読書感想文の例文と書き方

私たちは小学校高学年くらいのころから、読書感想文というものを書く機会に触れるようになります。夏休みの宿題などでは、必ずといってよいほど読書感想文の提出が求められるようで、意外とこれを苦手としている生徒も多く、嫌な思い出として記憶に残っている人もいるのではないでしょうか。

 

本を読むのが苦手な人は、おそらくこの読書感想文もあまり得意としていることはないと思われますが、苦手な人に取って見れば、その本の内容すらきちんと理解できていないのに、その感想を求められても、何も思い浮かばないということも多いでしょう。

 

基本的に、自分の心や頭の中に思い浮かんだ感情を言葉に表すことは意外と難しく、その内容を原稿用紙何枚分などと指定されれば、なおさらどう文章を組み立てればよいのかわからなくなってしまいます。読書感想文は、その言葉が示している通り、本を読んだ後で感想文を書かなければならないので、その本の内容をつらつらと抜きだして書いていても、評価はしてもらえません。

 

自分の感想を書くうえで

一部分を抜粋して書きだすのは良い技法ですが、本の内容をそのまま写したようなものは、感想文としての採点はしてもらえません。感想文を書くのが苦手だと感じている人は、まずはその本の内容をきちんと理解することが先決で、きちんと理解できた後で、自分の心に少しでも記憶として残っているものを掘り下げていくと、意外と字数は稼げるようになります。

 

しかし、この読書感想文は、課題図書が決められているものと、自分で自由に選べるものとがあり、後者であれば初めから自分が興味を持っている本を選ぶことが出来るので、内容にも入りこみやすいものですが、課題図書となると、まったく興味もなにもないものを読まなければならないので、こちらは少しハードルが高いでしょう。

 

しかしこの場合でも、とりあえずその本の内容を理解しないことには始まらないので、何とか最後まで読破してしまいましょう。それができれば、もう半分は完成したようなもので、後は、本の内容すべてに触れなければならないことはないので、少しでも自分が共鳴できる点を見つけ、そこに焦点を当てて掘り下げていきましょう。

 

自分だったらこう感じる、こうするなどというふうに、登場人物の誰かを自分に置き換えて考えてみれば、意外といろいろな感情が湧きあがってくるものです。

 

文章を上手に書けるようにするには

このような発想力ももちろん大切ですが、もう一つ重要なことは語彙力を豊富にすることで、一つの意味を示す単語でも、違う言葉で表す力をつけると、文章力は飛躍的に上がっていきます。文章というものは同じ単語を頻繁に使うと、耳障りならぬ目障りに感じるもので、とたんに文章の質が下がってしまいます。

 

同じような意味を表すときでも、微妙に単語や言い回しを変えると、それだけで成熟した文章に仕上がり、読み手にも違和感なく伝わります。

 

語彙力を高めるには、これはもう日々の積み重ねしかないので、普段から意識して新聞などの活字に触れ、ニュースなどを聞き、知らない単語や表現方法が出てきたらすぐに教師や親に聞き、習得していきましょう。

 

この力がつくと、感想文は格段に上達します。

日本語というものは実に単語や表現方法が多いと言われており、これは他の言語にはない特徴です。普段の話し言葉ではなかなか使わないような単語でも、文章にする時には積極的に使っても、読み手は戸惑うこともありませんし、語彙の豊富なレベルの高い文章だという評価につながるものです。

 

この語彙力を身につけていると

字数を増やしたいときにはもちろんながら、逆に少ない字数でまとめなければならない時にも有利で、これは新聞を見れば一目瞭然です。見出しには、少ない字数で、何を伝えたいのかを的確にあらわさなければならないので、最もインパクトの強い単語を使い組み立てます。

 

この技法は学校における読書感想文にも使え、最初の書きだしに、読み手を一気にひき付けるような、大胆な短めの一文を配置して見ると、いつもの平凡な感想文がたちまちレベルアップします。

 

その本の内容の中で、自分がもっとも心が惹かれた、記憶に残っている文章でもよいでしょう。その一文を皮切りに、私だったらこうしたかもしれない、それはどうしてかというと、というように自分の考えの根拠となる理由を記述していけば、読み手にもしっかりと伝わるし、立派な感想文に仕上がるはずです。

 

感想文ということは自分の意見を書いても良いわけなので、どんな意見であろうとも、それには正解も間違いもないので、自分が思うままに書き進めていけば良いのです。

 

その本の登場人物と同じ行動を取らなくても良いわけで、自分の場合での結果を導きだして見ても面白いのではないでしょうか。国語力はなにも学校生活の中だけで必要なものではなく、これから先大人になって仕事をしていくうえでも、プライベートでも必要となるものなので、学生の間にこういった練習は重ねておきましょう。

 

感想文の書き方や色々な書き方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:感想レポートの書き方
タイトル:感想レポートの書き方のコツ

書き方指南の難しさ。

ウェブ社会は、コピーとペーストの繰り返しが多く用いられることが必然化してしまい、オリジナルな作文ができにくくなっています。すなわち、各種の試験の解答でも、受験者は、どこかの解答例を...

地形の断面図の書き方

断面図とは横から見た図のうち、その内部構造が分かるようになったものです。横から見た図は外観だけしか分からず内部構造がどのようになっているかは判別できませんが、断面図にするこ...

商品のお礼状の書き方~ビジネス~

  1.注文された商品を贈るとき 2.お礼状の書き方 3.お礼状のポイント   注文された商品を贈るとき ...

面白い文章の書き方

文章というのは難しいものであり、書き方も人によってまちまちです。では人はどういった文章を面白いと思えるのでしょうか。面白い文章の定義に鉄則はありませんが、法則やパターンはい...

卒論アンケートの書き方

卒論のテーマが決まっていない人や、卒論アンケートのテーマそのものがまだ決まっていない人、卒論のアンケートがなかなか集まらない人、書き方がわからないなど卒論に関しては悩みが尽...

2月の挨拶(書き出し・文頭)の例文と時候の挨拶と書き方

2月は暦の上では早春にあたりますが、実際には1年の中で寒さが最も厳しく、雪も多い季節です。そこで、寒さの中にも少しずつ近づいてくる春の明るさを感じられる事に焦点を当てた文章がよいで...

文字の書き方

文章を手書きで書く際は、出来るだけ綺麗な文字で書くと相手の方にも読みやすいです。ちょっとしたことで普段より綺麗にできる書き方について説明します。   ...

介護エコマップの書き方

  1.介護エコマップとは 2.介護エコマップの書き方 3.介護エコマップとジェノグラムの違い   介護エコマップと...

お礼状の書き方:贈り物

お中元やお歳暮、結婚祝い、出産祝い、入学祝い、お見舞いなど、プライベートにおいてもビジネスにおいても、贈り物を受け取る機会はたくさんあります。最近では贈り物に対するお礼の気...

「是非」の意味と例文と書き方

是非という言葉は日本語の中でしばしば利用されます。日常的に使われる場合は、副詞として使われる事が多く、話す内容や記す文章に「何がなんでも」という意気込みや、「どうしても」という願望...

スポンサーリンク