復職願いの書き方

pixta_tegami_01

復職願いは嘘偽りなく正直に履歴書に記入することによって面接でも素直に返答することができます。変に嘘をついていると面接時に失敗する可能性が高まりますので危険です。会社に復帰する際には志望動機や理由の必要性が出てくるため、職場から一定期間離れていた人は入念に書き方を研究して対応することが大事です。

 

  1. 1.正直に復職願いを記入することが大事
  2. 2.できるスキルアピールをすることが大事
  3. 3.必要な書類を揃えることから始める
  4. 4.会社によって様々なケースの復職

 


正直に復職願いを記入することが大事

pixta_tegami_02

復職願いは嘘偽りなく正直に履歴書に記入することによって面接でも素直に返答することができます。変に嘘をついていると面接時に失敗する可能性が高まりますので危険です。会社に復帰する際には志望動機や理由の必要性が出てくるため、職場から一定期間離れていた人は入念に書き方を研究して対応することが大事です。

 

選考の際にはどの仕事でも履歴書は必要不可欠となってきますので復職が目的の場合でも素直に理由を記入することによって大半は成功します。書き方としては主治医から精神状態が正常に戻ったとか通常の生活を余裕をもって送れるようになったなどの理由が挙げられます。

 

このような理由は個人によっても異なりますので面接で復職の理由を聞かれても答えることができる範囲で記入することがお勧めです。嘘の記載は犯罪にはなりませんが、会社からの信用を失うケースがあるため裂けるのが無難です。最悪の場合には懲戒免職は損害賠償の可能性もありますので慎重に履歴書の作成を行うことがお勧めです。その中でも復職する際には志望動機がとても大事になってきます。

 

会社側も最も重要視している記入事項で仕事に復職したい理由、どの業種に復職したいかを中心に面接で発言することが一番です。常に会社側が求めている質問を想定して事前に準備をしておくと緊張も軽減されます。生活費が苦しいのでというような志望動機は印象に残らないため、休職前のスキルを活かせる仕事を選ぶほうが会社にも貢献でき採用確率もアップします。

 


できるスキルアピールをすることが大事

pixta_tegami_03

復職願いをする際には自分ができるスキルを最大限にアピールして企業に貢献することを伝えれば評価されます。復職後も更なるスキルアップを目指して向上心を持って仕事をする意思を伝えることによって企業側の印象にも残ります。自分の気持ちに正直になって自分なりの言葉で志望動機を記入することによって企業に伝わります。

 

基本的な書き方としてはプリントの上部に復職願いと書かれた用紙を使用してすぐ下に受理してもらう担当部署の名前を記入します。そして復職したい時期を記入して提出すれば処理は大丈夫です。自分が以前所属していた部署名や配属先を記入しておくことも親切です。履歴書上での復職願いや復職理由は簡潔に誠意をもって書くことが基本です。

 

会社にとっても一度仕事をしており、経験がある人材はとても貴重と思っているため復職を希望している人材を欲しているはずです。未経験で新しく雇うよりも従来から同じ会社で働いている人のほうが呑み込みも早く、すぐに仕事を思い出すことができると感じているからです。失敗することなく効率のいい方法で復職を目指すことが一番お勧めです。

 

それぞれの状況によって復職方法が異なるため、自分の会社ではどのような手順によって復職できるかを事前に確認することがお勧めです。仕事ができなくなった理由も大事で、病気による休職の場合は会社が審査した上で復職を決める場合があります。記載事項としては復職の理由や復職に至るまでの経緯を正直に書くことで会社も理解してくれます。

 


必要な書類を揃えることから始める

pixta_tegami_01

復職に至るまでに必要な書類を揃えることが重要です。病気になって完治しての復職であれば病院の診断書が必要です。大事な書類になり、本当に病気であったのかという証拠にもなります。会社側は休職期間が満了に近づく時にそれまでに復職しなければ自然退職になる事を書面で伝えてくるケースもあるため早めに準備や確認をしておくことが大事です。

 

もしも、休職期間満了日までに書類ができずに退職扱いされると元に戻ることができないです。休職期間満了日に近づいたら会社に戻りたいことをすぐに会社に伝えることで考慮してくれます。会社側は医師の診断書を確認して不明点や疑問点などがなかったら正式に復職することができるようになります。

 

