反省文(頭髪)の例文とマナーと書き方

美容は老若男女関わらず、程度の差はあれどみなさん関心のあることで、自分の容姿を少しでも魅力的に見せるためには、出来うる努力は最大限行おうとするものです。

 

中でもヘアースタイルは、見た目のイメージを大きく左右する大切なポイントなので、それぞれがこだわりを持っているもので、長さや色、形など、意識して整えている人がほとんどでしょう。

 

特に中学生くらいから

こういったおシャレに目覚め始める子供が多く、流行を意識しながらも校則の範囲内で、自分に似合うスタイルを楽しむようになるようです。しかし学校によっては、頭髪の規定をかなり細かく決めているところも多く、毎朝登校時に門で数人の教師がチェックしている光景もしばしば見かけられます。

 

最近の子供は、デジタル機器の普及によって、美容に関する情報に触れることが低年齢化しており、アイドルや大人を真似たヘアースタイルに憧れてしまうこともあるでしょう。

 

夏休みや冬休みなど、学校が休みの時期であれば問題ありませんが、通学時に学生にふさわしくない髪型はあまり良いものではありません。その学校に在籍する限りは、その学校の校則を順守することは当然で、その範囲内で認められているスタイルを楽しみましょう。

 

そのようなところで個性をアピールするのは、学生としての品格を下げるもので、これから先大人になっても、TPOというものをわきまえた装いをするということは、常識として求められることなのです。

 

見た目が美しく決まっていれば良いのではないか、という問題ではなく、学校生活の中で、学生にはそのような魅力は求められていません。何度も口頭で注意を受けても反省が見られない場合、反省文の提示を求められることもありますが、この反省文を書くに当たっては、きちんとポイントを押さえ、読み手である学校側に、自分の取った行動に対する謝罪の気持ちを感じてもらわなければなりません。

 

自分の髪の毛を、どんなスタイルにしようが自由だ、髪型などは勉強には影響しないという生徒もいますが、その考えを貫きたいのであれば、同じ考えを持つ学校を選ぶしかありません。

 

日本全国いろいろな学校があり、校則にも非常に違いがあり、偏差値の高い学校ほど私服、髪型自由などという傾向が強いものです。結果さえ出せば何も言わないという、非常に自由な学校も多々あります。もし自分は見た目で自分を表現したい、という考えならば、一生懸命勉強を頑張って、そのようなところを重要視しない学校に行けばよいだけのことです。

 

しかしそういう学校に通う生徒ほど

すべては自己責任ということをしっかりと認識しており、見た目で大人に意見されないほどの中身を兼ね備えているものです。集団の中で生活していくうえでは、規律を乱さないということは、人として身につけておかなければならない最も大切なことで、時には自分を押し殺し、我慢をすることも求められます。

 

学校というものは、大きな社会に出る前の小さな社会生活を経験できる意味ある場所なので、注意にかみつくだけではなく、自分の何がいけなかったのかをしっかりと見つめ、反省し、謝罪し、今後に生かすということを覚えなければならないものです。

 

反省文を記述する際には、このポイントをきちんと押さえ、丁寧な字で、出来るだけ漢字を使い、正しい句読点を配置し、真摯な態度を伝えられるように心を込めて書きましょう。

 

字というものはその人の心が現れるもので、どんなに綺麗な筆跡でも、気持ちがこもっていないということは明白となってしまうものなのです。逆に汚い字であっても、時間をかけ一文字一文字丁寧に書けば、読み手には書き手の心は伝わります。

 

自分の過ちを指摘され注意を受けたのであれば、素直にそれを受け、改めるという姿勢は、大人になってからでも必要なことです。人生の長い目で見れば、学生期間などほんの数年です。しかも大学生にもなれば、頭髪のことで教師からとやかく言われることなどほとんどありません。

 

たった数年、我慢をし規律を守るということができないようでは、卒業後社会の一員として生きていく時、様々な規則を順守することができないような人間となってしまいます。おシャレはなにも厳しい決まりがある学校の中で行わなくても、私生活の中で行えばよいのです。髪を染める、パーマをかける、これは卒業してからいくらでも楽しめます。

 

よく長期の休みにカラーリングやパーマを経験する生徒もいますが

髪質そのものに影響してしまうものは、学校が始まり元に戻したとしても、短期間で徐々に目立ってきてしまうことが多いものです。そのたびに注意受けるのであれば、髪質そのものをいじるのは避け、ウィッグなどを上手に活用して楽しむのも一案ではないでしょうか。

 

反省文というものは前述したように、自分の過ちを認め、反省し、二度と同じ過ちは犯さないということを誓うものです。短期間で違反が明白になってしまうようなことをするのは、反省の気持ちがないと判断されても否定できません。

 

反省文の書き方など色々な書き方は下記の記事も参考になります♪
タイトル:反省文が長文の場合の書き方

フィールドワークレポートの書き方

フィールドワークレポートの書き方についてですが、1度でも現地に行って体験すること、それはとても重要なこととなります。そしてその体験したことに対してレポートを書くことが重要で...

卒論インタビュー書き方

卒論インタビューをする前に幾つかしなくてはいけないことがあります。それは取材対象者について調べると言う事です。取材相手の経歴の概要が掴めたら、より深く調べます。過去は勿論、...

祝賀会の返信はがきの書き方

  1.手紙の基本的なマナー 2.返信はがきの使い方 3.祝賀会招待への返信はがきの文例   手紙の基本的なマナー ...

車検代を払ってもらえない場合の督促状の書き方

車検を受け付けている業者と言えば、車を購入したディーラーだけでなく修理工場やガソリンスタンド、車検専門店、民間車検場等が挙げられます。車検を受ける時はあらかじめ費用を見積も...

エントリーシートの書き方

エントリーシートとは、各企業が作成しているオリジナルの履歴者であり、入社志望書でもあります。市販の履歴書と違ってそれぞれの企業が学生に記入させる項目を独自に用意して欲しい人材を見つ...

訃報の書き方:密葬

訃報を書く前に前に、密葬とはどういう葬儀形式なのかを、確認しておきましょう。一般的に家族葬と取り違えられやすいのですが、密葬とは、遠隔地での不慮の事故の場合など、やむなく密...

テニスの協賛の礼状の書き方

  1.協賛とは 2.宛名と差出人名 3.テニスイベントに対する協賛のお礼状 4.お礼状はすぐに送付する   協賛と...

マリオの絵の書き方

元々ゲームキャラとして登場したのですが、そのゲーム内容が優れていたことと続編が今現在でも販売され続けていることから、日本のみならず全世界で人気を集めているといったキャラクタ...

職場上司への謝罪文の書き方

仕事においてミスをしてしまったら、会社全体の損失にもつながります。事態の収束はもちろんですが、口頭で謝罪するだけではなく、謝罪文を職場上司に当てて執筆する必要があります。謝...

研究論文の書き方とコツ

文章の書き方はその内容によって大きく変わってきます。ここでは、研究論文の書き方について説明します。一般的に、論文の構成は起承転結の形式をとります。研究論文は、全く初めての研究結果を...

スポンサーリンク