機械図面の書き方

pixta_tegami_01

 

  1. 1.機械図面を書く前に
  2. 2.機械図面の枠の選び方や書き方
  3. 3.図面の投影法について

 


機械図面を書く前に

pixta_tegami_02

図面の作成という観点から、3つのステップが必要になります。1つは図面が読めること、2つ目は図面が書けるようになることです。さらに3つめは設計が出来るようになることが、重要になります。実際に図面を書く仕事ではきちんと図面が読めることが必要になるので、しっかり勉強をする必要があります。

 

読み方を理解することで図面が書けるようになり、設計技術を最低限取得することが出来るのです。設計者として活躍したいのなら、必ず読み書きが出来るようになるべきなのです。また設計図を作るためには基本的なルールがあり、そのルールに基づいて機械図面を作る必要があります。

 

基本に基づいた線を引き、寸法を配置するようにします。このルールさえ分かっているだけでも、初心者でもプロのような機械図面を書くことが出来ます。また図面は仕事の結果なので、 いい加減な書き方をしないようにすることも大切です。色々な人の目に留まるものなので、正確に書くようにします。

 

図面を書く目的や必要性は、情報の伝達です。話しの中で形状を伝えることはとても難しく、実際に細かい部分を正確に伝えることは困難です。手書きの図面だとしても、限界があるものです。自分だけでなく相手にも正確に形状をきちんと理解してもらうためにも、機械図面が必要になるのです。

 

図面を作ることで様々な情報を共有することができ、正確にお互いが理解することが出来るのです。図面には決まったルールがあるのでそれに基づいて作っていくことで、共通認識として理解出来るのです。

 

図面にはもう1つの役割があり、図面を証拠として残すことも可能です。証拠として残すことでお互いが認識し合ったという証拠になり、最終的に決定した情報が残るのです。決定事項をきちんと書面で残すことが出来るので、重要な証拠となるのです。

 


機械図面の枠の選び方や書き方

pixta_tegami_03

図面の作成に使われる枠を図面枠といい、これには規定の用紙サイズがあります。一般家庭でよく使われているサイズのA4やB5もありますが、図面で使うものはそれ以上のサイズもあります。図面で使うサイズには、A4からA0があります。A0の半分のサイズがA1、その半分がA2となります。

 

数字が小さくなればなるほど用紙が大きくなり、自動車業界など大型のものを扱う業界ではA0以上の用紙を使うことがあります。図枠の様式には各社で決められたものがあり、右下には表題欄があります。表題欄には部品名や材料名などを記載し、品名には部品の名称を書きます。品番には図面番号を記載し、個数には作成の数を書きます。

 

投影法は大三角法で記入していることを示して、尺度には図面に対しての対象物の大きさを書きます。材料には使う予定の材質を記載して、作成年月日には図面を作った日付を書きます。承認欄には、設計者や承認者の署名や印鑑を押します。また図面の中央には、中心線が入っています。この中心線が用紙を折りたたむときに、基準となる目安になるのです。

 

図枠のサイズを選ぶときには対象物の大きさで決定します。枠内にきちんと収まるように、出来るだけ小さな図枠を使うようにします。必要に応じて尺度を変えたり、対象物をきちんと表現することが出来るのか考えて選ぶようにします。小さくて分かりにくくなってしまう場合は1つ上のものに変えて、読み間違いや勘違いをしないように選ぶことも大切です。この対象物にはこのサイズと決まっているのなら、確認して選択します。

 


図面の投影法について

pixta_tegami_01

機械の図面は3次元のものを2次元に表現したものなので、立体を平面に投影するようにします。投影とは光を一定の方向から当てたときの影で、影が映し出された面を投影面といいます。図面は投影を使って書くので、しっかり基本を押さえることが大切です。投影の方法には2つあり、ヨーロッパ諸国でよく使われている第一角法と日本やアメリカで使われている第三角法があります。

 

日本の規定では、第三角法を使って作るように決められています。第三角法を使って三面図を作るときには、対象物の最も代表的な面を正面図として書きます。平面図は正面図の真上に配置して、側面は右側面図を正面図の右に配置しておきます。図の配置場所も決まっているので、平面図が正面図の上に配置されている点では十分注意するようにします。
 

配置場所を間違えてしまうと正確に相手に伝わらずに、他の投影法と勘違いされる可能性があるのでルールに基づいて作るようにします。基本的なルールが分からないときにはきちんと確認して、例文や図を参考にして作成するようにします。

 

書き方が分からないときには簡単な図面から書き始めるようにして、1つずつ確認しながら作っていくことがポイントです。いきなり全体を書こうとはせずに、正面図や平面図、側面図と少しずつ作っていくようにします。時間は掛かってしまうことがありますが、確実に手法を学ぶことが出来るのです。

 

図面の書き方など色々な書き方は下記の記事も参考になります♪
タイトル:庭の図面の書き方

旅行反省会手紙の書き方

旅行反省会手紙の書き方についてですが、これは主に大勢で行く旅行を企画した幹事や数名でも一緒に旅行を行った人に対して送る手紙です。反省会とは名前がついていますが、反省すべき点...

確定申告の書き方:駐車場

土地活用として駐車場経営を始めたら、一定の収入が入ってくることになります。収入があれば給料とは別に確定申告を行う必要があります。土地を活用する方法として注目を集めている駐車...

手形裏書の書き方

手形裏書の書き方ですが、あまり手形など受け取る機会がない人にとっては、どのように裏面を書けばいいのかわからないことも多いでしょう。ここでは裏面の書き方を、例文を交えながら見...

慰労会:のし袋の書き方

餞別とは引越しや転勤、異動、退職、慰労会などの際に相手に贈る金品のことで、この餞別を贈る際にはのし袋に入れて送ることになります。しかし普段、のし袋を書くことが少ない為、いざ...

葬式のお花代が現金の場合ののし書き方

葬儀に参列する場合、すぐに香典にことは頭に浮かびますが、「お花代」を耳にすることもあるでしょう。「香典」と「お花代」は仏式において別のものです。香典は線香や抹香のように、死...

球体のワイヤーフレームの書き方

パソコンを使ってデザインをする時、必要となってくるのがワイヤーフレームです。これは立体を作り出す設計図としても必要不可欠になってきて、その中でも厄介なのはやはり球体のワイヤ...

反省文(学生・中~大学)の例文とマナーと書き方

周知の通り、一般的に子どもは「保護される側」ですが、社会という共同体においては「保護する側」であり、同時に自己責任の場でもあります。   その中でも、子どもが...

手紙の書き方~ビジネスマナー~

手紙を書くときにはいろいろと気を使うことがあります。プライベートなものの場合は、親しい人や家族などに宛てたものが多く、あまり気を使うようなこともないのですが、会社などで出す...

新しい機械購入のための稟議書の書き方

どの会社でも、お金を使用するときには、その役職やポジションによって自由に使用してよい範囲内があります。それを超えて使用したいときには、何らかの制限を設けているものです。 &n...

反省文(遅刻)の例文とマナーと書き方

社会人として、やってはいけないミスのひとつに、会社に遅刻するということです。 これは、自己管理がなっていないとして自分自身の評価が下るだけではなく、自分が所属している部署のモ...

スポンサーリンク