お歳暮のお礼状(取引先・上司)の例文とマナーと書き方

日々の暮らしの中で、私たちはいろいろな人との関わりの中で生きています。

若いころは一人で生きられると思うこともありますが、結局のところ私たちは、一人で生きることなどできないのです。 ときには人に助けられたり、助けたりして生活をしていますが、その中で必要なことは常識を持って生活するということです。

 

人になにかをやってもらったらお礼を言う、感謝の気持ちをあらわすのは常識ですし、マナーとしてやったほうがいいのです。 その方法ですが、昔でしたらペンで手紙を書くという方法が一般的でしたが携帯やパソコンが普及している今では、メールという手段に変わってきています。どのような方法でもいいのですが、きちんと書くということは必要なのです。

 

ただ、お中元やお歳暮のお礼というのは、簡単なようでそんなに簡単ではないのです。知人でしたらあまり神経を使わなくていいようですが、会社の上司になると、かなり神経を使う必要があります。

 

ちょっとした言い回しで、相手の受け取り方も違ってしまうので言葉選びは慎重にしたほうがいいのです。感謝やお礼の気持ちをわかりやすく書き、季節の事柄を織り交ぜながらかくとよい文章になりますが、季節の例文は知っているようで知らないことも多いです。

 

いざ書こうと思っても、どのように書いていいかわからなくなることもあると思いますが、そういうときはあきらめずに文例集などを参考にしたほうがいいですが、いまはそういう便利な文例集がネットサイトで見つけることができます。

 

ネットで検索をするととても多くの文例集が載せられていますが、オススメは例文JPというサイトです。このサイトには、実にさまざまな例文が載ってます。たとえば、お中元やお歳暮のお礼状というのも載っています。

 

例文を見てみると、親戚宛、知人宛、義父母宛の文例があります。

お中元、お歳暮は親戚や義父母へ送ったり送られたりすることがとても多いはずです。義父母へお礼状を書くことも多いはずですが、季節の言葉を織り交ぜながら書くと、美しい文章が出来上がりますし、できた嫁というイメージをもたれることになります。

 

とくに12月でしたら「木枯らしの吹くころ」などは、入れるか入れないかによって随分と印象が変わります。 さらに、ビジネスの例文というのもあります。 仕事において、謝罪のメールやお礼のメールなどはかなりの頻度で書きことが多いはずです。

 

これもわかりやすいということが基本ですが、感情的に書きすぎると誤解を受けることもあります。とくに、上司に対する言葉の使い方で、誤解を受けることもありますし、とくに取引先へのメールの言葉の使い方を間違えるとその後の商談にも影響を与えかねません。

 

ですから例文JPを参考に慎重に書くことが必要です。

たとえば、ちょっとしたことですが、自分の会社の書き方ですが、当社にすべきか、弊社にすべきか悩むときもあります。そのようなときでも、使用する意味などがこのサイトには載っているので、よく確認しながら書くといいのです。

 

さらにこのサイトの優れているところは、文章の基本が載っているのです。 私たちは長年日本語を使ってきていますが、意味がよくわからなくて使っていたり、実は勘違いをしていることも少なくありません。

 

たとえば、「存じます」の意味や使い方とか、「致します」と「申し上げます」の使い方も厳密に意味を考えながら使っているわけではありません、もしかしたら自分の思い込みだけで使っていて間違っているかもしれません。

 

そういう言葉についても、意味や例文が書かれているので、このサイトを一通り読んでおくのも勉強になるはずです。 そのほかには、就職活動の例文というのがあります。就職活動は自分の将来の仕事を左右するとても大きな行事になりますが、そんなときに書く文章には、最大級の注意が必要です。

 

多くのライバルのなかから、少しでも光る文章を書くことで印象が良くなりますから、とくにこのサイトの文例を利用する必要があります。 そのほかにも、電報の文例というのもあります。

 

電報というのは、文字の数によって金額が決定されてしまうので、一文字の重みが大きくなります。長く書いたらいいというわけではないですから、この文例を参考に短い文章でも言いたい事を凝縮できるように なっていきたいです。

 

私たちの生活の中で、お礼状をはじめ、反省文や謝罪文など実にさまざまな文章に触れていくことになります。 時間に追われる毎日を過ごしていますが、そのなかでも正しく、心がこもった文章を書くことで人間関係が円滑にいくようになります。

 

書きなれないと、そういう文章を書くこともできず、どんどん自分から遠ざけてしまいますが、それも慣れによって書くことができるようになっていくのです。なんでもできないよりもできるようになったほうが、自分の武器となりえるものです。 嫌がらずに積極的に文章を書けるようになっていきたいものです。

FSWIKIのテーブルの書き方

FSWIKIは正式名称としてはFreeStyleWikiとも呼びます。FSWIKIはPerl(パール)と呼ばれるプログラミング用語を使用したWikiCrone(ウィキクロー...

離職票の書き方

退職した際に会社から送られてくる離職票。その内容は失業保険を受け取る時に非常に重要になってきます。きちんと確認すればよかった、と後悔しないよう正しい離職票の書き方を知ってお...

初穂料のし袋の書き方~会社~

  1.初穂料とは 2.のし袋の表の書き方 3.お金の包み方   初穂料とは 神社で祈願をしてもらうと、初...

手紙の書き方についてのコツを探る

現在は、パソコンや携帯電話・スマートフォンなどが広く一般に普及しています。そのため、気持ちを伝える方法も、紙やペンを使用してだけではなく、デジタルツールを利用して行われる場合も増え...

アルファベットの書き方に関してのコツを知る

現在は、グローバル化社会を迎え、英語教育なども小学生の低学年のうちから実施されている場合などもあります。グローバル化社会の波を受ける中、義務教育において、誰もが平等に英語教育を受け...

礼状の書き方:文例

お礼状を書くときには、いろいろとマナーやしなければいけないルールのようなものがあるということです。まずはそれをきちんと調べて、それから書くようにしておきます。 はじめてお...

ひとがた雛形型の書き方

ひとがたは人の形ひ似せて和紙などを細工切りしたものや、人の姿を印刷したものなどを云います。日本の神道儀式の一つですが、その中でも陰陽道で用いられます。   ...

災害に遭われた人への年賀状の書き方

震災や水害などの災害に遭われた人が親戚や知人・友人などにいた場合、そういった被災地に向けて年賀状を出す場合、おめでとうといった言葉を表現として使っても良いものなのか。おめで...

統一感のある文章の書き方

文章を書いている途中、いつの間にかタイトルとは違う内容のことを書いていることはありませんか? また、書きたいことがたくさんあり、思いつくままに書いて、結果読み手に「結局何が言いたい...

養子縁組届の書き方

  1.養子縁組とは 2.養子縁組の流れ 3.養子縁組届の書き方 4.養子縁組の問題点   養子縁組とは ...

スポンサーリンク