人権作文の例文と書き方

いじめや差別についての人権作文です。 いじめというのは、どのようなことなのか知っていますか。人を無視する、悪口をいったりすることです。ひどいと持ち物を盗まれたり殴られたりします。例をあげるときりがありません。

 

不快に思うひどいことを続ける、それがいじめなのです。持ち物を盗んだりすると窃盗になります。殴ったりけったりすると暴行罪です。これらは、れっきとした犯罪なのです。

 

悪口や無視はどうなのでしょうか。これは、法律上は犯罪にはあたりません。犯罪でない以上は、罪に問うことはできません。これは、考えによっては一番厄介ないじめの内容ということになります。変な話ですが、窃盗や傷害のほうが解決しやすいのです。

 

しかしながら、いじめの大半というのは、悪口をいったり無視するということです。なかには、悪口や無視に悩んで、うつ病になったり、自殺してしまう人もいます。なぜ、いじめる側はこんなことをするのでしょうか。

 

むかつくから、嫌いだから、こんな理由なのでしょうか。これは、言い訳にすぎません。いじめをする人たちは、幼い子どもが人やものに当たったりするのと同じことなのです。なかには、いじめをやめたい人もいます。だけど、自分がいじめられるのが恐いのです。そんなことを考えているので、いじめをとめることができないのです。いじめを見て見ぬふりをしているのも共犯者です。

 

いじめの加害者というのは

じつは弱いものの集団なのです。ただ、群れをつくって強く見せているに過ぎません。人には好ききらいがあります。いじめている加害者というのは、自分がいじめられたらどんな気持ちになるのか、想像力が乏しいのです。そして、人のいいところを見つけることが下手なのです。

 

いつも自分の物差しでしか、人を判断できません。もし、被害者が最悪の事態になったとしても、今の刑法では加害者に責任をとらせるには難しいのです。しかし、加害者の人たちが何も償わないというのは、あってはならないことだと思います。仮に学校側から、注意や停学などの処置があっても、時間が経ったら何事もなかったように加害者たちは普段の生活に戻るだけです。

 

これからは、物理的ないじめに対してだけではなく、精神的ないじめも視野に法律で規制していく必要があると考えています。そのようにしないと、いじめの歯止めはいつになってもききません。

 

そして、いじめる人間をつくらないようにすることも大切です。いじめる側はどうしてそのようなことをするのか、心や環境が理由かもしれません。もしかして、日ごろのストレスがたまっているのかもしてません。このような視点をもって解決していかなければならない問題です。

 

また、差別も同じように深刻なものです。

差別は私たちの身の回りに存在しています。例えば、求人広告で身長が180センチメートル以上の人を募集していたとします。この背の高さの女性というのは珍しいので、男性を募集しているとみなされます。女性は、出産と育児があるので、何かとこのような企業差別を受けがちなのです。男性も育児できるはずですが、習慣として女性がやることが多いのです。

 

企業で長期の休みというのは、不利益につながります。特に専門職は、代わりの人材をとったり育成しにくいのです。本来は労働基準法というのは、女性を守らなければいけないものです。

 

女性は、出産や育児のほかにも、体力や筋肉が男性より少ないために、そのような肉体労働の現場では採用されにくいということもあります。これらの差別はこの世に多く存在しています。しかし、欠点は長所にもなり得ます。女性らしさというのは、相手に安心感を与えるものです。たとえば、消費者金融の勧誘は優しそうな女性がすれば、利用者は安心するのではないでしょうか。

 

女性ならではの、仕事の仕方があるのです。

このように、さまざまな場面で、女性が活躍することを願っています。男女差別だけでなく、外国の人に対しての差別も深刻です。日本に働きにきている海外の人やその子どもたち、見た目や喋りが違うというだけで差別の対象になってしまう人もいるのです。

 

そのようなことをするのは、世界でみても恥ずかしいことなのです。世界の国々は、国同士が隣接していることのほうが多いので、外国の人にも寛容的です。日本は島国のためか、警戒心が非常に高いのです。これからの国際化に向けては、これは大きな障害です。

 

国際的な日本になるために、改善していかなければなりません。人権というのは相手に認めさせるものなのです。昔から、あらゆる手段を使って、先人たちは勝ち取ってきています。そして、社会に自分たちに権利があるということを示すのです。

 

ただ、一人で考えたり叫んでいるだけでは、解決にはならないのです。いじめも差別もまず行動をおこさないと解決しません。はっきりとした自己主張が必要なのです。

 

そして、周りの頼れる人に相談することが一番大事です。

自分だけで解決するのは、難しいことなのです。人は、一人では生きていけません。一人だと、心配や恐れで、自分自身を押しつぶしてしまうことになります。以上が人権作文の例です。この人権作文の例を参考にしてみてください。

新年会の次第の書き方

  1.新年会の意義 2.新年会の司会の役割 3.式次第の書き方   新年会の意義 新年会は、新しい年の始...

通所介護のモニタリングの書き方

通所介護では介護計画の通りにサービスが行われているかを確認するために必要な物で、サービスの実施状況等を記録する書類になります。モニタリングの報告書類があることで利用者や家族...

「ご自愛」の意味と例文と書き方

ご自愛という言葉がありますが、これは自分の健康に気をつけるようにする、という意味です。ですが、最近は相手へのいたわりの言葉として使用されるようになってきています。  ...

手紙の書き方のポイント

ハガキやラブレターなども厳密に言うと手紙となっており、封書に入れなければならないなどといったルールが無いということを記憶しておいてください。   ...

お布施の書き方

お布施といえば、葬儀や法事などで僧侶が読経したり戒名や法名を授けた後に渡す謝礼として金品を渡すことを誰もが想像しますが、本来は他人に対して財物などの施しをしたり、相手にとっ...

論文の文章構造と書き方について

文章の書き方について書いていきたいと思います。一口に文章の書き方といっても、文章のジャンルによって、書き方は異なります。例えば、小説や物語の書き方と論文の書き方は、一見しただけでそ...

人物の書き方

人を特定するものには何があるでしょうか。たとえば外見と内面、性格や思想、生い立ちなどを挙げられればかなり人物を特定できるでしょう。もっと細分化すれば外見は身長、性別、髪、眼...

ブログの書き方について

今は自分でブログを書く人が増えています。なぜブログを書こうと思うのかは人それぞれです。   例えば、自分の日記として日々を残したかったから 新しい自分を...

離婚届の書き方と見本

愛し合って夫婦となっても、時と共に、もしくは一緒に暮らしていると互いの価値観が合わなかったり、不倫や浮気によって不信感が生まれたり、嫌気が差したり、他にも夫婦の数ほど事情が...

「この度」の意味と例文と書き方

ビジネス文書等を作成する際には、独特の言い回しというものがあります。勿論普段の生活上でも使う言葉と併用されているものも数多く存在していて、それぞれ場所や時、そして相手側に合わせた最...

スポンサーリンク