トロフィーの帯の書き方

pixta_tegami_01

スポーツ少年団や地域のスポーツチームなどでトロフィーを用意しなければならない場合があります。そのような場合には帯にチームメンバー全員の名前だけではなく、監督、コーチなどの名前も記載することが増えてきています。

 

  1. 1.団体競技でのトロフィーの帯の書き方
  2. 2.個人競技でのトロフィーの帯の書き方
  3. 3.トロフィーの帯は手書きか印刷か?
  4. 4.トロフィーの帯の調整方法

 


団体競技でのトロフィーの帯の書き方

pixta_tegami_02

スポーツ少年団や地域のスポーツチームなどでトロフィーを用意しなければならない場合があります。そのような場合には帯にチームメンバー全員の名前だけではなく、監督、コーチなどの名前も記載することが増えてきています。基本的に書き方としては第一回優勝〇〇〇〇平成〇〇年◯月◯日というような基本的な情報と、

 

後は名前を入れていくことになるのですが、人数が多くなっていますのでレイアウトなどに注意しなければなりません。とくに決まりはないのですが、場合によっては「優勝」の字を赤などの色で目立たせたり、字体を変えたり、字を大きくすることもできます。名前の書き方ですが、

 

マジックペンなどで書くと滲んでしまい後で名前が読めなくなってしまう場合もあるので注意しましょう。とくに団体競技の場合には参加人数が多くなってしまい、名前字体もかなり小さくする必要がありますのでできれば印刷や刺繍などが好ましいといえるでしょう。刺繍加工の場合には立体感がでるのでかなり高級な仕上がりになりますし、後で字が薄くなってしまったりすることもありません。

 

しかし字が小さい場合には刺繍という特性上、刺繍ができないというケースもありますので依頼業者によく相談しておきましょう。印刷はより手軽で費用も安いというメリットがありますので、あまり費用がかけられない場合や参加人数が多すぎるような場合には印刷も良い方法になります。トロフィーに使う帯のサイズについても様々なサイズがありますのでよく吟味するようにしましょう。

 


個人競技でのトロフィーの帯の書き方

pixta_tegami_03

ゴルフなどの個人競技でのトロフィーの帯の書き方としては、第一回優勝「名前」〇〇〇カントリークラブ、スコアOUT IN 、平成〇〇年◯月◯日というように書くのがひとつの方法です。これはゴルフコンペに関する基本的な情報をすべて帯に記載するという方法になりますが、もっとシンプルにするというのもひとつの方法になります。

 

とくに定期的に開催されているコンペ大会であれば、わざわざ大会の名前を帯に書く必要はありませんので、基本情報として「第◯回 優勝 氏名」だけ記載することも良い方法です。基本的に帯に様々な情報を書くとゴチャゴチャした印象になりますので、スッキリと基本情報だけを書くというケースが多いようです。

 

帯の素材にもよりますが、マジックペンなどで名前を書いてしまうと、字が滲んでしまったり場合によっては字が薄くなってしまう場合もあります。定期的に開催されている大会の場合にはトロフィーや帯も何年にわたって使うことになりますので、印刷したり刺繍をすると良いかもしれません。

 

ペナントリボンの刺繍加工は費用や時間がどうしてもかかってしまいますが、印刷に比べるとかなり高級な仕上がりになりますので、大会の規模などによってはオススメの方法になります。最近ではインターネット注文ができる業者も増えてきていますので、いくつか吟味してみることができるでしょう。トロフィーの帯の素材や大きさや太さについても様々な種類がありますので、トロフィーの大きさなども考えて選ぶ必要があります。

 


トロフィーの帯は手書きか印刷か?

pixta_tegami_01

トロフィーの帯の字を手書きにするか、印刷にするか迷うケースというのは少なくありません。手書きというと滲んでしまったり、字が後で薄くなってしまうというデメリットに注意してしまいがちですが、費用がかからないことや手軽であるというメリットもあります。例えば優勝が決まった時点で字を入れれば、そのまま持ち帰ってもらうことができます。

 

印刷に関しては、印刷のなかでも様々な方法があり、それぞれにメリットやデメリットがあります。例えばカッティングシートを使うという方法がありますが、この場合には納品スピードが早いというメリットがありますが、剥がれやすいというデメリットもあります。フルカラー印刷加工の場合には色とりどり加工ができるというメリットがあるものの、
 

