眉毛が薄いなどの場合はパウダーとペンシルで十分なので安心です。メイクにあわせて眉毛の形を変えたり、色を変えたりするのがごく当たり前になってきていますが、基本的な形とメイク方法を覚えておくことが一番大切です。

 

手紙の書き方:横書き封筒

伝えたい気持ちや感謝の言葉。何気ない日常を手紙で綴る。何度も読み返して書き直した思いの詰まった手紙を送る。これらは昔から繰り返されてきた「言葉を相手に伝える」手段です。現代...

履歴書の書き方(見本)

新しい季節になると、卒業と同時に入学、就職などをすることになる人がとても多いといいます。そこで必要になるものが履歴書なのですが、その書き方をきちんとできていない場合がありま...

書き方は参考にできる手段がたくさんあります。

ひらがなやカタカナの書き方、漢字の書き順は、書道を学ぶと正しい書き方も学ぶことができます。書道は現在、学校の授業でも小学校から行われています。しかし学校では、文字を書くことだけなの...

小論文試験で合格する為の書き方

小論文の書き方として注意したいのは、ありきたりのきれいごとや努力や目標を振りかざすだけで終わらないようにすることです。   理由は、極めて凡庸な内容になること...

原稿用紙の使い方を理解し、読書感想文を書いてみよう

夏休みなどの課題として、読書感想文が出されることがあります。この読書感想文を書くことを苦手としている人も多いのではないでしょうか。そのような人の為に、読書感想文の書き方のコツについ...

ブログアフィリエイトの記事の書き方について

これから副業を始めたいと考えている方にオススメなのがブログアフィリエイトです。ここでは、そのブログアフィリエイトの書き方について紹介していきます。   まず、...

備忘録の書き方

  1.備忘録の必要性 2.備忘録から自分を知る 3.なるべく良い物を使う 4.存在してしまった物と例文   備...

辞職願の書き方・例文

  1.理由を細かく書く必要はない 2.引き継を考慮して早めに辞職願を出す 3.書く際に知っておくマナーや例文 4.書面を入れる封筒など常...

小学生の作文の書き方

小学生になると幼稚園や保育園の時と違った作業が学校でたくさん出てきます。その中の一つに作文があります。幼稚園や保育園の時は文字を覚えて単語を書くという所までできればよかったのですが...

9月の挨拶(結び・文末)の例文と結びの挨拶と書き方

手紙やメールでは文頭で時候の挨拶を入れるだけではなく、文末でも季節に応じた言葉を入れるだけでニュアンスがとても穏やかで思いやりのあふれるものになります。   ...

スポンサーリンク