就活の封筒の書き方:採用担当

pixta_tegami_01

就活中は就職を希望する企業に対して書類を送ることがあるでしょう。例えば履歴書や資料請求の書類を送ることがありますが、受け取った相手企業に対して失礼のないような書き方をしなければなりません。

 

  1. 1.就活の際に使用する封筒の書き方とは?
  2. 2.就活に必要な心構えについて
  3. 3.面接を受ける前に確認しておきたいこと
  4. 4.面接に必要なマナーを身につけよう

 


就活の際に使用する封筒の書き方とは?

pixta_tegami_02

就活中は就職を希望する企業に対して書類を送ることがあるでしょう。例えば履歴書や資料請求の書類を送ることがありますが、受け取った相手企業に対して失礼のないような書き方をしなければなりません。封筒の書き方一つで印象が決丸と言っても過言ではありません。書類審査を無事に通過するためにも、封筒の書き方はあらかじめ調べて頭に入れておくことをおすすめします。

 

封筒の右側には企業の住所を書きますが、一番やりがちなミスと言えるのが番地の書き方です。何丁目何番地何号まで省略せずに一字一句を丁寧に書かなくてはなりません。ビルに入っている場合はビル名も正確に記入しましょう。住所を書いたら企業名と続きます。企業名を中央に大きく書くのではなく、企業名の左横に採用担当者の名前を書きます。

 

採用担当者の氏名が分かっていれば両方書きますが、苗字しか分からない場合は採用担当の下に苗字だけを書いても構いません。企業名では株式会社という部分を省略しやすいですが、就活中に送る封筒ですから省略せずに正式な企業名を記入しましょう。採用担当ではなく企業名で送る場合は、名前の跡に御中という文字を書きます。

 

また採用担当者の個人名で送る場合は、御中の文字は書かずに個人名の下に様を書きます。御中と様を両方書いてしまうというミスはありがちですが、個人名宛ての場合は御中を書かないように気を付けなければなりません。封筒の裏側には自分の住所と名前を記入します。自分の住所も油断せずに省略なしで書き上げます。

 


就活に必要な心構えについて

pixta_tegami_03

これから就活を始める学生さんは期待よりも不安の方が大きいでしょう。自分が希望する企業に就職できるかどうか楽しみでもありますが、何社受けても決まらないと次第に焦りに変わっていきます。ただ一喜一憂していては先に進めませんから、途中で心が折れることがないようにしっかり乗り切らなければなりません。

 

そのためにも就活を始める前に必要な心構えをチェックしておくといいですね。まずは自分自身を今一度見つめ直すことが大切です。自分の得意な部分を伸ばしていくのはいいですが、不得意な部分から目をそらしてばかりいては先に進めなくなる場合もあります。不得意な部分を認めることで考え方に柔軟性が出てくることもあるので、結果的にプラスに働くことに期待できます。

 

しかし、悪い方にばかり考えてしまっても良くありませんね。認める部分は認めながらもポジティブ思考で就活を乗り切りましょう。履歴書を何社にも送って積極的に動いていると、それだけで満足してしまう場合もあります。しかし、内定を勝ち取らなければ本当の意味での成功ではないため、自分が動いた量だけで判断することはできません。

 

企業の選び方も重要で、もし採用されたら入社して何をしていきたいか何十年という先を見越して考える必要があるでしょう。自分が将来この会社で何をするかを考えながら応募すれば、内定を勝ち取れる可能性は少なからず上がるはずです。送った履歴書で書類審査が通ったら、面接に向かう心構えや身なりの確認に移ります。

 


面接を受ける前に確認しておきたいこと

pixta_tegami_01

就活が成功するかどうかは、面接が大きな割合を占めています。応募した企業の採用担当者に良い印象を持ってもらわなければ採用されることはありません。面接に向かう際の心構えをチェックしておきましょう。まずは身なりから整えていきますが、男性の場合はスーツを着用するので汚れがあるシャツを着たりシワの寄ったスーツを着ないように注意しましょう。

 

自分では気付きにくいフケにも気を付けなければなりません。男性はヒゲを剃り、ヘアスタイルを整えます。風が強いとせっかくセットしたヘアスタイルが乱れてしまうこともあるので、就活中はできれば短めにカットしておくと安心です。長髪よりは短髪の方が印象が良くなるはずですが、こだわりがある方はすっきりと整えておくことがポイントになります。

 