完成やデザインに時間がかかってしまうというデメリットもあります。このようにそれぞれ特徴がありますので、トロフィーが必要となる状況に応じて上手に選んでいく必要があるといえるでしょう。手書きか印刷かのほかに、刺繍という選択肢もあります。一般的に規模が大きかったり、

 

公的なイベントの場合には刺繍された帯を使うケースが多いともいわれていますが、刺繍の場合には仕上がりの高級感が最大のメリットになります。しかし費用がかかってしまうほか、小さい字の場合には刺繍ができないというケースもありますので、団体競技などでのトロフィーには向いていないといえるかもしれません。いずれにせよ専門業者とよく相談しておくことが重要です。

 


トロフィーの帯の調整方法

pixta_tegami_01

トロフィーに必要な名前や文字を書き終わったものの、余白が大きく余ってしまったという場合があります。そのような場合には無駄な余白部分を調整すると、トロフィー全体を美しく仕上げることができるようになります。調整方法は簡単に言うと「余った部分をカットする」ことになるのですが、

 

ただやみくもにハサミでカットしようとすると失敗しやすいので注意しましょう。カットする手順としては、まずペナントリボンを縦半分に折り、斜めにハサミを入れていくようにします。45度を目安にしてカットするようにすると美しく仕上げることができます。最近では百円均一などでも手芸用ハサミというものが売られていますので、

 

それらのハサミで仕上げるというのもひとつの方法になります。トロフィーの帯というのはあらかじめサイズが決まっているものですが、そこに書く名前や文字の大きさなどをあらかじめ業者に相談しておくことによって無駄な余白をできるだけ少なくすることができるでしょう。最近ではインターネットなどで注文ができる業者も増えてきています。

 

その場合にはインターネットメールなどのやりとりになりますので、とくにこだわった仕上がりを望んでいるような場合には時間がかかってしまうかもしれません。トロフィーの帯の字といっても印刷にするか、手書きにするか、刺繍にするかでだいぶ費用や手順などが変わってきます。トロフィーが必要な状況などもそうですが、主催者や幹事などとも相談して作成依頼をするようにしましょう。

 

論文の書き方について

今年は、スタップ細胞が本当に存在するのかどうかという問題で大騒ぎになった年でしたが、ここに来て、どうやらスタップ細胞というものは存在しないという一応の結論が出されるに至ったようです...

試験結果報告書書き方

  1.消化器試験結果報告書の書き方 2.非常警報設備試験結果報告書の書き方 3.誘導灯及び誘導標識試験結果報告書の書き方 4.配線の試験...

履歴書と送付状の書き方

  1.履歴書、応募書類は就職の最初の関門 2.履歴書作成時の注意事項 3.退職理由の書き方について 4.書類選考に通過するための工夫 ...

給与支払報告書、総括表の書き方

給与支払報告書には総括表と個人明細書があります。この書類の送付先は給与等受給者が、受給年の翌年1月1日現在(受給年中に退職した方は、退職日現在)、居住する市区町村長宛です。...

源泉徴収簿の書き方源泉徴収簿の書き方

源泉徴収簿とは源泉徴収票を作成するために必要となるリストのようなものです。会社など給料を支払う源泉徴収の義務者は、毎月支払う給料に対する所得税の源泉徴収、年末調整などといっ...

ISOの監査後の不適合の書き方

最近は、国際社会となり、物流についても他の国からどんどん商品が入荷するようになってきております。国際上の取り引きをする上では、相手がどのような会社であるか、不安を持たれることもあり...

のし袋の書き方

のしとは、本来「のしあわび」といい、祝儀袋の右上についているものを指します。昔からあわびは重要な食べ物で、お供え物として用いられていたことから、伸ばしたあわびを和紙で包んだ...

建設業事業計画書の書き方

  1.建設業事業計画書の書き始め 2.建設業事業計画書の内容について 3.取引先と取引先条件の書き方 4.必要な資金や見通しの書き方 ...

意外と難しい会社での連絡メモの書き方

会社で事務をしていると、いろいろな方からいろいろな同僚宛に電話がかかってくるので取り次ぐことが多いと思います。その場に同僚が居れば問題はないのですが、なかなかタイミングよく在席して...

年賀メール(職場の上司宛)の例文とマナーと書き方

  年が明け、新たな一年のスタートを気持ちよく切るにあたり、新年の挨拶は社会人としてのマナーに沿った、しっかりしたものにしたいものです。新年の挨拶と言えばハガキの形...

スポンサーリンク