職務経歴書の書き方:職務経歴が多すぎる場合

pixta_tegami_01

求職活動をしたことのある方は、求人広告に履歴書の他に職務経歴書を送付するように記載されているのを見かけたことのある方が多いのではないでしょうか。特に正社員や契約社員といったフルタイムの求人の場合に、履歴書と職務経歴書をセットにして提出するよう指示している会社が多いです。

 

  1. 1.職務経歴書とは一体何か
  2. 2.職務経歴書に書く具体的な内容
  3. 3.職務経歴が多すぎる場合
  4. 4.職務経歴書を書く上での心構え

 


職務経歴書とは一体何か

pixta_tegami_02

求職活動をしたことのある方は、求人広告に履歴書の他に職務経歴書を送付するように記載されているのを見かけたことのある方が多いのではないでしょうか。特に正社員や契約社員といったフルタイムの求人の場合に、履歴書と職務経歴書をセットにして提出するよう指示している会社が多いです。

 

履歴書には職歴欄にいつどこの会社に入社し、いつ退社したのかということを記載しますが、職務経歴書とは、その履歴書に書いた職歴をより詳しく書いたものです。具体的には自分自身がこれまでどのような会社でどのような仕事をし、そこでどのような能力を身に付け、どのような成果を上げたのかといったことを書きます。

 

つまり職務経歴書は、求人を出した企業が、応募者がこれまでどのような内容の仕事をしてきたのか、その経験を活かして自社ではどのような仕事が出来るのか、求めている人物像なのか、そして特に中途採用の場合などは即戦力となって働ける人材なのかといった点に注目して判断するために必要な書類ということです。

 

自分の実績や会社の利益を上げるために実際にどのような努力をしたのかということや、課題に対してどのような工夫をして乗り越えたのかということなど、応募者の仕事に対する姿勢や課題解決能力を採用担当者が見極めるための材料になります。特に応募者が多い場合など、書類選考のみで一次審査の合否を判断する企業も多いので、次の面接に進む為にもまずは採用担当者に「会ってみたい」と思ってもらえるようなものを作成することが大切です。

 


職務経歴書に書く具体的な内容

pixta_tegami_03

履歴書はスーパーや文房具店など様々なところで市販されていますが、職務経歴書は決まったフォームというものがありませんので、このように書かなければいけないという決まった書き方もなく、自分でどのような構成にするのかを考えて作成することになります。履歴書は手書きで書く場合が多いのですが、職務経歴書の場合はパソコンで作成することが多いです。

 

これをA4の用紙1~2枚にまとめてプリントアウトします。パソコンで作成した場合は、基本的な文書を作成することの出来る能力があるという宣伝に繋がるともされています。具体的に職務経歴書に盛り込む内容として、まずはこれまでに在籍した会社の社名や事業内容といった簡単な説明と、どのような業務に携わっていたのかを書きます。

 

担当していた顧客の数や処理件数、売上高などは具体的な数字を使用します。年度毎に数値をまとめる際は、表形式でまとめるなど、なるべく見やすくなるように工夫します。また、その仕事を通してどのような知識や技術を身に付けることが出来たのかということや、仕事への取り組み姿勢なども含めて積極的にアピールします。

 

営業職の場合は、どれだけ売り上げを上げることが出来たのかということや、もし社内での表彰など受賞歴があれば記入すれば良いですし、事務職など目に見える数字で評価されるわけではない場合は、パソコンのスキルや経理の経験、その他応募する職種に関連する資格などを記載し、即戦力として使える人材であることをアピールすると良いです。

 


職務経歴が多すぎる場合

pixta_tegami_01

まず初めに、職務経歴が多すぎる場合、全ての職歴について詳しく書こうとすると膨大な量になってしまう可能性があります。しかし基本的には企業側の負担も考えてA4サイズの紙1~2枚に収めるのがルールです。多くの情報量から必要なもの、重要なものだけを選択して規定の枚数に収めるという、文書作成能力も評価の対象になる場合がありますので気を付けます。

 

応募先の企業がどのような職種なのか、どのような人材を求めているのかといったことを考え、自分自身のこれまでの職歴の中からアピール出来そうな内容のものを選んで詳しく書くようにします。また、職務経歴が多すぎるとそれだけで、特に古い体質の企業では「適応力不足」「またすぐに辞めてしまうのではないか」といったマイナスイメージを持たれやすいのですが、そのイメージを払拭するためには、ある程度の工夫が必要です。

