ビジネス手紙の書き方

pixta_tegami_01

お祝いのイベントなどの記念行事を行うような場合や、会合などを開く場合には、案内状を送る必要があります。案内状はビジネス手紙としては、欠かすことができないほど、その回数はそれほど多くないものの、なにかの節目には必要になるものなので、適切な文面で書くようにしたいものです。

 

  1. 1.案内状などを書く場合
  2. 2.依頼状を書く場合には
  3. 3.催促の手紙を書く場合
  4. 4.間違えやすいポイントなど

 


案内状などを書く場合

pixta_tegami_02

お祝いのイベントなどの記念行事を行うような場合や、会合などを開く場合には、案内状を送る必要があります。案内状はビジネス手紙としては、欠かすことができないほど、その回数はそれほど多くないものの、なにかの節目には必要になるものなので、適切な文面で書くようにしたいものです。

 

案内状の書き方としては、まず、どのようなお知らせをする必要があるのかを明確にしておくことが大切です。まずは、手紙を送る相手に招待する意思を伝えることが大切です。そして、招待したいイベントや会合などが行われる日時や時間について、しっかりと明記します。さらに、場合によっては、そのイベントに出席するか、欠席するかについても尋ねる必要が出てきます。

 

特に、予め、旅館やイベント会場を予約する必要があり、人数の確認をしなくてはならない場合などがこれに該当するといえます。また、参加する人数によって、準備する会場のスペースにも違いが出ることも多いですし、送迎バスなどを用意する場合には、大型バスにするのか、コンパクトなタイプのバスを用意するのかで、

 

費用面でもかなり違ってきますので、出欠はなるべく早めに把握しておきたいものです。ですから、その場合には、返信用の葉書も同封することになります。その出欠の締切を明記しておくことも忘れずにしましょう。また、場合によっては、場所が分かりづらいようなケースでは、地図で分かりやすく載せておくと良いこともあります。連絡先なども確認しましょう。

 


依頼状を書く場合には

pixta_tegami_03

ビジネス手紙において、頻繁に登場するといえるのが、依頼状、依頼文といった手紙ともいえるでしょう。人間関係に負荷がかからないように、誤解や行き違いが生じないように仕事を進めるためには、口頭や電話でのやりとりだけでなく、手紙によるものが重要となってきます。

 

また、メールの文章と比べても、手紙という形式をとることで、正式なやりとりであることが分かりますし、他に電話をすることがあっても、手紙という形式をとることは重要な手順といえます。たとえば、打ち合わせのお願いの手紙を書く場合、実際に打ち合わせに伺う際には、事前に電話連絡を入れることにはなるかと思われますが、

 

そういったケースでも、前もって手紙という手順を踏まえたことにより、相手に誠実な印象を与えることにもつながります。取引先と良好な関係を構築したいと思う場合には、メールや電話などという、簡単な手段に頼り過ぎないことも必要です。しかし、このような依頼文のビジネス手紙を書く場合には、それなりの形式があるので、それにのっとって書き進めていくことが大切です。

 

まず、頭語と時候の挨拶から始めるようにします。そして、それに続いて、 さてという接続詞を使い、このたび弊社では、とつなげていくのです。場合によっては、つきましては、という接続詞を使うことも良いかもしれません。要件を記述したら、末文には、まずは、などという接続詞から始め、取り急ぎお願いまで、と結ぶのが良いでしょう。その他にも要件に合わせた文章になるように心がけましょう。

 


催促の手紙を書く場合

pixta_tegami_01

催促の手紙というものは、ビジネス手紙において、なるべくなら出さないでおきたいと思われる類の手紙であるかもしれません。料金を支払ってもらえない場合などには、どうしても催促をしなくてはならないのですが、それがきっかけで何かトラブルが起こる可能性もありますし、できることなら穏便に済ませたいものです。

 

ですから、催促の手紙の書き方としては、なるべく事実を客観的に記述することが大切になります。そのためにも、まず、事実関係を明確にしておくことが非常に重要になってきます。実際に納品した事実や、請求書の日付など、そして、支払期限日を請求書に明記していたにも関わらす、その期限日を過ぎても、支払いが行われていないという事実をできるだけ簡潔に記載し、支払いを催促するようにします。

 

その場合には、念のための、振込先や振込金額についても、箇条書きなどにして、分かりやすく書いておくことが大切なポイントともいえます。手紙のタイトルは、分かりやすく、商品代金のお支払について、などと簡潔にしましょう。そして、催促の手紙ではあっても、拝啓から始め、時候のあいさつを忘れずに書くようにしましょう。

