「運びとなりました」の意味と例文と書き方

文章の基本的な使い方をマスターしてその状況に相応しい言い回しを適切にすることで、表現力が身について行きます。

 

良く用いられている言葉で

「運びとなりました。」がありますが、この言葉は、「運ぶ」という動詞には、物事が滞ることなく「進展する」や「進捗する」や「捗る」という意味があり、「予定通りにことが運ぶ。」、「すべて滞りなく運んでいます。」というような使い方をしています。

 

しかし、「運ぶ。」の後ろに「となりました。」と付いた場合では、ややそのニュアンスが違ってきます。「となりました。」とつけることで、物事が進んでいることが、それまでの予想や予定とは異なる場合や、それまで希望していたこととは違った方向性の結末に至った場合など、この場合には意外性のニュアンスが含まれるようになっています。

 

そのために、「運びとなりました。」は、通常なら、物事が滞ることなく進展しながらも、事前の予想や予定、意図、計画などとは違う方向に向いて進んでいることを表現する時に相応しい言い方になります。

 

また、成り行きがこのような展開になるとは予測できなかったために、何らかの進展や結末を迎えた時には、意外な結果になってしまったというニュアンスを含めた場合に使用されます。

 

では、実際の例文で説明をして行きます。

「今回は思いもよらぬ運びとなり、愕然と致しました。」とすれば、予期していない結末になったことを知り、動揺している気持ちを示せます。ここでも、意外性が込められているのが分かります。

 

また、「経緯は紆余曲折でしたが、全員が及第点を取る運びとなり、ほっとしております。」とすれば、あまり期待が出来るような好成績にはならないだろうと思っていたのに、結果的には全員が及第点を取ることが出来たので、その意外な展開に安堵している気持ちを伝えられます。

 

これも、いい結果になったという意外性を示しています。そして、「今月末をもちまして業務を終了する運びとなりました。」とすれば、顧客にとっては業務が終了することは知らなかったわけですので、意外性の内容になります。

 

おめでたい場合でも

「吉日に結婚する運びとなりました。」とすれば、手紙やメールを受け取った相手は、おめでたい内容でもあっと驚く意外な感じを持つ方もいるでしょう。

 

「赤坂に事務所を移転する運びとなりました。」とすれば、これまでの事務所から新天地へ移転する旨を伝えられますので、情報を知らせるのに役立ちますし、お客様にとってはやや意外な感じを持つ場合もあるでしょう。

 

「今年度をもちまして当サービスを終了する運びとなりました。」と書けば、これまで行っていたサービスが終了することを告知することになります。その後に、「これまでの皆様のご愛顧には大変感謝しております。」とお礼の意味合いを込めた文章を続けても良いでしょう。

 

「サービスを終了することとなりました。」とするよりも、書き手自身もややこれまでの計画とは異なる事態になっているニュアンスを表現できるのが、「運び」という言葉なのです。

 

ビジネスのシーンでは

「さて、このたび弊社では下記の日程で新製品の展示会を開催する運びとなりました。」というような使い方が一般的です。新製品の展示会を開催するのは、取引先や顧客にとっては意外性を感じるニュアンスをもつものですので、このような言い回しが適しています。

 

そして、「昨日はトレッキングの予定でしたが、あいにくの悪天候のため、やむなく途中で引き返す運びとなりました。」とすれば、天候があったしたために予定を変更して途中で予期しない選択であったけれど引き返したという意外な結末になったことをしめしています。

 

「会談が予想外の運びとなりましたので、取り急ぎご報告申し上げます。」と書けば、会談が本来、想定していたものとは違った方向へ進捗したため、その連絡をとりあえず行いますという伝達が出来ます。

 

他にもお詫びの意味で伝える場合にも

「皆様のご期待にそえない運びとなりまして、お詫びの言葉もございません。」とすれば、皆様への思いや期待とは裏腹の展開に至った結果になり、お詫びをする言葉すらみつからないという陳謝の気持ちを伝えられます。書き手が意図していた結果とは別の方向へ進捗したのは、意外性があるのでこの場合にも「運び」を使っています。

 

このように意外性を含めるニュアンスを伝える際に用いることが多い文章ですので、その状況に応じた前後の言い回しも加えて行きましょう。意外な展開になったという事態でも、良い場合、悪い場合、どちらでも用いることが出来るので使用する頻度はかなりあるといえます。

 

実際に、結果などを報告する際に単に、「なりました。」とするよりも「運びとなりました。」の方が、丁寧さがあり相手に対しての配慮を示す言い回しになりますので、このような例文を参考にした上で注意して用いるようにしてみてください。

 

他の意味と例文の情報を知りたい方は、こちらもご覧ください。
タイトル:「お心づくし」の意味と例文と書き方
タイトル:「幸甚」の意味と例文と書き方

接待交際 社内の書き方

営業マンが個人客を相手にやる接待というのは、珍しい感じです。多くは、営業マン対、他の顧客会社の方といった事例が殆どではないでしょうか。   1....

「ご支援」の意味と例文と書き方

ビジネス文書や個人あてにお願いなどをするとき、使用される言葉がいくつかあります。これらは上手に使い分けをしなければなりませんし、前後の文章と脈絡がつながらないものになると、かえって...

復職願いの書き方

復職願いは嘘偽りなく正直に履歴書に記入することによって面接でも素直に返答することができます。変に嘘をついていると面接時に失敗する可能性が高まりますので危険です。会社に復帰す...

接待報告書の書き方

接待報告書の書き方についてですが、内容は必要なことを簡潔にまとめましょう。所感を記入する場合としないことがありますが、接待費だけの報告なら必要はありませんが、接待そのものの...

「幸甚」の意味と例文と書き方

幸甚という言葉。普段の日常生活を送る上ではなかなか聞きなれない言葉です。まず読み方ですが、「こうじん」という風に読みます。幸という字はまさに読んでそのままの「幸せ」という意味でつか...

寄付のお礼状の書き方

ビジネスシーンやその他団体などで寄付をしてもらったことに対してのお礼状の書き方、これは頻繁にあるものではありませんので、難しいと感じる人も多いでしょう。ここでは寄付をしても...

手紙の書き方(例文)

手紙は友達や家族に向けて書くのであれば、それほどマナーを気にする必要はありませんが、もしも渡す相手が目上だった場合には、しっかりとマナーを守る必要があります。ここでは縦書き...

出産祝い目録の書き方

親しい友人や会社の同僚、親戚などに赤ちゃんが誕生したら、出産祝いを贈ることが一般的です。通常は出産祝いの品物を買って直接手渡したいところですが、場合によっては目録を贈ること...

経営計画書の書き方

事業家ならば、例えば経営コンサルタントなどからよく、経営計画書を作成して、年間計画を立てることが大切だなどと言われる場合が多いのではないでしょうか。確かに、中規模以上の会社...

「未筆ながら」の意味と例文と書き方

最近はメールが大変普及し、御中元やお歳暮をいただいたときにもメールでお礼をして済ませたり、何かのお詫びなどもメールで済ませることが多くなりました。親しい友人ならメールでも十分なので...

スポンサーリンク