16分割メモの書き方

pixta_tegami_01

仕事をしているときや勉強中、また違う場面でも、メモをする場面はたくさんあります。でもメモって後でどこに書いたかわからなくなってしまったり、雑然としてまとまっていなかったり、書いた紙自体がどこかにいってしまったり、意外と悩みが多かったりします。今回は、そんな悩みを解決する16分割メモというものをご紹介します。

 

  1. 1.16分割メモの使い方
  2. 2.まとめに使える16分割メモ
  3. 3.アイデア帳としての16分割メモ

 


16分割メモの使い方

pixta_tegami_02

まず、メモの書き方を学ぶなんて機会はそうありませんし、学んだことがないという人が大半だと思います。でも、その書き方一つで色々なことが変わるんです。どう変わるのかは後に置いておいて、ここでは16分割メモの書き方をご説明します。まずは紙を用意します。ノートやメモ帳、なんでもいいです。

 

そこに縦に3本、横に3本線を引いて、16個のマスに分けます。一番左上のマスに日付とテーマを書きましょう。残りの15マスは自由にテーマにそったもので埋めていきます。
16分割メモの基本的な使い方はたったこれだけです。

 

テーマごとに分けられるので、紙が散らばってしまう心配はなく、検索機能までついてきます。また、16個のマスに分けることで、頭の中が整理されやすくなります。色とりどりにしたり、図や絵をいれたり、使い方は自由で無限大です。

 


まとめに使える16分割メモ

pixta_tegami_03

このメモの仕方は講義を聞くときや、勉強のとき、また仕事の際にも、まとめることに適しています。まずこのメモはテーマごとに分けられています。それってそんなに便利なことだろうかと思う人もいるかもしれませんが、これって意外と大事なことなんです。

 

ただノートやメモ帳に書いていたら一つのページに色々なことが書いてあって、どこに何が書いてあるのかすぐ探すことが難しいです。さっき書いたこれを見たい、あそこにメモをつけたしたい、と思っても、すぐに見つけることができずに結局また違うページに付け足して、後で見た時にとてもわかりにくいノートになってしまうかもしれません。

 

テーマごとに分かれていることで、どこに書いてあるのか、またどこに書けばいいのかが明確になります。パッと付け足したいとき、見たいとき、すぐに場所がわかるのは大きなメリットでしょう。また、16分割になっていることで、自然と脳はまとめて書こうと努めます。ただ単にノートに書こうとすると、すべてを書こうとしてしまうものです。

 

あらかじめ枠が決まっていることで、その枠内に収めようという意識が働いて、本当に必要なことだけを書くようになります。それが一文だったり、ポイントだったり、絵だったり、使い方は人それぞれですが、そのまとまったもの一つ見るだけで、不思議なことにそれを書いたときのことが思い浮びます。自然と考えながら書くので、それが頭に残るんです。

 

16個のマスを自由に使える、というのも案外便利なことです。どんなノートも書き方は自由ですが、上から下に書いていくのが普通です。しかし、16マスに分けられていれば、そのどこからマスを埋めてもいいのです。型にとらわれる必要がありません。何かを頭の中でまとめるとき、思考はあっちにいったりこっちにいったりします。

 

それに合わせて好きな場所にメモを取ることで、頭の中を整理しながら書くことができます。理解力が高まるのです。まとめに適しているということは、ここまで述べたことでわかると思います。また、まとまっていることで自分が理解できるだけでなく、誰かに説明するときもわかりやすいものになっています。

 


アイデア帳としての16分割メモ

pixta_tegami_01

頭の中でまとめ、理解するのに役立つことをご紹介しましたが、アイデア帳としても優れているのがこの16分割メモの特徴です。実際に想像してみてください。ただ箇条書きに何かが書いてある紙と、16分割に分けられている紙。ふたつの紙を見て、どのような印象をうけるでしょうか。

 

比べてみるとわかりやすいですが、箇条書きにされている方は少し堅苦しく感じると思います。16分割に分けられている方は、単なる文章ではなく、ボックスに分けられた図を見ているようで、ただの箇条書きと比べて少しリラックスして見ることができると思います。アイデアを生み出すうえで、このリラックスはとても大事なことです。

 

