退職願いの書き方のテンプレート

pixta_tegami_01

退職する際に提出する書類として、退職届け・退職願い・辞表(辞職願い)があります。実物を見たことはなくても、ドラマなどでこれらを提出するシーンを見たことはある、という方は多いのではないでしょうか。

 

  1. 1.退職願いと退職届けの違い
  2. 2.退職願いを提出するまで
  3. 3.退職願いの書き方・前半
  4. 4.退職願いの書き方・後半

 


退職願いと退職届けの違い

pixta_tegami_02

退職する際に提出する書類として、退職届け・退職願い・辞表(辞職願い)があります。実物を見たことはなくても、ドラマなどでこれらを提出するシーンを見たことはある、という方は多いのではないでしょうか。実はこれらの書類は、それぞれ提出する場面が区別されています。

 

基本的に、退職届けは会社都合による退職の場合、退職願いは自己都合による退職の場合、辞表は公務員や、会社運営に関わる役職に就いている人が退職する場合にそれぞれ使用されます。辞表は何らかの役職に就いている人がその役職を辞める場合に提出するものであり、他の2つとは区別されます。

 

退職届けと退職願いは混同されがちですし、中にはあまり区別していない会社もありますが、実は会社都合か自己都合かというだけではなく、他にも重要な違いがあります。まず退職願いとは「会社に退職のお伺いをたてる」という意味合いがありますので、あくまでも退職したいという申し出の意味になり、提出後に撤回することは可能です。

 

一方で退職届けとは「会社を辞めるという最終的な強い意思表示」を会社に対して明確に伝える為の文書であると解釈されていますので、提出後に取り下げることが出来ず、会社に受理された時点で退職が決定し、撤回できなくなる場合があります。この違いを知らなければ、もし退職を撤回したいと考えた場合、退職届けを提出してしまった為に撤回出来なくなってしまったというように、大きなトラブルに遭遇してしまうということも考えられます。

 


退職願いを提出するまで

pixta_tegami_03

何もトラブルなく、円満に退職する為にも、まずは就業規則で定められている退職に関する規定をきちんと事前に確認しておく必要があります。民法第627条第1項の規定によると、退職の申し出は最低でも2週間前に会社側に提出するように定められていますが、会社の就業規則によって申し出の期限が定められている場合などもありますので、

 

その場合は会社の規定に準ずるのが無難です。実際、業務の引き継ぎ等の為に十分な期間が必要ということもあり、1か月前までの申し出を求めている会社が多くなっていますし、長い会社では3か月前までと定められているところもあります。もちろん必ず就業規則に従う必要はなく、あくまでもなるべく円満に退職するためにということです。

 

就業規則を確認したら、その後は出来るだけ早く、まずは直属の上司に相談します。いきなり退職願いを提出するのではなく、退職したい旨を事前に伝え、自分の希望や会社の業務の状況を見ながら相談の上、本当に退職するのかどうか、退職するのであれば退職の時期はいつにするのか等を決定します。退職の相談は気が重く、

 

なかなか言い出しにくいかもしれませんが、事前にきちんと相談をしておく方がスムーズに退職できる場合が多く、退職後も職場の人たちとの良い関係が続きやすいです。退職願いを提出する際は、パソコンで作成するのではなくきちんと自筆で書きあげ、直属の上司に手渡しします。不在だからといって同僚に渡してもらうよう頼んだり、机の上に置いておくということは決してしてはいけません。

 


退職願いの書き方・前半

pixta_tegami_01

退職願いを書く際には、まずは会社側で決められているテンプレートがあるかどうか確認し、もし指定のものがある場合はそのテンプレートを利用して作成することになりますが、今回は特にそういった指定のない場合についての書き方を紹介します。上記でも触れましたが、退職願いはパソコンで作成したものをプリントアウトして使用するのではなく、
 

必ず自筆で書きあげたものを提出します。白地のB5用紙に、黒の万年筆やボールペン、あるいはサインペンを使用し、楷書で丁寧に書きます。最近では本文を横書きにする場合もありますが、まだまだ縦書きの方が一般的ですので、ここでは縦書きの場合を例に挙げて解説します。

 

まずは一行目に「退職願」と表題を記入し、一行空けた次の行の一番下に「私儀」あるいは「私事」と書きます。この「儀」という漢字には、「~のこと」という意味があり、いずれも「私個人の事で恐縮ですが」といった意味合いが含まれています。このような自分を表す主語が文頭に来る場合には、特に退職願いなどでは一番下に書くことで謙遜の意味を込めています。

