弊社・当社の使い分け例文とマナーと書き方

 

文章作成能力が社会的スキルとして注目されています。

電子メールでの交渉事などの機会が増え、コミュニケーション手段として直接対話よりも、電子メールなどの文章にて用件を伝える機会が増えたのです。その際、正しい日本語や文法を知らなければとても恥ずかしい思いをしてしまいます。相手が目上の方などの場合は、誤った文章では不信感を与えてしまうリスクもあるのです。なかなか文章マナーやルールを教えてもらう機会も少ないので、しっかりとした訓練が必要です。

「ご高覧」の意味と例文と書き方などを知っておくのも勉強になります♪

 

日本語には敬語表現があり、相手によって使い分ける必要があります。同じ意味の用件でも、用いる言葉を使い分ける必要があるのです。このような社会的スキルは一度身につければ問題なく使い分けることができますが、先ずは正しい用法をしっかりと学習しなければ使い分けることはできません。どんなスキルでも該当しますが、頭で理解して初めて使いこなせるようになるものです。

 

社会的スキルとして用法が難しいのが

「弊社」と「当社」の使い分けです。特に弊社という言葉は社会人になるまで聞きなれない表現ですので、使用のタイミングが分かりにくい表現です。学校現場や家庭内では弊社という言葉は絶対にでてきません。当社という言葉はテレビなどのマスメディアなどで使われていることがよくあります。例文をもとにしっかりとその言葉の使い分けをできるようにしましょう。

 

【弊社を使用した例文】

平素は格別のご愛顧を頂き感謝申し上げます。このたび弊社におきましては、毎年恒例となっています大物産展への出展を予定しているところでございます。社員一同、みなさまのおこしを心からお待ちしておりますので、どうぞお気軽におこしくださいませ。

 

【当社を使用した例文】

いつも大変お世話になっております。先日お問い合わせいただきました企画内容の件につきまして、当社の見解をお伝えいたします。当社といたしましては是非とも新企画を進めたいと考えております。ご多用中のなか大変恐縮ですが、どうぞ前向きなご回答をお待ち申し上げます。

 

「弊社」と「当社」に言葉の意味の違いはありません。どちらも「自分たちの会社」という意味です。しかし、確実に意識して使い分ける必要があります。弊社は自社のことをへりくだって伝える表現法です。そのためより丁寧な表現方法と言えるでしょう。お客様相手に伝える際は、より丁寧な表現法で伝える方がベターでしょう。

 

「弊社」には自社を「とても小さな会社」、もしくは「至らぬ会社」という強いへりくだった意味を持たせることになります。自分の所属する組織をそこまで下げて言う必要がないのではないかと思われるかもしれませんが、謙遜が美徳されている社会ということを強く意識しましょう。最初は言いなれない表現ですが、文章にしたり、実際の会話で用いたりすることで自然と身に付く不思議な言葉です。また、繰り返し用いることで謙遜の姿勢も身に付きますので便利な言葉と認識しましょう。

 

「弊」という感じには、若干マイナスな意味が含まれます。疲弊、語弊、悪弊、弊衣など、ややマイナスな熟語が多いことに気が付くことでしょう。それだけ、自社をあえてさげることで、相手先を敬う気持ちを伝える表現と言えます。自分を下げることで相手を上げる手法は、まさに謙譲語の表現方法なのです。疲弊している状況を連想すれば、相手が強いイメージを持つこともできるでしょう。

 

その一方で「当社」という表現には上下関係が生まれません。

使うタイミングとしては相手と対等なやり取りを行いたい場合が適している表現法です。自社の意見を真っ直ぐに伝えたいときや、毅然とした態度で先方に苦情を申し上げる場面などが使用するタイミングです。

 

弊社という表現法が一般的に使われているので、言葉に力が加わります。言葉に力強さが含まれますので、留意しなければ相手との距離感が生まれてしまう危険性もあります。乱発しないように注意が必要です。

 

日本の習慣では立場が同等以上の相手には敬語を用いることが望ましいと考えられています。民間企業であれ、官公庁であれ、法人などの団体職員であれそのルールが存在します。個人対個人であっても、相手への敬意をしっかりと表現することが求められるのです。

 

場合によっては目下のものに対しても敬語で対応することが紳士的と考えられているのです。そのようなルールや習慣を鑑みれば、ほとんどのケースで自社を表現する際は「弊社」と表現することが無難でしょう。

 

公な場でのプレゼンテーションや講演会などでは特に気にする必要はありません。また、例えば採用活動などで学生を対象に説明を行う場などではへりくだった表現を用いる必要はないでしょう。学生も発表者がそのようなへりくだった表現を用いるとなかなか説明が耳に入ってこなくなってしまいます。ビジネス用語の乱発は、特に若い世代には伝わりにくいですので、なるべく平易な表現を心がけましょう。

御社・貴社の使い分け例文とマナーと書き方なども知らないといけません!

 

念書の書き方:お金

物やお金の貸し借りを行ったさいに記録として紙に残しておくものはさまざまあります。しかし、いずれも契約事になるとそれらに見合う書式を作る必要もあり収入印紙などを貼る必要がある...

封筒の裏の差出人の連名の書き方

手紙を送る際、場合によっては封筒の裏の差出人を連名にする必要があります。例えば、結婚式の招待状です。封筒の裏の差出人の箇所には、挙式を行う2人の名前を連名で記すのが慣習とな...

履歴書の書き方~就活~

就活で必ず必要になるのが履歴書です。自分の基本的なプロフィールを企業に伝える身分証明書の役割を担う履歴書は面接の資料等にも使われる大切な資料になりますので、慎重に、丁寧に記入し...

社外向け報告書の書き方

社外むけ報告書は会社の看板を背負っている社外向けの報告書は、あなたの手を離れた瞬間から「会社の意見そのもの」になります。どこに出しても恥ずかしくない報告書の書き方をご紹介い...

準確定申告の書き方

所得税の確定申告をしなければいけない人が、年の中途で亡くなった場合には、亡くなった日から4カ月以内に準確定申告を提出しなければいけません。   ...

履歴書の書き方(見本)

新しい季節になると、卒業と同時に入学、就職などをすることになる人がとても多いといいます。そこで必要になるものが履歴書なのですが、その書き方をきちんとできていない場合がありま...

結納親族書の書き方:三親等

親族書とは、結納の際に家族を紹介するため、予め作っておく文書です。結婚は家と家との繋がりが生じますから、婚約相手の家族も紹介する必要あるでしょう。   ...

言葉を選んだ年賀状の書き方

教育の場では手紙・レポート・ハガキなど様々な文章作成が求められていて、書き方にもそれぞれに応じたマナー・書き出し方・書体などがあります。例えば、喪中ハガキなどに関しては筆ペンによる...

取引先申請書の送リ状の書き方

営業活動に留まらず、仕入れ、購買等、様々な取引において、新規の業者と取引開始にあたって、取引申請書が求められれることがあります。取引申請書は通常、相手先で様式を定めているケ...

「承知しました」の意味と例文と書き方

何かを頼まれたときなどに、承知しました、ということがありますが、これはただ単に理解したということではなく、相手の望んでいる要求や希望、依頼などを聞き入れるということ、もしくは承諾す...