退職届の書き方のポイント

pixta_tegami_01

 

  1. 1.退職届とは
  2. 2.退職のための書類の書き方
  3. 3.退職届の提出と封筒の書き方

 


退職届とは

pixta_tegami_02

退職届や退職願はその人物が会社からの命令や指示ではなくて、自分自身の意思で会社を辞めるときに提出する書類のことです。転職のための自主退職や資格取得や試験のための退職、結婚のための寿退社などがあります。会社の事情ではなく個人的な理由や事情で会社を辞めるときに、事前に提出するものです。

 

ちなみに公務員の退職の届け出や退職願は「辞職願」と言い、公務員が自ら退職する場合には退職という言葉は使わないのです。退職届とは使わずに、罷免や免職と区別しています。自分自身の意思や都合ではなく、会社の指示や命令で退職するものにはいくつかの種類があります。その場合には、退職の届け出や退職願の提出は必要ないです。

 

人員削減のためのリストラや業務縮小のための退職を勧められた場合、規則に反して退職の勧告を受けたときや解雇を宣告された場合も必要ないです。あらかじめ定めていた期間中に解雇を宣言された場合も、必要ないのです。

 

退職願との違いがあるとするなら、会社によって所定の届け出用紙などがある場合です。退職のための書類は所定の届け出用紙や、書類のフォームを準備している場合があります。退職の届け出は退職願が受理されたうえで、社内で必要な手続きとして使われます。また会社側の都合による早期退職や、早期退職申し出などの書類を提出することもあります。

 


退職のための書類の書き方

pixta_tegami_03

退職届や退職願の専用の用紙は市販されていないので、基本的に手書きで作成します。黒のインクのボールペンや万年筆を使って、縦書きの便箋に記入します。原則として縦書きで書くことが一般的とされ、横書きで書いても構いませんがマナー違反だと相手に勘違いされる可能性もあります。

 

なるべく縦書きで作成するようにし、一般的なフォーマットで作るようにします。万が一書き間違えてしまった場合は修正液などは使わずに、始めから書き直すようにします。正式な書類なので、きちんと丁寧に書くことが大切です。一般的な退職届とは別に会社独自のフォーマットを用意している場合は、そちらに従って作成します。

 

また書き終えてから上司にきちんと確認を取り、フォーマットが間違っていないかチェックしてもらうこともポイントです。表題には退職届や退職願と書き、最初の行の真ん中くらいに書きます。公務員が退職する場合は、辞職願と書きます。書類の書き出しは便箋の下の方に書き、私事と書き始めます。指示とは公事の反対語で、自分のことを指しています。さらに次の行に移って上の部分から退職の理由や辞表の理由を書き、詳細は伏せておきます。

 

自分の都合での退社なので詳しい理由は書かずに、「一身上の都合で」などと書いておきます。一般的に、退職の理由は書かないということを理解しておきます。さらにそこから一行空けて、退社日を記載しておきます。円満退社のためにも退職届を提出する前には、上司と相談して日時を決定して作成します。

 

提出日は原則的に書類を提出する日を書きますが、念のためにも退職する日よりも2週間以上前の日付にするようにします。その横に退職日での所属部署を記載して、印鑑を押します。認印でも構わないですが。シャチハタ印は避けるようにします。宛名は社長宛てにして、最後に「様」を加えます。

 

インターネットなどでは一般的な書類の見本や例文が多く掲載されているので、それらを参考にして作成します。フォーマットもダウンロードすることが出来るので、そちらも利用するようにします。分からないことがあったら上司に相談し、間違いがないようにきちんと作成するようにします。

 


退職届の提出と封筒の書き方

pixta_tegami_01

退職のための書類を作成したら、内容に間違いや誤りがないかチェックします。文字の書き間違えや不自然な文章はないかと、細かい部分を確認することが大切です。この時点で間違えに気付いても、もう一度作り直すようにします。不備がないかきちんと確認してから、提出するようにします。

 

提出する封筒の大きさは定形封筒で、長形4号サイズを使います。書類は読む相手が封筒を開いたときにすぐ読めるように、書き出しが目に入るように折りたたみます。横に3つ折りにする場合は先に下から折りたたみ、3分の1のところで上に向かって折ります。次に上から3分の1のところで、下に向かって折りたたみます。4つ折りにする場合は先に下から半分の場所まで折りたたみ、さらに下から上に向かって半分のところで折ります。
 

封筒の宛て名書きは中央に黒いインクのペンや万年筆で退職届と書き、辞表とは書かないように注意します。「辞表」は一般的に取締役や役員など一定以上の身分の人が使う用語なので、一般社員の場合は退職届や退職願と書くようにします。封筒の裏側の左下には自分の所属している部署名と、名前を書きます。全て完成したら、直属の上司に提出するようにします。退職することや日時について社内に知らせる時期は、上司に任せるようにします。

 

退職など辞表など下記の記事も凄く参考いなります♪
タイトル:退職願の書き方
タイトル:辞職願の書き方・例文

時系列の介護記録の書き方

介護のケアやサービスを利用者に提供するときには、生活の一部を連続的に把握する必要があります。高齢者や障害者、児童などの一瞬をとらえながら連続的に変化を感じとることが必要です...

履歴書と送付状の書き方

  1.履歴書、応募書類は就職の最初の関門 2.履歴書作成時の注意事項 3.退職理由の書き方について 4.書類選考に通過するための工夫 ...

「平素」の意味と例文と書き方

ビジネスの文章では、平素からご愛顧いただき、という文章がありますが、平素とは普段、平常という意味で使われる言葉です。いつも、という副詞的な使用をすることが多いです。 &nbs...

結婚式招待状書き方:横書き

大好きな人からプロポーズを受けて、いよいよ晴れて結婚式を挙げることになったら、結婚式招待状を招待客などに送るというプロセスになります。   1....

経営計画書の書き方

事業家ならば、例えば経営コンサルタントなどからよく、経営計画書を作成して、年間計画を立てることが大切だなどと言われる場合が多いのではないでしょうか。確かに、中規模以上の会社...

春の行書の書き方

春の行書の書き方ですが、普通の楷書は綺麗にかけるという人でも、なかなか行書は難しいですね。そして春という漢字は、左右対称の形をしています。   ...

念書の書き方:お金

物やお金の貸し借りを行ったさいに記録として紙に残しておくものはさまざまあります。しかし、いずれも契約事になるとそれらに見合う書式を作る必要もあり収入印紙などを貼る必要がある...

面接のお礼メールの例文とマナーと書き方

今の世の中は大変便利なものになりました 昔は会社とのやり取りをするとき、資料請求をするときにははがきを一枚一枚書いて、それを各企業に送って資料を請求するという作業が必要でした...

書道草書の書き方

書というものは、実用性だけでなくそこに美しさを見出す芸術性を兼ね備えているものです。日本においては、古く中国から伝わった漢字から始まり、奈良時代頃には写経が盛んに行われてい...

わかりやすい文章構造の習得方法について

文章構造について書いていきます。つまり、読み手にとってわかりやすい文章構造とはどのような文章なのか、そして、それはどのように習得することができるのか、その2点に焦点を絞って書いてい...

スポンサーリンク