 

まず、「多くの職を経験してきて、どのような局面にも対応できるような順応力を身に付けることが出来た」「一つの職場では身に付けることが出来なかったスキルを、複数社で勤めることにより数多く身に付けることが出来た」といったプラス要素を前面に出してアピールすることが必要です。

 

そして職務経歴が多すぎる場合に、面接時にほぼ必ずといってつっこまれるのが退職理由です。退職理由はなるべくポジティブな表現で記載するようにし、今回を最後の転職活動にするつもりであり、今後は腰を据えて就職したいという旨を強調して記載することも重要です。

 


職務経歴書を書く上での心構え

pixta_tegami_01

面接は初対面の、どのような人か分からない相手と話をしなければいけないので、大変緊張するものです。何時間も話していればもしかしたら少しは緊張も解れるかもしれませんが、実際の面接はそんなに時間をかけません。その限られた時間の中で自分の良さや、どれだけこの会社に入りたいと思っているかを相手に伝える必要があります。

 

中には面接がとても得意で全く困らないという方もいるかもしれませんが、多くの方は全てを上手く伝えきれずに後悔してしまったという経験があるのではないでしょうか。また、アピールしたいと思っていた部分を面接で触れられなかったという方もいるかもしれません。そのような方にとって、この職務経歴書というのは自分をアピールすることの出来る最高のツールといえます。

 

1枚作れば他の会社にもそのまま使えるというものではなく、応募先の会社に合わせて志望動機やアピールするポイントを書き換える必要がありますし、作成するのに大変時間がかかるので面倒くさいと感じる方も多いはずです。しかし、聞かれたことに対してすぐに答えなければならない面接とは違って、家でじっくりとどのようなことをアピールしたいのか考えてから書くことが出来ます。

 

さらに、自分がこれまで携わってきた業務内容や成果を振り返ることになりますので、改めて「新しい会社で自分は何がしたいのか」「何が自分の強みなのか」といったことを整理することも出来ます。職務経歴書を読んだ採用担当者に、自分がどのような人間であるかがきちんと伝わるようなものを作成することが重要です。

 

卒業論文の書き方と例

大学では実用的な研究発表の能力が求められます。それには人前で発表し、質疑応答するプレゼンテーション能力とともに、研究を整った体裁の文章にまとめる力も必要です。卒業論文は後者...

添字の書き方

添字とは、封書の表に、中身がどのようなものであるのかがわかるように書かれているものを指します。添え書きとも呼ばれることがありますが、その場合には、挨拶や差し出した人物の情報...

育児休業者職場復帰給付金支給申請書の書き方

  1.育児休業者職場復帰給付金支給申請書とは 2.育休者職場復帰給付金支給申請書の書き方 3.注意すべき点   育...

お願い・要求・要望の言葉の例文と書き方

何かを頼むときに使うことが多い言葉には、お願い、要求、要望などがあります。それらは同じ意味を持っているように感じますが、ほんの少し違いがあるということです。なので、きちんとそのこと...

ビジネス文章の書き方:退職の案内

ビジネス文書の中でも、退職についての様々な文章はデリケートなものです。今回は特に退職時に同僚や取引先などに送る、あいさつ用の文章です。基本的にメールでの場合も手紙の場合にも...

二分の一成人式の手紙の書き方

最近、急激に二分の一成人式を行う学校などが増えてきているようです。20歳の半分の10歳をお祝いする行事であるわけですが、その中で、親から子どもへ、また子どもから親への手紙の...

研究論文の書き方とコツ

文章の書き方はその内容によって大きく変わってきます。ここでは、研究論文の書き方について説明します。一般的に、論文の構成は起承転結の形式をとります。研究論文は、全く初めての研究結果を...

クレーム報告書の書き方

長く食品の製造に携わっていると、いろいろなトラブルは発生します。落雷による停電、大雨によるがけ崩れなど、自然災害によって予定を狂わされる場合もあります。原材料の不足や、高騰、それら...

面接カードの書き方

重大なミスをして上司及び関係者に謝罪をする必要があるときに一般的に始末書や顛末書というものを書きます。これは謝罪をするとともにそのミスがどのような経緯でなされたのかを説明し...

「心ばかり」の意味と例文と書き方

日本人はなにか助けてもらった時には「ありがとうございます。」と手を合わせたり、お礼をします。悪いことをしてしまった時には「ごめんね」と謝ります。   欧米人な...

スポンサーリンク