その際には復職発令書という書類を発行しますので、その書類に復職日や復職後の所属部署、勤務緩和措置を記入すれば処理が完了です。また、医師による診断書には復職可能という診断がされていても本人が本当に復職できるか不安なケースもあります。そんな時には主治医と相談してどのような業務ならできるのかを決めることで会社も考慮してくれます。

 

適当な業務量など医師のアドバイスを受けることができるため何でも気軽に聞いてみることが一番です。産業医の意見聴取は仕事復帰に重要な判断材料となるため、回復が十分でないため同じ職場に復帰することができないケースもあるため医師の言うことをよく聞いて会社と相談することが大事です。自分ではできると思っても体が付いていかない場合もあるため注意が必要です。

 


会社によって様々なケースの復職

pixta_tegami_01

会社によってはいきなり解雇の手続きや自然退職を取る場合もありますし、従業員の回復状況を考慮して復帰後はじめは軽い仕事量の部署に配置する場合もあります。そのため、復帰後の事を会社と相談して詳細確認しておくことで思っていた仕事と違うというミスマッチが減ります。また、時差出勤を行ってくれる部署もあるため徐々に仕事に慣れていくことができます。

 

いきなり通常の職員と同じ方法で同じ仕事量をこなすことは体への負担がかかってしまうため大変です。復職者への配慮がある企業のほうが長く仕事を続けていくことができ、収入や休日も安定したものとなります。働く人の安全と衛生を守るための法律があるため、これに基づいて産業医が専門的立場から助言や指導を企業にしてくれます。

 

癌や生活習慣病など多くの種類の疾病があるため柔軟に対応してくれる企業へ就職することが自分の身を守ることにもつながります。復職前に今後の働き方を十分に考えることで仕事への向き合い方が変わってきます。家族の介護やリハビリ中など体力が低下しているケースも考えられるため短時間就業制度などで一か月の総合就業時間を決めておくことで個人に応じた働き方を変えることができます。

 

また、各自の始業時間や終業時間を自分で決めることができるフレックス制を導入する企業が増えてきているため、自分のペースで出勤することができ、自由に仕事をすることができる環境つくりを行う企業が増えてきています。未導入の企業は相談してみることで復帰後の仕事も効率よく進めることができます。

 

償却資産申告書の書き方

償却資産とは個人や法人で事業の用に供することができる資産のことで、毎年1月1日現在で所有している土地や家屋以外の資産をいいます。   1.償却資...

予告を入れることで内容が入りやすくなる

映画やテレビドラマ、バラエティなどをみるとき、よく目にするコマーシャルですが、実は文章を書くときの書き方も、このコマーシャルを上手に利用することで劇的に読み手にとって入りやすい文章...

正しい書き方を習得する

現代人にとって文字を書くという機会が減ってきています。それは、パソコンやスマートフォンなどを使うことが多い生活になってきているからです。文章などを書く機会が減ってくると、ますますペ...

マインドマップの書き方 簡単

マインドマップは普段頭の中でおこなわれている思考を紙に書いて絵のようにしていくものです。考えがまとまらないときに、紙に文字を書いてみるとわかりやすくなる時がありまうが、マイ...

会計報告書の書き方

会計報告の書き方についてここでは例を使いながら見ていきましょう。今は会計報告は大半がエクセルなどを用いて作ることが多いですが、エクセルを使って作れたとしても、何を書けばいい...

車検代を払ってもらえない場合の督促状の書き方

車検を受け付けている業者と言えば、車を購入したディーラーだけでなく修理工場やガソリンスタンド、車検専門店、民間車検場等が挙げられます。車検を受ける時はあらかじめ費用を見積も...

協力依頼についての手紙の書き方

依頼の手紙や依頼状というのは、頼みごとを書いて相手に送る手紙のことをいいます。 資料の請求や、証明書発行といった身近なもののほかにも、祝辞やスピーチの依頼をする機会も多い...

ビジネスメールの書き方のお願い

  1.人柄が見えるビジネスメールを 2.ビジネスでは必須、上手なお願い 3.社内メールでも心配りを 4.読みやすさは文章とレイアウトのバ...

面白い文章の書き方

文章というのは難しいものであり、書き方も人によってまちまちです。では人はどういった文章を面白いと思えるのでしょうか。面白い文章の定義に鉄則はありませんが、法則やパターンはい...

建設業の許可表の書き方

建設業者は国土交通大臣あるいは都道府県知事から許可がでたら、建設業法第40条の規定にしたがって、各店舗あるいは各建設工事現場ごとに、所定の様式による標識を、公衆が視認しやす...

スポンサーリンク