教育実習のお礼状の例文とマナーと書き方

教員を志す学生にとって、もっとも重要かつ貴重な単位取得が教育実習です。第一種免許状取得を目指す学生は、一か月以上にも及ぶ教育実習が必要です。実際に教壇に立つという経験は大学ではできません。

 

また、学校に通う児童生徒と直接ふれあうことも講義では学びえない経験をもたらしてくれます。この期間を充実したものにするか否かが、将来の教員生活に影響を与えると言っても過言ではないでしょう。

 

どの教員も教育実習を経験しています。それ故に実習生の受け入れに対し否定的な教員はほぼ存在しません。どの教員も実習生には立派な教員になって欲しいと願っています。よい実習となるよう、綿密に実習プログラムを構築してくれていることがほとんどでしょう。大変なご苦労をかけますので、実習終了後のお礼状の送付はすぐにでも行うべき社会的なマナーです。

 

【お礼状の例文】

謹啓 初秋の候、貴校におかれましては益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。

 

この度は、5週間という長期間にわたり教育実習の受け入れをしていただきありがとうございました。

 

実習担当の○○先生をはじめ、多くの先生方より大変貴重なお教えと、温かいご指導を賜りました。

 

この経験を今後の学生生活につなげ、将来、立派教員になれるよう努力して参る所存です。

 

実習期間は経験不足から頭が真っ白になってしまうことも度々ありました。

 

その都度、○○先生がサポートしてくれただけでなく、生徒のみなさんにも助けてもらいました。

 

○年○組の生徒のみなさんと出会えたことにもとても感謝しています。

 

みなさんにもどうぞよろしくお伝えくださいませ。

 

末筆ながら貴校のますますのご健勝を心からご祈念申し上げます。

 

敬白

 

平成○○年○月○日

 

○○大学 教育学部 教育学科3年

 

○○ ○○

 

追伸:文化祭の成功もお祈りしています。当日、生徒のみなさまと再会できることが今から楽しみです。

 

以上、例文。

 

学生が書くお礼状ですので、過度にかしこまった文章で書く必要はありません。しかし、これから社会人としての教員を志す訳ですから、最低限度の手紙の基本マナーや社会的ルールは守るよう心がけましょう。

 

時候の挨拶などの手紙のマナーは必要不可欠な社会的スキルです。また、言うまでもないことですが、手紙は必ず直筆で行うようにしましょう。最近ではワープロソフトを用いて作成する学生もいるようですが、お礼状は直筆で書くことが最低限度のマナーと言えます。

 

お礼状のポイントは以下の通りです。

先ずは長文になりすぎないよう、簡潔に文章をまとめることが肝要です。教員の方々もお忙しいですので、長文になりすぎたお礼状は先生に負担をかけてしまいます。教育実習の思い出はたくさんあるでしょうが、なるべくシンプルにまとめるようにしましょう。便箋一枚にお礼の内容がすべて含まれることが目安の文字数になります。

 

お礼状の送り先は校長先生になることが一般的です。しかし、教育実習でもっともお世話になる方は実習担当の教員の方ですので、文面は実習担当の教員をイメージして書くことが望ましいです。もちろんお世話になった全ての教員の方に対するお礼を述べなければいけませんが、文章の中に実習担当者とのエピソードなどを交えると先方に大変好印象を持って頂けます。

 

また、実習期間は教員だけでなく、児童生徒ともかかわる時間が長くあるはずです。その児童生徒に対してもしっかりと感謝の気持ちを伝えるようにすることも、将来教員を志すものとしては必要な資質の一つと言えます。

 

お礼状の中にまとめきれないものがあるのであれば、追伸という表現でも構いませんので、一言添えてあげることも大切です。実習生からのお礼状は、教員のあいだで回覧されたのち、教室に掲示されることも少なくありません。その際に児童生徒宛のメッセージが含まれていれば、とても喜ばれます。

 

教員に対するお礼の中には、なるべく具体的なエピソードも含めることが望ましいです。実習担当者も自分の指導がどれだけ伝わったか、また適切であったかを知りたがっているからです。実習のお礼は言葉や姿勢だけではありません。

 

具体的なフィードバックがあって、より現職の教員も成長できますので、率直に感じたことや、伝えたいことは書くように心がけましょう。ただし、当然のことですが批判的な内容や苦情的な内容は絶対にNGです。

 

教育実習は必須活動であり、また教員採用試験は公務員であれ私学であれ行われますので、民間企業のようなインターン的なものではありません。実習が就職活動に即つながるわけではありません。

 

しかし、学校の校長先生は採用試験監督であったり、教育委員会と強くつながりを持っていたりするものです。校長先生に評価をしていただくことができれば、最終的に採用試験に影響がないとは言い切れないでしょう。お礼状は校長先生まで必ず目を通しますので、見られてるという意識を持って作成するようにしましょう。

出欠返信書き方

結婚式を始め、同窓会や親睦会、各種パーティー、職場の歓送迎会、忘年会など、出欠の返信が求められる場面は様々ありますが、出欠返信において最も大切なのは、早めに返信をするという...

御霊前の書き方

突然の訃報の連絡などによって、バタバタとお香典の用意をするという方も少なくないのではないのでしょうか。日頃から意識をしていないのでその時になって慌てる「御霊前の書き方」今回...

障害者ケース記録の書き方

障害者の方の1日の様子について、介護士などの担当者がつけるのがケース記録です。基本的には施設によって書き方が決まっていますが、ここでは一般的なルールや適切な記載の仕方につい...

年賀状の書き方:名前の順番

  1.年賀状の基本マナー 2.宛名の書き方の基本 3.年賀状の宛名、名前の順番は?   年賀状の基本マナー ...

退職届や辞表の書き方

本人の希望で会社を退職する際に、いくつかのプロセスを経ますが、できるだけ円満に行なうべきです。基本的には、退職の意志を表す退職届や辞表を提出し、受理されると晴れて退職手続きが開始さ...

わび状の書き方と例文:縦書編

おわびの手紙やわび状というのは、過ちをおかしたときや相手に迷惑をかけてしまったり、損失を与えてしまったときなどに謝罪の言葉や申し訳ない、という気持ちを書いて送る手紙のことで...

司法修習生の就職活動における履歴書・志望理由の書き方

司法試験に合格したのちは、司法修習生は準公務員として裁判所や検察庁、法律事務所などで実際の業務を体験する流れになります。このとき、将来の希望が裁判所や検察庁などの官公庁や個...

損害賠償請求書の書き方

事故や過失によって何らかの損害を被った場合、その原因となった人や対象に対して損害を補填してもらうように要求する必要があります。そのために使用するのが損害賠償請求書と呼ばれて...

これで大丈夫手紙の書き方

普段はメールや電話で間に合っていても、ビジネスや人付き合いにおいて手紙のやりとりは欠かせません。とはいえ、手紙の書き方にはマナーがあり、それを知っているか知らないでいるかでは、受け...

会社宛見積書の宛名の書き方

会社宛見積書などビジネスシーンでの宛名の場合には、基本的に先方の会社名に「御中」を付けるのがふさわしいといわれています。よくありがちなミスとして株式会社を(株)として略して...

スポンサーリンク