2月の挨拶(結び・文末)の例文と結びの挨拶と書き方

2月は暦の上では立春を迎えます。

立春とは二十四節気の1つで新暦では2月上旬にあたりこの日から春とされます。旧暦では年末か正月の初旬にあたり約1か月ほどの季節感のずれがあります。いくら暦の上で春でも、実際には1年の中で最も寒さが厳しく雪も多い季節です。寒い中にも少しずつ訪れる春の明るさに焦点をあてた文章にすることが大切です。

 

新年の慌ただしさや寒さから解放されつつある喜びを表すようにしましょう。また春は自然の中でも新しく成長する季節です。2月の挨拶のあとに相手の新しい門出や活躍を喜び、成功を祈る言葉をつなげるとよいです。

 

結びは寒さに対する気遣いや、相手の健康を祈る言葉でしめるとよいでしょう。結びの挨拶とは、主文の後に続き手紙を締めくくるための言葉です。送る相手や手紙の内容にあわせ使い分け、簡潔に書き上げることが大切です。手紙では主文がどうしても重要視されますが、文頭や文末の挨拶も大切で全体の印象が変わってきます。

 

2月の季語は少ないほうですが

冬の名残があるものの春をイメージさせる言葉になっています。立春、寒明、春浅し、雪解け、雪崩、残雪、雪間、氷解、薄氷、春寒、余寒、張り時雨、梅、紅梅、うぐいす、春菊、水菜、バレンタイン、など。

 

2月の挨拶(結び・文末)の例文

底冷えのする日々が続いていますので、風邪などひかれませんようにご自愛ください。春寒は身にしみますので、どうぞご自愛ください。2月は日数の短い月で慌ただしさがありますので、お体にお気をつけください。

 

この寒気はまだまだゆるみそうもありませんので、ご自愛のほどお祈りいたします。暖かくなってくると、かえって体調を崩しやすいといいますので、くれぐれもご自愛ください。

 

まだまだ寒さが厳しいですが、くれぐれもご自愛ください。一陽来復のよいお便りをお待ちしております。春の足音が高まっている中、ますますのご活躍をお祈りしています。そちらは大雪とのこと、くれぐれもご自愛ください。立春とは名ばかりの寒さですので何卒ご自愛ください。

 

今度はバレンタインの話で盛り上がりたいですね。幸多き門出を迎えられますよう、お祈りしています。年度末を迎えてお忙しくなりますが、くれぐれもご自愛ください。春まだ遠く寒さ厳しき折、お体には十分お気をつけください。余寒厳しき折、何卒ご自愛ください。

 

今が1年で最も寒い時期ですので、どうぞご自愛ください。三寒四温の季節、くれぐれもお体に気をつけてください。春の足音がすぐそこまで聞こえているようです。楽しみですね。

 

明るい春を待ちながら、お健やかに日々をお過ごしください。2月の挨拶特有の例文は以上ですが2月に限らず使える例文を紹介します。皆様のご多幸をお祈り申し上げます。

 

皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。気候不順の折から、お体にいちだんとご留意ください。皆様のご幸福を心よりお祈りいたします。ご健康にご留意の上、さらなるご活躍をお祈りいたしております。誠実なご努力が認められる日を心待ちにしております。

 

ご才能が1日も早く世に現れることを願っております。今までのご努力がさらに大きな成果となりますことを、お祈り申し上げます。周囲からの信頼を武器として、なおいっそうのご活躍をなさいますようお祈りしております。

 

今後ともよろしくご指導ご鞭撻のほど、お願い申し上げます。引き続きご指導ご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。今後とも何卒お力添えをいただきたく、お願い仕上げます。

 

お忙しいところ誠に恐縮ながら、何卒よろしくお願いします。勝手なお願いとは存じますが、よろしくお願い申しあげます。ご多用のところ誠に恐縮ですが、ご返事を賜りたくお願い申し上げます。吉報を首を長くしてお待ちしております。乱筆乱文を心よりお詫び申し上げます。取り急ぎの走り書きとなりました。どうかご容赦ください。

 

一般的な文末のポイント。

相手が転機に立っていたり新しい仕事などを始める時には、相手の利点に言及する言葉を添えると気持ちが通じます。丁寧語の「ご」は「御」とも書くが、前後の文字を考慮して使い分けます。

 

相手が忙しいこともかかわらず手数をかけること、勝手なお願いであることなど謙虚に述べます。返事を頼んでも失礼にならない場合でも、恐縮ですが、お手数ですが、ご多忙のところ、などの事が必要です。

 

あまりへりくだりすぎりと、かえって見苦しくなるので注意します。その時の時候にあわせた体調の変化を気遣う言葉を添えるとよい。2月の挨拶の文末の例文と、一般的な挨拶の文末をみてきました。一般的な挨拶の文末にも、季節を連想させる言葉がはいっていると、やわらかくなります。

 

日本の豊かな季節感を表す言葉を手紙などに使うことで、受け取った相手も心が和む事でしょう。ともすれば忘れがちな季節感を文章にすることで手紙の挨拶はもとより、日々の暮らしも豊かになると思います。

【12月】手紙の書き方

季節によってその手紙の書き方にはいろいろなものがあります。12月に書く手紙の場合は、師走の挨拶なども含めた文章が多いといいます。目上の人や同僚などによってその書き方は違って...

扶養届書の書き方

  1.扶養届書とは 2.扶養届書の書き方 3.扶養する理由の書き方 4.退職しているかの書き方 5.就職している場合の書き方や他の注...

ケアマネ就活作文の書き方

介護支援専門員いわゆるケアマネジャーは、介護や医療での実務経験がなければ受験資格が与えられない重要な資格です。介護保険制度の中で非常に重い職責を担う資格のため、専門性も高く...

対策書の書き方

対策書は客観的に書くことによってトラブルを再び起こさないようにする書類です。書き方としてはトラブルが起こった原因を追及して、結果を考察して対策書に対策項目を記入していきます...

綺麗な字の書き方のコツ

携帯電話やパソコンが普及したことによって、手紙などを書く機会が減ったという人も多いのではないでしょうか。書く機会が減ってしまうと、必然的にバランスの良い字を書くことが出来なくなる可...

入学辞退届の書き方

子供が第1志望校に合格したならば親としてはとても嬉しいものです。しかしながらそれと同時に滑りどめを受けていたのであれば、その入学を辞退しなければなりません。それをどのように...

訃報の書き方:密葬

訃報を書く前に前に、密葬とはどういう葬儀形式なのかを、確認しておきましょう。一般的に家族葬と取り違えられやすいのですが、密葬とは、遠隔地での不慮の事故の場合など、やむなく密...

履歴書と送付状の書き方

  1.履歴書、応募書類は就職の最初の関門 2.履歴書作成時の注意事項 3.退職理由の書き方について 4.書類選考に通過するための工夫 ...

強制認知:認知届の書き方

  1.認知とは 2.父親が認知しないとき 3.シングルマザーになる前にしっておくこと   認知とは ...

結婚式電報(職場の上司)の例文と書き方

結婚式で職場の上司から送られる電報は、新生活を始める2人にとって一生の記念となる大切な存在です。披露宴で紹介される電報の中には、新郎新婦それぞれのお世話になっている方々から心のこも...

スポンサーリンク