 

次の行から続けて退職したい旨を表す文章を、具体的には「この度一身上の都合により、(退職日)をもって、退職させていただきたく、ここにお願い申し上げます」という具合に記入します。退職の理由がいかなるものであっても詳しく書く必要はなく、「一身上の都合」あるいは「家事の都合」といった、よく使われている言葉にしておくのが適当です。
 


退職願いの書き方・後半

pixta_tegami_01

次に退職願いを実際に提出する日の日付と、自分の所属していた部署や課の名称、そして自分の氏名を記入します。氏名の後には、必ず忘れないように捺印します。ここで使用する印鑑は認印でも三文判でも構いません。その後に会社の正式な名称と社長の氏名を書き、社長名の敬称として「様」ではなく「殿」を付けます。

 

ここで注意したいのが、自分の氏名は書き出しを少し下げて、社長の氏名よりも下になるようにするのがマナーということです。本文の文章は検索すれば何種類かテンプレートが見付かりますが、どの文章も大きな差はありません。これで本文は終わりですが、最後にもう一度、誤字・脱字や氏名、日付の間違い、捺印忘れ等がないように確認します。

 

封筒は白無地の二重封筒を使います。中身が透けないように、内側に紫の紙などで二重になっているものが適しています。茶封筒は白封筒よりも安く、退職願いを入れるのはマナー違反とされています。また、直接手渡しするものですので、郵便番号を記入する枠もないものを使用します。長形の封筒に三つ折りで封入するのが一般的です。

 

退職願いは人前で堂々と渡すようなものではないので、さっと懐にしまえるようなスリムなサイズのものを使用するのが適切です。表には「退職願」と、裏には自分の所属部署と氏名を左下に記入します。のり付けをして封をする必要はありませんが、もともとのり付きの封筒を使用する場合は封をしておきます。封をする場合は必ず「〆」マークを書き、封をしない場合でも必ずフラップは折り曲げておきます。以上で退職願いは完成です。

 

花嫁の手紙(母親へ)の例文と書き方

結婚式などで花嫁の手紙を聞くことがあります。ご両親への感謝の気持ちと思い出、これから先、結婚してからの抱負などで締めくくられていることが多いですが、その家族ごとにいろいろな思い出が...

お詫び・謝罪の言葉の例文と書き方

私たち人間は、どんな偉人であっても完璧な人などいないもので、どれだけ慎重に考え行動していても、時には間違いも犯し、失敗し、他人に迷惑をかけることもあるでしょう。  ...

結婚式電報(職場の上司)の例文と書き方

結婚式で職場の上司から送られる電報は、新生活を始める2人にとって一生の記念となる大切な存在です。披露宴で紹介される電報の中には、新郎新婦それぞれのお世話になっている方々から心のこも...

中国 ビザの申請書の書き方

  1.ビザ申請書について 2.本人情報に関しての書き方 3.訪中情報に関しての書き方 4.家賃、仕事あるいは学習に関しての書き方 5...

手紙の書き方~季節の挨拶~

改まったものから、気軽なものまで送る相手や内容によってそのスタイルは違います。内容を構成する基本のルールをしっかり押さえておくことで、失礼なのない手紙が書けます。正しい手紙...

賞状の書き方~縦書き~

  1.賞状の書き方・レイアウト 2.それぞれの書き方の詳細 3.賞状の例文 4.賞状を書く人   賞状の書き方...

様々な場合のお礼の書き方

お歳暮を貰った時に相手を気遣い感謝の気持ちを伝えるため、手紙を添える場合があります。お歳暮とは一年の終わりに、その年の無事をお祝い、お世話になったことを感謝して贈り物を贈ることを言...

「ご高覧」の意味と例文と書き方

ビジネス文書や普段あまり会うことのない目上の人に手紙を送るときなど、言葉遣いで迷う人は少なくありません。普段使い慣れていない単語はきちんと意味を理解して、文章の中でどのような使い方...

縦書き封筒の書き方

手紙の宛名、差出人名は相手が初めて目にする場所です。楷書で丁寧に、読みやすい字で書いて、良い第一印象を与えましょう。封筒には縦書きと横書きがありますが、相手が目上の方や改ま...

3月の挨拶(書き出し・文頭)の例文と時候の挨拶と書き方

手紙やメールを出す際には、時候に応じた挨拶を適切にいれることで、ずいぶんと印象が良くなるだけではなく顔の見えない相手への気遣いが伝わるようになります。今回は、まず、3月の挨拶で用い...

スポンサーリンク