SQLの書き方

pixta_tegami_01

 

  1. 1.SQLとは
  2. 2.SQLの学び方
  3. 3.SQL知識の必要性
  4. 4.リレーショナルデータベースの仕組みも学ぶ

 


SQLとは

pixta_tegami_02

SQLはデータベースの操作を行うための言語です。現在、ITの世界には様々なデータベースソフトが存在しますが、SQLはソフトウエアが変わっても基本的な書き方のルールが共通していることが多く、どのようなデータベースソフトの解説を読んでいても例文として「select * from データベースファイル名」と掲載されています。

 

構文もデータベースソフトが変わっても共通していることが多く、SQLを覚えることは他のプログラム言語より簡単と感じるかもしれません。昨今のデータベースソフトは他のプログラム言語と組み合わせてブラウザ上で操作を行うことを前提としていること、リレーショナルデータベースが主流なので複数のデータベースファイルを組み合わせて読み出しなどを行うため、操作のための文章が長くなってしまい複雑化させている要因となっています。

 

そのための書き方、例文としては「join」や「where」などを使用した書き方など、様々な解説本に掲載されています。2つくらいのデータベースファイルを組み合わせて読み込む簡単なものが解説本には掲載されていますが、ビジネスの現場ではデータベースファイルそのものが巨大なため、どのようなデータがどのようにして格納されているかを把握している必要があります。

 


SQLの学び方

pixta_tegami_03

独学でSQLを学ぶ方法は多数紹介されています。実際、解説本などを購入し、データベースファイルを自分で作成して、様々なselect文を作成して表示結果を確認するだけで勉強になるからです。また、データエントリ(入力)も可能です。ただし、ビジネスの現場では個人が作成した練習用のデータよりも大きくかつ複雑化していることが多く、データベースの知識以外の業務知識も必要になります。

 

業務の流れを把握して、データの入力方法にも厳格なルールを適用し、データの形式も決めておく必要があります。ビジネスの現場ではSQLを自分で入力して単独で使用することはほとんどありません。他のプログラム言語と組み合わせて、誰でも必要なデータを読み込むことができるようにしているからです。

 

またデータ操作についてもデータの入力、保存、読み出し、訂正など権限を細かく指定することが求められることが多く、その権限付与もデータベースファイルを操作することで実現させています。財務会計のソフトを思い出していただくと、入力したデータを税務署など官公庁に提出する書類を作成するときに集計業務で使用しています。

 


SQL知識の必要性

pixta_tegami_01

現在、ビジネスの世界ではパソコンを使用しない業務はほとんどありません。外回りの営業マンであっても業務でタブレット端末を持ち歩いている、スマートフォンを持ち歩いている事が多く、移動中に手元の端末で業務に必要なデータを入力、読み出しなどを行っていることがあります。

 

現在の業務システムではデータベースソフトが動いていることを意識することなく利用できるようになっています。しかし、システムが何らかのトラブルで止まってしまったときに復旧作業を行う際に、どこまでのデータが正常に動いていたか、データが改ざんされたり不正利用された形跡がないかを調べる際にSQLを利用することがあります。

 

この場合はシステムを立ち上げることなく、データベースそのものにアクセスする必要があり、そのなかでselect文などを駆使して操作を行います。また有効なデータを無効なデータを確認する上でも必要な知識がSQLです。普段の業務では不要な知識がトラブル対策のために必要となるのです。

 


リレーショナルデータベースの仕組みも学ぶ

pixta_tegami_01

リレーショナルデータベースは現在、ビジネスの世界で主流となっているデータベースです。複数のデータベースのファイルを結合し、1つのデータベースファイルは単純であっても、複数を組み合わせ業務に利用しています。コマンドや構文の書き方だけではなく、データベースの操作も他のプログラム言語と合わせて学ぶ必要がありますが、後回しになりがちなのがデータベースソフトでもあります。

 

あまり意識することはないかもしれませんが、データベースソフトが止まるとシステムが止まる現在の業務システムであることを踏まえると、データベースが基本中の基本であることがわかります。データの見せ方だけではなく、トラブルに対応するための知識として知っておくことが望ましいといえます。覚えることは、書き方の基本と、わからないときに何を参照するといいのかを知っておくことです。

 

覚える必要があるのはこの2点だけです。複雑化しているデータベースの世界、と思っていてもトラブルそのものは他のエンジニアが経験済みかもしれません。個人のブログやテクニカルなサイトに普段から目を通し、どのようなトラブルが発生しやすいかなどの予測も可能です。あまり身構えずに必要な知識から蓄積していくことで、自然と身につくものと思って力を抜いて学んでいくといいでしょう。

 

インターネット系ビジネス文書の書き方は下記も参考になります♪
タイトル:アプリケーション要求仕様書の書き方

経営計画書の書き方

事業家ならば、例えば経営コンサルタントなどからよく、経営計画書を作成して、年間計画を立てることが大切だなどと言われる場合が多いのではないでしょうか。確かに、中規模以上の会社...

病気療養による退職届の書き方

仕事をしていると、どうしても体調を崩してしまい、無理をすることもできないので退職することになってしまった、ということもあります。そのようなときには、きちんと病気のことや退職...

遺言状の書き方

  1.遺言状の種類 2.自筆遺言状の書き方のポイント 3.本文の書き方 4.遺言状の注意点 5.無効となる可能性がある書き方 ...

8月の挨拶(書き出し・文頭)の例文と時候の挨拶と書き方

8月はまだまだ暑さの盛りで立秋とはいえ夏のイメージが強くあります。しかしどことなく秋を感じられることも確かです。過ぎていく夏を惜しみ、秋の気配を感じさせる言葉を8月の挨拶文として使...

備忘録の書き方

  1.備忘録の必要性 2.備忘録から自分を知る 3.なるべく良い物を使う 4.存在してしまった物と例文   備...

一年忌・初盆の葉書の書き方

大切な方がなくなってから一年忌などにはいろいろなことを思い出したりすることがあります。お葬式のときにお世話になった方、生前によくしてくださった方などに初盆の法事のお知らせと...

読書感想文の苦手意識の克服

小学校や中学校の学生は特に、休みの期間にはよく読書感想文が課題として提示されているのではないかとおもいます。私も小学生の時は課題としてだされ、文章を書くのが非常に不得意だったため、...

卒業の手紙の書き方

卒業に際して書く手紙は、その立場によって大きく分けると「卒業する者に対して書く手紙」「その子を持つ親に対して書く手紙」「本人が書く手紙」があります。その中にも目上のものから...

上申書の書き方

上申書とは、様々なケースで書く事になりますが一般的には部下から上司に対して意見を書いた文書を提出する書式になります。もともと上申書は、中国から来たものです。天子に文書を奉る...

持ち回り決議の議事録の書き方

  1.持ち回り決議とは 2.持ち回り決議書の議事録の書き方 3.書き方のポイント   持ち回り決議とは ...