土地賃貸借契約書の特約の書き方

pixta_tegami_01

自分が所有している土地を誰かに貸す時は契約書を作成して契約を交わす必要があります。この契約書は土地賃貸借契約書と呼ばれるもので、一般的な不動産賃貸借契約書とは少し様式が違っています。

 

  1. 1.所有している土地を貸す時の契約書
  2. 2.土地賃貸借契約書に記載する内容とは?
  3. 3.土地賃貸借契約書に記載する重要な内容
  4. 4.所有している土地の様々な活用法

 


所有している土地を貸す時の契約書

pixta_tegami_02

自分が所有している土地を誰かに貸す時は契約書を作成して契約を交わす必要があります。この契約書は土地賃貸借契約書と呼ばれるもので、一般的な不動産賃貸借契約書とは少し様式が違っています。アパートやマンション等の居住用物件では、数ページにわたって細かい事柄が書かれており、内容に承諾した上で双方が署名と捺印を行います。

 

それに対して土地賃貸借契約書の方は貸し借りする物件が土地だけですから、比較的ページ数の少ない契約書になるでしょう。しかし、中に書かれていることは土地の貸し借りに関する重要なことばかりです。賃貸借期間中にトラブルが生じた場合は、契約書の内容を元に判断されるのです。

 

所有している土地を誰かに貸す時は不動産業者に依頼して仲介してもらうという方法が一般的ですが、この場合は仲介手数料が発生します。仲介手数料を省く目的があったり個人的に貸し借りしたい時は、土地賃貸借契約書を作成しましょう。土地賃貸借契約書を初めて作成する方は、どのような書き方をすれば良いのか分かりませんね。

 

通常使われている土地賃貸借契約書のテンプレートを使って、必要な項目だけを書き換えるという方法でも問題はありません。ただその場合は書かれている内容にしっかり目を通して、自分達の契約に該当しない部分があれば削除したり変更して対処しましょう。土地の賃貸借契約で定める項目の他に特約を設定したい場合は、一番最後の項目に特約条項として付け足すだけでも構いません。特約条項を付けることで主契約に足りない部分を補えます。

 


土地賃貸借契約書に記載する内容とは?

pixta_tegami_03

誰かに土地を貸す時は口約束だけでなく、正式な土地賃貸借契約書を作らなければなりません。賃料の未払い等のトラブルが発生した時でも契約書があれば効力を発揮します。土地賃貸借契約書を作成する際に記載すべき項目を確認しておきましょう。用紙は市販のB4サイズやA4サイズの白い紙で構いません。

 

初めに賃貸人と賃借人が契約を締結することの記し、以下は内容について細かく記載していきます。賃貸借契約を結ぶ物件の詳細を記入しますが、土地の所在地や広さといった内容だけでなく使用目的も明確にしておく必要があります。例えば建設業者に資材置き場として使うこともありますし、個人が何かを保管する場所として使用する場合もあります。
 

しかし、途中から明らかに違う目的で使い始めるといった行為がないとは言い切れません。周囲の迷惑になるような使い方をしたり、所有者にとって不利になるような使い方をされると困りますから、土地賃貸借契約書の中で使用目的を明確にしておくことが大切です。もし違う目的で使っていた場合、契約書があれば変更や契約の解除を申し出ることができます。

 

契約書には賃料や賃貸借期間が入ります。賃料の項目には賃借人が毎月支払う金額以外に、いつまでにどのような方法で支払うかを記載します。支払い方には所有者の銀行口座に振り込む方法の他に直接持参するという方法もあります。賃貸人と賃借人が近い場所にいれば、直接賃料を受け取っても構わないでしょう。口座振り込みの場合は手数料が発生します。

 


土地賃貸借契約書に記載する重要な内容

pixta_tegami_01

土地を貸し借りする時は初めに土地賃貸借契約書にサインをします。土地賃貸借契約書には重要なことが書かれているので、全ての項目を読んでから納得した上でサインしなければなりません。例えば契約の解除に関する項目があります。契約期間中でも賃貸人の方から契約の解除を言い渡すことができますが、

 

該当する項目を契約書に書いていないと解除が難しくなります。元々信頼関係があって安心して土地を貸した相手であっても、賃料の支払いが難しい状況に陥ると何カ月も滞納されてしまう可能性が出てきます。そのためにも一定期間支払いがない場合は解除するという内容を記載しておく必要があるのです。

 