 

そして、さて、などの接続語を使って、本題について書いていくようにしますが、その場合にも、いつもお世話になっていることへの感謝を文面で表すことも忘れずにいなくてはなりません。もしかすると、支払いが遅れてしまった場合には、何か特別な理由があったのかもしれませんから慎重に対応したいものです。

 


間違えやすいポイントなど

pixta_tegami_01

ビジネス手紙の書き方は、通常の手紙と異なる点も多く、うっかり間違ってしまったり、知らないでいる場合には、知らず知らずのうちに恥をかくことにもなりかねません。思い違いをしているようなケースも多く見られますので、普段から気を付けるようにしたいものです。例えば、宛名を書く場合、連名になっているような時には、

 

その人たちの名前の下にまとめて様という文字を付けるのではなく、一人一人の名前の下に、それぞれ様の文字を書くようにするのがマナーです。また、宛名を書く場合、御中などに引き続き、役職や個人名を書いて、殿をつけるのでは、敬称を重ねてしまうことになります。また、複数送り先に同一の内容の手紙を送る場合に各位とつかわれますが、これに、くれぐれも様や殿をつけないように注意しましょう。

 

また、手紙の始まりと終わりにも気を付ける必要があります。ビジネス手紙には、頭語と結語は必須といえます。これらは、基本的にはセットで用いるものです。ごく一般的なビジネス文書の場合には、拝啓で始まり、敬具で終わるのが基本といえます。より儀礼性が高い手紙の場合には、謹啓で始め、敬白で結ぶようにします。

 

また、あいさつ文を省略するときには、前略ではじめ、早々で結ぶ場合もありますが、手紙を送る相手が目上の場合や正式な文書では使うべきではないといえますので注意が必要です。また、急用の場合には、急啓と敬白を用いたりします。ただし、お悔みの手紙の場合には、文頭には何もつけず、結びに合掌もしくは敬具を用いるので気をつけましょう。

 

手紙の書き方など色々な書き方は下記の記事も参考になります♪
タイトル:会議欠席するときの手紙の書き方

ご祝儀袋の3万円の書き方

結婚祝いや出産祝い、入学祝など、おめでたいことへのお祝いをするときに、お祝いとして現金を渡す場合はご祝儀袋に入れてから渡します。結婚祝いなら新生活で役に立つようなものや、結...

特別微収のしおりの書き方

サラリーマンであれば特別微収という言葉を聞いたことがある人は少なくないでしょう。この特別微収というのは住民税に関する特別な対応のことを言います。一般に住民税というものは収入...

看護のケースレポートの書き方

ケースレポート作成は事実をありのままに伝えることを主眼としています。担当した患者さんの事例をまとめることで、自分の行った看護を振り返り学びにすることができるものです。 ...

履歴書資格の書き方

  1.免許、資格欄の書き方の基本 2.記入欄に書いても困らないものについて 3.特殊な資格や免許などを書く場合 4.取得予定の資格につい...

手紙の書き方(例文)

手紙は友達や家族に向けて書くのであれば、それほどマナーを気にする必要はありませんが、もしも渡す相手が目上だった場合には、しっかりとマナーを守る必要があります。ここでは縦書き...

49日法要・お布施の書き方

法要は、仏式や神式・キリスト教式などによって形式がことなります。仏式の場合は、命日に行う行事の事です。49日法要・年忌法要などがあります。神式の場合は、仏式の法要に当たる供...

職務経歴書の書き方とポイント

  1.職務経歴書を書く上で抑えておきたいポイントは 2.このように時系列に関係なく 3.まずはヘッダー部分に 4.そしてここから職歴になりますが ...

「拝見しました」の意味と例文と書き方

文章の中で良く用いられる言葉で「拝見しました」という言い回しがあります。この言葉は、相手の文書や図面、書簡、書類などを自分が「見せて頂きました。」あるいは「読ませて頂きました。」と...

起承転結の書き方

小説や漫画などの物語を作るときには、まず登場するキャラクターを作る必要があります。キャラクターを作ったならこのキャラクターの大まかな設定をくわえるのです。  ...

ひとがた雛形型の書き方

ひとがたは人の形ひ似せて和紙などを細工切りしたものや、人の姿を印刷したものなどを云います。日本の神道儀式の一つですが、その中でも陰陽道で用いられます。   ...

スポンサーリンク