自己推薦書の書き方:就活

pixta_tegami_01

今と昔で就職活動、略して就活のアプローチや期間は変わってきていても、内容的には同じであります。そして現在、就職に関して求人率はあがって来ていますが、それでも多くの人が求めている企業の倍率はやはり高いものがあります。

 

  1. 1.就活で必要となるもの
  2. 2.自己推薦書とはなにか
  3. 3.書き方を学ぶ必要があります
  4. 4.自己を推薦するということ

 


就活で必要となるもの

pixta_tegami_02

今と昔で就職活動、略して就活のアプローチや期間は変わってきていても、内容的には同じであります。そして現在、就職に関して求人率はあがって来ていますが、それでも多くの人が求めている企業の倍率はやはり高いものがあります。それではそういった企業に対してどうやって自分をアピールすればいいのか、

 

そのもっとも基本となるのが履歴書やエントリーシートになってくるのです。就活中の人ならご存知でしょうが、まずはこれらを書いて通らなければいけなく、書くだけなら日本語さえ学んでいれば特に問題なく誰にでも可能となっていくのですが、やはり必要とされる、求められる書き方というものがあるのです。

 

高校や大学を卒業してすぐの新社会人の場合は職歴がないのが普通のことで、それゆえ学生時代に何をしてきたのか、学んできたのかが重要となってくるのです。昔はいわゆる有名大学を卒業、そして有名企業に就職という形が多かったのですが、現在は形態が変わってきて、能力を求められる時代となってきているのです。

 

しかしながら能力といっても学生生活におけるものと社会人で求められるものは別となってきて、学校では好成績を収めていたけれど現場では使い物にならない、そんな人も多いのです。それでも就職活動においてはいかに自分をアピールしていくかが大切になってきて、そのために自分自身の性格や能力を正しく知っておくことは大切なのです。それゆえ書類に関しては客観性が必要となり、書き方が重要なのです。

 


自己推薦書とはなにか

pixta_tegami_03

それでは何が大切になってくるかというと、自己推薦書です。これがなにかというと、読んで文字通り自分を推薦する、アピールする文章となります。しかしただ次数を使って書いていくだけでは意味がなく、読み手のことを考えて、さらには就職活動で必要とされる文章であるということを前提にしているので、単なる自己PRではいけないのです。

 

ではどういったことが求められるかというと、簡単にいえば自分がこれまで頑張ってきたことを、そして自分がこれから目指すものをまずピックアップしていって、それを組み合わせてまとめるという方法が一般的になってきます。就活中の人なら自己分析を経験していることだと思われますが、そこからまずは過去の経験を洗い出していくのがいいのです。

 

そしてこれまで培ったことを、そこから自分は何を目指したいかという流れをつなげていくのがいいのです。またポイントとしてはなるべく簡潔にまとめることが大切で、大企業になればなるほど就職を求める人が多くなって、それに比例して書類の数も多くなっていくのです。そんな中で無駄に次数だけ多く内容に薄い場合だと、

 

読む気もしなくなってしまうものです。それゆえなるべく短く、しかし必要なことはしっかりと書くように心掛けることが大切になってくるのです。ただ書類として書くのではなく、その先にいる読み手のことを考える、そういったことを考えながら文章を作るのも大切なのです。そしてそれこそ自己推薦書の意味が出てくるのです。

 


書き方を学ぶ必要があります

pixta_tegami_01

それでは自己推薦書の書き方ですが、これは特に定まったものがあるわけではないです。しかしながら読みやすさは大切になってきて、さらに次数も500~600文字くらいを目指すのがいいです。1000文字になると読む方も飽きたり面倒になる可能性が高いので、なるべく簡素にすることを心がける必要があります。

 

まずはどうしてその企業を選んだのかが必要となってきて、企業説明会などの分かりやすいきっかけがあると導入としては良いかと思われます。医者や看護師なら病院で治療を受けて感動した、その企業の商品に思い入れがあるなど、どうしてそこを選んだのかを書いていくと必要性が出てきます。

 

