「拝察」の意味と例文と書き方

かしこまった手紙や文書を作成するときに言葉の使い方、特に敬語の使い方を間違わないように気を付けるのですが、一般的に使われているから大丈夫だと使った敬語が、目上の方には失礼に当たる使い方だったということがあるかもしれません。

 

たとえばビジネスで

「なにかお気づきの点がありましたらご進言下さい。」とお客様宛てに書いたら、自分では「言ってください」「アドバイスお願いします。」という意味で使っていても実はお客様には失礼な言葉の使い方なのです。なぜなら「進言」というのは目下の人が目上の人に対して意見をするときに使われる言葉なので、自分の方が目上だと感じられる言葉になってしまうからです。

 

また「あなたが言ったのは」の尊敬語で、「何々様がおっしゃられたのは」というふうに使うと、「おっしゃる」と「られる」の二つが敬語になるので、相手に不快感を与えることはないのですが、しつこい感じがしてしまいます。この場合は「何々様がおっしゃったのは」でよいのです。

 

このように敬語の使い方は

正しく理解して使うことが大切なのです。敬語と同じように、自分のことを謙遜する場合に使う謙遜語も正しい使い方を知っておく必要があります。

 

たとえば自分が「そのように聞きました。」という言葉を丁寧に、自分を謙遜していうときには「そのようにお聞きしました。」や「そのように承りました。」という言い方をします。「聞きました」には「お」を付けるのですが、「承る」に「お」を付けて「お承りしました」といういい方にはならないので注意が必要です。

 

また自分が見たり聞いたりしたことには「拝」を付けて「拝見しました」「拝聴しました」などと言います。これは自分をへりくだるときの謙遜語になります。それらと同じように自分が「このように思います、察します、思われます。」というときには「拝察いたします」といういい方になります。

 

「このたびの人事異動は、合併を前提としたものと拝察いたしますが」「梅雨明けが待ち遠しい今日この頃、皆様におかれましてはご健勝のことと拝察申し上げます。」などという使い方をします。

 

「何々様は最近お忙しいことと拝察いたします。」というようなときにも使われます。このような場合の使い方は「お忙しいことと存じます」といういい方も同じ意味として使われます。

 

また「拝察」には相手の気持ちを思いやるときにも使われます。

「このようなお気持ちかと拝察いたしますが」というときに使うのですが、手紙を書くときにはこのような使い方はお悔やみ状でよく見られます。

 

「皆様のお気持ちは如何ばかりかと拝察申し上げます。」「奥様の御胸中如何ばかりかと拝察申し上げます。」という使い方をします。お悔やみ状は何らかの事情があって通夜や葬儀に参列できない時に弔問に伺う代わりに書くもので、便箋に手書きで送ります。

 

訃報の連絡を受けたらなるべく早く出すようにしますが、後になって聞いた場合にも出すことができます。お悔やみ状には他の手紙などのように「拝啓」「謹啓」などの書き出しの言葉や時候の挨拶は書かずに「何々様の訃報に接し、ただ驚いております。」「お父様のご逝去を知り、驚いてペンをとりました。」などお悔やみの言葉から書き始めます。

 

そして故人のエピソードや思い出を少し入れたりしながら、「ご家族の皆様のお気持ちは如何ばかりかと拝察申し上げます。」など悲しみの気持ちを思いやるように書きます。

 

さらに弔問に行けないお詫びを入れ

最後に「お力落としのないように」「どうぞ気持ちを強く持ってご自愛ください。」などの言葉で締めくくるようにします。「拝察」という言葉は、自分が「思う、察する」というときに謙遜語として使ったり、相手の気持ちを思いやる時に使う言葉です。

 

このような尊敬語や丁寧語、謙遜語などの敬語は、間違った使い方をしても普段の会話や電話なら音声は消されてしまうので、お互いにそれほど気になりませんが、メールの場合は消すまでは残ってしまいます。それでもメールなら何回も読み返すということはあまりありません。

 

しかし手紙はいつまでも残していることも多く、他の家族が読むことがあったり、何年後か後に読み返してみるということもあるので、手紙で敬語を使う場合は、特に意味や使い方をよく考えて書くことが大切になってきます。

 

最近は子どものうちからあまり敬語を使うことがなく

学校の先生とも友達感覚で話すということも多くなり、敬語の使い方がよくわからない若い世代が増えています。人生経験を積んだ大人でさえも正しい敬語の使い方をしていないこともあります。またメールばかりをして手紙を書く経験も少なくなっている人が多い昨今です。

 

敬語を知って正しく使えるかどうかで相手の印象は大きく変わってくるものです。もしお礼状や挨拶状、またはお悔やみ状などで敬語を必要とするような手紙を書くことがあれば、その時を機会に敬語の使い方を改めて勉強してみてもよいでしょう。

研究論文の書き方

  1.研究論文の書き方 2.序論の書き方 3.目的の書き方 4.本論の書き方 5.研究方法 6.研究結果 7.考察の書き方 ...

上申書の書き方

上申書とは、様々なケースで書く事になりますが一般的には部下から上司に対して意見を書いた文書を提出する書式になります。もともと上申書は、中国から来たものです。天子に文書を奉る...

二分の一成人式の手紙の書き方

最近、急激に二分の一成人式を行う学校などが増えてきているようです。20歳の半分の10歳をお祝いする行事であるわけですが、その中で、親から子どもへ、また子どもから親への手紙の...

時をつなぐおもちゃの犬の感想文の書き方

イギリスの児童文学作家、マイケル・モーパーゴが書いた『時をつなぐおもちゃの犬』は、2014年の第60回青少年読書感想文全国コンクール課題図書に選ばれた本です。 &nb...

お礼状の書き方

結婚や出産のお祝いをもらったり、あるいは療養中のお見舞いに来てもらった方に対して送るのがお礼状です。いくつか例文を踏まえて書き方を記載します。何のお礼で書くのかという状況に...

卒業の手紙の書き方

卒業に際して書く手紙は、その立場によって大きく分けると「卒業する者に対して書く手紙」「その子を持つ親に対して書く手紙」「本人が書く手紙」があります。その中にも目上のものから...

両家連名ご祝儀袋の書き方

結婚式にはいろいろなものが必要です。お祝いの品を送ったり、ご祝儀などを贈ることになります。このご祝儀を入れる袋をご祝儀袋といいますが、ここに贈った人の名前を書くのですが、一...

行政書士の古物商許可申請書の書き方

古物商許可申請書はその名の通り、古物をつかった商いをする者が古物営業法に基づく許可を申請するために使用する書類です。   1.古物商許可申請書と...

ビジネス文書の書き方について

社会人になると、様々なシーンでビジネス文書を目にすることになります。取り引き先などから送られてくる文書は、皆ビジネス文書の形式で書かれていますので、ビジネス文書の漠然としたイメージ...

「ご支援」の意味と例文と書き方

ビジネス文書や個人あてにお願いなどをするとき、使用される言葉がいくつかあります。これらは上手に使い分けをしなければなりませんし、前後の文章と脈絡がつながらないものになると、かえって...

スポンサーリンク