さらに賃借人とは別の人物に転貸するというケースもあります。転貸が契約違反であることを明確にしておき、違反があれば解除できるようにしなければなりません。土地賃貸借契約書では一般的に記載しないような内容を書き添えたい時は、特約条項として書くことができます。特約条項は効力の強いものですが、内容次第では無効とみなされる場合もあるので注意が必要です。

 

たとえ賃借人が特約条項の内容に納得してサインしたとしても、賃借人にとって著しく不利になるような内容では無効となります。作成した土地賃貸借契約書には賃借人だけでなく賃貸人もサインしますが、さらに賃借人の連帯保証人のサインも必要です。契約書は同じ内容で二通を作成し、賃貸人と賃借人がそれぞれ保管することになります。賃借人が更新を希望する時は契約期間が満了する前に更新手続きを行います。

 


所有している土地の様々な活用法

pixta_tegami_01

土地を所有している方は活用の仕方で悩むことがありますね。大切な資産でもある土地ですが、ただ眠らせておくのは勿体ないでしょう。そのため所有している土地を積極的に活用して資産を運用するという方が増えています。土地活用には色々な方法があります。更地になっていればそのままの状態で人に貸すことができます。

 

この場合は土地賃貸借契約書を作って契約を交わすだけで、毎月一定の収入が得られるのです。更地ではなく上物が建っている物件も多いですね。十分住める住宅なら貸家として賃貸借契約を結びましょう。賃貸物件を扱っている不動産業者に依頼すれば、契約から管理まで全てを任せることができます。

 

管理を依頼すれば管理料を支払う必要がありますが、家賃収入があるので利益になります。駐車場やマンションを建築してオーナーになるという選択肢もあります。駐車場なら比較的低料金で投資ができるので、あまりお金をかけたくないという方に適しています。立体駐車場のような本格的な駐車場として活用しなくても、舗装をしてきれいな状態にするだけでも十分借り手が付くでしょう。

 

平面駐車場は初めにかかるコストが低いというメリットがありますが、メンテナンス費用もかからないので管理がラクです。マンションを建築する場合はかなりの費用が必要ですが、投資した分だけ収入に繋がる可能性があります。地域の需要に合ったマンションを建築すれば、高い入居率が維持できますし将来の備えとして考えた時に有利になります。

 

自然災害の被災をふまえた年賀状の書き方

年賀状といえば、12月になると慌ただしく書き始める、年始のごあいさつです。新年を迎えられたことへのお祝いと、新しい年になってもまた今まで通りの関係を続けられるようにあいさつ...

伝えたいと思うことをしっかりと伝える能力を身につける

  1.ネットワークに繋がる環境さえあれば 2.今回は、そんな文章の書き方に関して 3.その次に重要なポイントとしては   以前と比...

支払調書の書き方

  1.支払調書とは 2.記入の前に 3.支払調書の書式と注意事項 4.記入項目   支払調書とは 支払調...

ビジネス文章の書き方:退職の案内

ビジネス文書の中でも、退職についての様々な文章はデリケートなものです。今回は特に退職時に同僚や取引先などに送る、あいさつ用の文章です。基本的にメールでの場合も手紙の場合にも...

企業のメールのインタビューの書き方

企業を相手とするビジネスのメールでのインタビューの書き方について解説します。   1.挨拶について 2.インタビューの趣旨を記す 3.イ...

講演会の気づきのレポートの書き方

「気づき」とは、端的に言ってしまえば「その対象に接したことで自分なりに得たもの」のことです。   1.気づきとはどういうものなのか 2.講演...

提出する願書の書き方

受験するタイミングで提出することになってくる願書の書き方ですが、封筒には入学希望の願書があるのを書いておくとわかりやすいです。封筒の表の欄に住所と宛名先を書くのが正しいですが、様で...

定年される恩師への手紙の書き方

最近は手紙を書く機会が減ったという人も多く、ほとんどメールですませているという人も多いのではないでしょうか。いざ手紙を書こうにも、書き出しに悩んだり、どのような文章を書けば...

「略儀ながら」の意味と例文と書き方

ビジネス文書や手紙などにおいて、意味があまりわかっていなくてもついつい書いてしまう定型文や語句があります。これらはきちんとした使い方をすると、先方への礼儀も十分に伝わりますので非常...

出席可否の書き方

結婚式やパーティといった華やかで和やかな雰囲気の中で行われるイベントは、出席した人も変えるときには何となく幸せな気持ちになれます。   1.出席...

スポンサーリンク