次に自己アピールになりますが、学生の場合は自分がこれまで学んできたこと、勉強や部活動、委員会などを中心にして、賞などをとった場合はそれも織り込むといいでしょう。既に就職した経験がある場合はそこで学んだことなどを簡潔に書くことが大切です。PRとは少し違っていますので、あくまで客観的に書いていくことが大事になってきます。その内容を受けて、これから自分が行いたいこと、資格取得などを書くのも良いです。

 

そして自分がどうしてその企業に勤めたいのかを繋げて書いていくのがよく、バランスを整えることが必要となってくるのです。そしてなるべくシンプルな文章にすること、客観的に己を分析して書いていくことが求められるのです。アピールするのは大切になってくるのですが、押しつけがましい、逆に卑屈になるのはよくないことです。

 


自己を推薦するということ

pixta_tegami_01

書き方は分かっても、自分を推薦するとはどういうことか分からないという人もいるはずです。すなわち自己推薦書とは改めて自分自身を振り返るという意味もあるので、就職を希望する側、優秀な人材を求めている側の双方にとって有意義なものとなっているのです。中には推薦するものがないという人もいるかもしれませんが、

 

本気で探してみてもしも見つからない場合、これまでの人生をもう一度しっかりと考えて場合によってはやり直す必要が出てくるのです。一般的に考えて何ひとつとして推薦する部分がないことはありえなく、それまで生きてきた以上、何かしらはしていますし、そういった経験は推薦するべきポイントになってくるはずなのです。

 

それゆえもしも自分自身で分からないといった場合は、信頼できる相手に尋ねてみるのもよく、自身で客観性が弱い場合はそれこそ第三者に見てもらうことが必要となってくるのです。そして自己推薦書はパソコンで作成することが多くなっていますが、場合によっては手書きの方が重要視されることもありますので、そういった時には丁寧に書くことを心がける必要があります。

 

文字が上手い、下手というのは仕方がないことですが、丁寧に書くということは誰にでもできることで、それゆえ大切なことになってきます。自己推薦書は自分自身を見つめ直すこと、その上で客観的に自分をアピールしていくことが必要となってきますので、慣れるまでは難しく、書いていくことが重要となってくるのです。

 

中学生のための読書感想文の書き方:書き出し

  1.読書感想文とは 2.書式について 3.後の構成もしっかり頭に入れておく!   読書感想文とは 小学...

定款の書き方:貿易

貿易会社などでは、社内定款を定めていますが、その約款を定める前に、まず、諸外国との貿易で起こり得るトラブルについて考えなければなりません。   ...

感想文の書き方

  1.感想文は本選びから 2.あらすじから書き始めない 3.良いことばかり書かない 4.まとめの部分は前向きに   ...

卒業式の祝辞:用紙の書き方

  1.お祝いの言葉、祝辞 2.卒業式の祝辞 3.祝辞に使われる用紙と書き方   お祝いの言葉、祝辞 ...

すっきりとまとまった文章のポイントとは

文章を書く際、できるだけすっきりまとめたいと思うが故にうまくかけず、冒頭でつまづいてしまうことがあります。今回は、文章をすっきりまとめて書く書き方をご紹介したいと思います。 ...

アンケート調査報告書の書き方

個人主導で行うこともあれば、会社や専門業者が主導で行うこともあるのが、消費者やサービス体験者などに感想を述べてもらったり点数形式で評価を付けてもらうアンケート調査であると言...

5月の挨拶(書き出し・文頭)の例文と時候の挨拶と書き方

手紙やメールの文章を書く時に、まず書き出しからどんな風に書けばいいのか悩んでしまう人も少なくないものです。そんな時にとても役立つのが時候に関する言葉を文頭に用いることで、自然に浮か...

書き方と持ち方について

文字の読み書きは、教育の基本です。特に文字を書くことは、読むことと比べると難しく、教える側にとっても簡単ではありません。なぜなら、文字の形を教える以前に、まずは鉛筆など書くものの持...

書類遅延謝罪の書き方

  1.書類遅延謝罪とは 2.書類遅延謝罪の書き方を教えて貰う 3.どの手段で顧客に伝えるか? 4.対応次第で顧客との関係性も変わる ...

礼状の書き方:文例

お礼状を書くときには、いろいろとマナーやしなければいけないルールのようなものがあるということです。まずはそれをきちんと調べて、それから書くようにしておきます。 はじめてお...

スポンサーリンク