実際に書いてみると、箇条書きより16マスに分けられていた方がスラスラ物が書けます。単なる文ではなく、マスに分けられていることで遊び感覚で埋めることができるようになるからです。リラックスした状態で、アイデアが自然に生まれてくるのです。また、達成感を感じながらコツコツ埋めることができるというのもメリットのひとつです。

 

例えば30個のアイデアを出さなくてはいけないという課題を出されたとします。30個って多いと思いませんか?一気に30個アイデアを出さなくてはいけないと思うと少し荷が重いです。しかし、この16分割メモを使うと、一番左上のマスはテーマを書くので、1ページで15個。ページ数で言えば2ページということになります。

 

1ページ埋めるのに、一つずつマスを埋めると、自然とこう考えます。一列が埋まった。じゃあ次の一列。そして次の一列。どういうことかわかるでしょうか。目標を分割できるということです。一列埋めるごとに達成感が生まれ、また次の一列を埋めようという気になります。そうしてコツコツ埋めれば30個になっているのです。

 

30個考えるのは大変だと思っても、それを少量ずつに分ければそこまで大変だと思わなくなります。どんなことでも。一気にやると大きな労力がかかります。そのため、小さな目標を設定して、コツコツ達成していくのは大切なことなのです。16分割メモはこうしたやり方に適しています。また、人の脳はわからないことを嫌う性質があります。

 

まず紙を16分割して、それをアイデアで埋めよう、と考えたとします。そのうえで、16個のマスの中に空白があると、脳はそれを埋めようと動きます。空白があることを嫌うのです。そのため、自分がそれについて考えていないときでも、脳は無意識にその空白を埋めようと考えるようになります。そうして思わぬ時にアイデアがポンと浮かんでくるようになります。いかがでしょうか。16分割メモはアイデアを生み出すのにもとても適したメモの仕方なのです。

 

色々な書き方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:家電リサイクル券の書き方
タイトル:備忘録の書き方について
タイトル:SOAPの書き方:栄養士

離職票の書き方

退職した際に会社から送られてくる離職票。その内容は失業保険を受け取る時に非常に重要になってきます。きちんと確認すればよかった、と後悔しないよう正しい離職票の書き方を知ってお...

POPの書き方のコツ

絶対いい商品のはずなのに、どうして売れないのだろう。と悩んでいませんか?もしかしてその商品の良さが消費者に伝わりきっていないのかもしれません。そんな時にとても有効的な販売促...

読みやすい文の書き方

読みやすい分の書き方を知る事によって様々なメリットがあります。特に文章を発表する機会がないという人でも、文字で伝えると言う技術を知っていることで話をする時にも話の組み立てが上手くな...

「貴殿・貴台・貴公」の違いと使い分け方と書き方

ビジネス文書にしても個人あての手紙にしても、文書内で自分のことや相手のことを意味する単語を使用しなければならないことは多々あります。   定型文や常用的に使わ...

大学のレポートの書き方

大学生が必ず数回、または数十回書かなければならないのが大学提出用のレポートであると言えます。自身が受けた授業に関するレポートを書かなければいけない場合もあれば、テーマそのも...

カード忘れの際の始末書の書き方

  1.始末書の必要性 2.カード忘れの始末書を書く前に 3.カード忘れの始末書の書き方 4.始末書を拒否することは出来るのか? &...

生命保険料控除の書き方

  1.所得税と生命保険料控除 2.給与所得者の生命保険料控除申請書 3.生命保険料控除の対象となる保険契約 4.生命保険料控除申請書の書...

協力依頼文の書き方:例文

実習レポートと一口に言っても、そのジャンルは幅広くあり、ジャンルごとに書き方の例も変わってくる場合が多いというのが実態ではないでしょうか。   ...

役員報酬内訳書の書き方:家族とは

損益計算書の販売費及び一般管理費という費目の中に、役員報酬という勘定科目があります。この役員報酬とは、会社が法人である場合に、雇用主がもらうことができるお金、いわゆる社長や...

筆を使った文字の書き方と書道の楽しみ方

日常生活において、文字などを書く場は徐々に減ってきていると言われています。その理由としては、パソコンやスマートフォンの普及が挙げられます。現在、1人に1台以上パソコンやスマートフォ...

スポンサーリンク