靴下や靴は見落としがちですが、採用担当者は全身を見ていると考えなければなりませんね。女性の場合はカラーリングをした髪を染め直したり、短めにカットして印象を変えるという方も多いですね。ヘアスタイルやメイクで印象を変えることはできますが、話し方や所作に出てしまうので緊張感が大切になってきます。

 

メイクは薄めに抑えて鞄や時計等の小物類も派手にならないように気を付けましょう。第一に清潔感にポイントをおき、鞄の中もきちんと整理しておくと安心して臨めます。身なりはしっかり整えても、嫌なニオイを発していることも考えられます。スーツに汗がしみ込んでいるとニオイを発してしまうので、定期的にクリーニングに出して清潔にしておきましょう。

 


面接に必要なマナーを身につけよう

pixta_tegami_01

就活中は何度か面接を受けることがあります。面接に臨むために身なりを整えたら、マナーを確認しておくことも大切です。面接官に合うまでは気を抜いてしまうこともあるでしょうが、面接は受付から始まっていると考えなければなりません。約束の時間に遅れていくことは問題外ですが、却って早過ぎても相手の迷惑になってしまう可能性が考えられます。

 

20分から15分前までには到着しておき、気持ちを整えてから受付を済ませます。受付をすると控室に行って呼ばれるまで待つことになります。控室には誰もいないことが多いですが、この間もどこかで見られていると考えた方がいいでしょう。スマートフォンを開いたり隣の人と私語をするといった行為は慎まなければならないでしょう。同じように緊張している仲間がいると、つい気が緩んで話が弾んでしまうこともあります。

 

十分注意しながら自分の順番を待ちましょう。面接会場に入る時はノックをすることが基本的なマナーです。就活を始める前に予習している方が多いと思いますが、ノックは三回と決まっており、二回ではビジネスマナーがなっていないと思われてしまいます。必ず三回ノックしてから入室しましょう。

 

ドアの前で挨拶をして、椅子に座る前にも一礼します。面接を受ける時にスマートフォンや携帯電話をポケットの中に入れておくと、電源を切り忘れて音が鳴ってしまう可能性があります。あらかじめ鞄の中に入れておき、電源はマナーモードではなくオフにしておくと安心です。

 

「申し上げます」の意味と例文と書き方

ビジネス文書や目上の人に対する新書などでは、通常の会話よりもさらに丁寧な言葉を使う必要があります。しかし、文書にして相手に送る場合、ゆっくり調べることはできますが、相手にその文書が...

自己アピールの書き方のヒント

まず、企業が自己アピールを求める理由を知ることが、自分の長所を正しく伝えるヒントになります。自己アピールでは、自分がどのような人物であるか示すだけでは不十分です。 &...

お問い合わせへの回答の書き方

個人で店舗を経営している方やインターネット通販で商品の販売を行っている方、商品ではないものの専門的なサービスを依頼に応じて提供している方など個人事業主の方は多々存在している...

ビジネスでも教育でも使用できる文章の書き方

相手に自分の思っていることを伝えるのは、非常に難しいことです。顔を合わせ、話をしていても思っていること、伝えたいこととは異なる価値観で物事をとらえられてしまい、すれ違ってしまった経...

フィールドノートの書き方

フィールドノートとは、その名の通り、主に野外における調査内容を記録しておくノートです。使用される分野は幅広く、野鳥観察や植物観察といった趣味に使う方もいれば、研究用の調査活...

本ののし 企業名の書き方

のしは一般的に、慶事や弔事に際してお金を包んで渡す為に使用されています。しかし、時には企業名を入れて利用される場合もあるものです。例えば、新しく店舗を開店する経営者の方へ、...

担当業務内容の書き方

企業などでは、自分がどういった業務を担当しているかを話をする機会があります。また、新規の取引先と商談する際にも、自分がどういった分野を担当しているかを話したりします。それを...

読んでいてわかりやすい書き方のコツについて

文章を書く際には、必ず読み手のことを考えて、わかりやすい文章を書くことが大切です。何を伝えたいのかわかりづらくなってしまったり、文章の中身がわかりにくくなってしまったりすることも多...

感謝状・表彰状(永年勤続)の例文とマナーと書き方

普段の生活のなかで、欠かせないことが 人とのコミュニケーションです。 どんなに自分は一人でも大丈夫だと言い張ったとしても、どこかしらで人とのコミュニケーションをとっているもの...

会社からの香典の書き方・金額を横書きで書く方法

香典とは、抹香や線香や花の代わりに亡くなった方への供養の気持ちを表し、霊前に御供えをするもので不祝儀用の熨斗袋に現金を包んだものを言います。訃報の知らせを受けたら、お通夜・...

スポンサーリンク