弊社・当社の使い分け例文とマナーと書き方

 

文章作成能力が社会的スキルとして注目されています。

電子メールでの交渉事などの機会が増え、コミュニケーション手段として直接対話よりも、電子メールなどの文章にて用件を伝える機会が増えたのです。その際、正しい日本語や文法を知らなければとても恥ずかしい思いをしてしまいます。相手が目上の方などの場合は、誤った文章では不信感を与えてしまうリスクもあるのです。なかなか文章マナーやルールを教えてもらう機会も少ないので、しっかりとした訓練が必要です。

「ご高覧」の意味と例文と書き方などを知っておくのも勉強になります♪

 

日本語には敬語表現があり、相手によって使い分ける必要があります。同じ意味の用件でも、用いる言葉を使い分ける必要があるのです。このような社会的スキルは一度身につければ問題なく使い分けることができますが、先ずは正しい用法をしっかりと学習しなければ使い分けることはできません。どんなスキルでも該当しますが、頭で理解して初めて使いこなせるようになるものです。

 

社会的スキルとして用法が難しいのが

「弊社」と「当社」の使い分けです。特に弊社という言葉は社会人になるまで聞きなれない表現ですので、使用のタイミングが分かりにくい表現です。学校現場や家庭内では弊社という言葉は絶対にでてきません。当社という言葉はテレビなどのマスメディアなどで使われていることがよくあります。例文をもとにしっかりとその言葉の使い分けをできるようにしましょう。

 

【弊社を使用した例文】

平素は格別のご愛顧を頂き感謝申し上げます。このたび弊社におきましては、毎年恒例となっています大物産展への出展を予定しているところでございます。社員一同、みなさまのおこしを心からお待ちしておりますので、どうぞお気軽におこしくださいませ。

 

【当社を使用した例文】

いつも大変お世話になっております。先日お問い合わせいただきました企画内容の件につきまして、当社の見解をお伝えいたします。当社といたしましては是非とも新企画を進めたいと考えております。ご多用中のなか大変恐縮ですが、どうぞ前向きなご回答をお待ち申し上げます。

 

「弊社」と「当社」に言葉の意味の違いはありません。どちらも「自分たちの会社」という意味です。しかし、確実に意識して使い分ける必要があります。弊社は自社のことをへりくだって伝える表現法です。そのためより丁寧な表現方法と言えるでしょう。お客様相手に伝える際は、より丁寧な表現法で伝える方がベターでしょう。

 

「弊社」には自社を「とても小さな会社」、もしくは「至らぬ会社」という強いへりくだった意味を持たせることになります。自分の所属する組織をそこまで下げて言う必要がないのではないかと思われるかもしれませんが、謙遜が美徳されている社会ということを強く意識しましょう。最初は言いなれない表現ですが、文章にしたり、実際の会話で用いたりすることで自然と身に付く不思議な言葉です。また、繰り返し用いることで謙遜の姿勢も身に付きますので便利な言葉と認識しましょう。

 

「弊」という感じには、若干マイナスな意味が含まれます。疲弊、語弊、悪弊、弊衣など、ややマイナスな熟語が多いことに気が付くことでしょう。それだけ、自社をあえてさげることで、相手先を敬う気持ちを伝える表現と言えます。自分を下げることで相手を上げる手法は、まさに謙譲語の表現方法なのです。疲弊している状況を連想すれば、相手が強いイメージを持つこともできるでしょう。

 

その一方で「当社」という表現には上下関係が生まれません。

使うタイミングとしては相手と対等なやり取りを行いたい場合が適している表現法です。自社の意見を真っ直ぐに伝えたいときや、毅然とした態度で先方に苦情を申し上げる場面などが使用するタイミングです。

 

弊社という表現法が一般的に使われているので、言葉に力が加わります。言葉に力強さが含まれますので、留意しなければ相手との距離感が生まれてしまう危険性もあります。乱発しないように注意が必要です。

 

日本の習慣では立場が同等以上の相手には敬語を用いることが望ましいと考えられています。民間企業であれ、官公庁であれ、法人などの団体職員であれそのルールが存在します。個人対個人であっても、相手への敬意をしっかりと表現することが求められるのです。

 

場合によっては目下のものに対しても敬語で対応することが紳士的と考えられているのです。そのようなルールや習慣を鑑みれば、ほとんどのケースで自社を表現する際は「弊社」と表現することが無難でしょう。

 

公な場でのプレゼンテーションや講演会などでは特に気にする必要はありません。また、例えば採用活動などで学生を対象に説明を行う場などではへりくだった表現を用いる必要はないでしょう。学生も発表者がそのようなへりくだった表現を用いるとなかなか説明が耳に入ってこなくなってしまいます。ビジネス用語の乱発は、特に若い世代には伝わりにくいですので、なるべく平易な表現を心がけましょう。

御社・貴社の使い分け例文とマナーと書き方なども知らないといけません!

 

借用書の書き方

知人に借金をした際、あるいはお金を貸した際は借用書が欠かせません。口約束の場合は金銭が食い違ったり、延滞やなしにされるというトラブルが起こりやすいからです。裁判などでも証拠...

4月の挨拶(書き出し・文頭)の例文と時候の挨拶と書き方

手紙の書き出しには、いわゆる季節の挨拶といったような言葉を文頭につけるという慣習があります。これは、形式を重んじる場であればなおさら必要なものであり、ビジネスシーンなどにおいてもよ...

説得力のある文章の書き方とは

日常の会話の中では相手に自分の思うことを普通に伝えることができるのですが、それを文章に治そうとすると意外と難しかったりするものです。また、結局は何を伝えたいのか混乱してしまう場合も...

職務要約の書き方

職務要約という言葉は一般的に転職等で使用する職務経歴書の冒頭に記載する文書のことを意味する場合が多いです。この情報は転職による採用の可否に非常に密接に関わる分野であり、とて...

中学生の読書感想文や課題作文の書き方

中学生であれば夏休み、冬休みといった長期休暇で誰もがぶち当たる大きな壁が読書感想文や課題作文ではないでしょうか。作文といっても、自由な読書感想文、課題図書の読書感想文、人権作文、家...

「ひとかたならぬ」の意味と例文と書き方

最近は、パソコンや携帯電話、スマートフォンなどの普及で、メールが主流となり、手紙を書く機会がめっきり減ってしまっているといわれています。   その為、字を書く...

起承転結を意識して文章を書けば書きやすい!

なかなか文章がうまく書けなくて困っている方は多いですが、そのような方にオススメの書き方が、起承転結を意識して文章作成するという方法です。   はじめに、文章が...

「略儀ながら」の意味と例文と書き方

ビジネス文書や手紙などにおいて、意味があまりわかっていなくてもついつい書いてしまう定型文や語句があります。これらはきちんとした使い方をすると、先方への礼儀も十分に伝わりますので非常...

家系図の離婚の書き方

武士の時代のように由緒正しき家にあるような家系図は、一般の家では見ることはなくなりましたし、自分の祖先がどのような暮らしをしていたのか、どんな人だったのかということは、あま...

小学生の作文の書き方

小学生になると幼稚園や保育園の時と違った作業が学校でたくさん出てきます。その中の一つに作文があります。幼稚園や保育園の時は文字を覚えて単語を書くという所までできればよかったのですが...

スポンサーリンク