香典の金額の書き方

pixta_tegami_01

人間には誰でも誕生がある限り必ず死が訪れます。昨今では身内だけで葬儀を執り行うことが少なくないため、葬儀についての知識が希薄になりがちですが、やはり身近な人の死にさいしては、何らかの心遣いをすることが大事です。

 

  1. 1.なぜ人が死んだら香典を備えるのか?
  2. 2.故人との関わりによって異なる金額の相場
  3. 3.宗派によって異なる表書きの違いと書き方
  4. 4.知っておきたい香典袋のマナー

 


なぜ人が死んだら香典を備えるのか?

pixta_tegami_02

人間には誰でも誕生がある限り必ず死が訪れます。昨今では身内だけで葬儀を執り行うことが少なくないため、葬儀についての知識が希薄になりがちですが、やはり身近な人の死にさいしては、何らかの心遣いをすることが大事です。そのなかでも欠かせないものが「香典」と呼ばれるものです。

 

香典とは、仏式で執り行われる葬儀において死者の霊前に供えられる金品のことですが、もともとはお供え物や線香などの代わりを意味するものです。元来ならばお香をあげさせてもらうとか、お供え物をするという意味合いでしたが、今日における香典の意味は、経済的なことだけでなく精神的にも世話になった故人への恩返しの気持ちであったり、

 

突然のことで何かと出費の多い遺族への経済的な支援であることが多くなっています。また本来は仏式の葬儀で用意されることの多かった香典も、神式やキリスト教式においても渡すのがマナーとされています。不祝儀袋とも呼ばれる香典袋に入れて通夜および告別式で遺族に手渡すものであり、遺族が執り行う通夜や告別式の宗教および宗旨や宗派によって使い分けます。

 

金額にかんしては後述いたしますが、故人や遺族との関係でおおよその相場があり、ただいたずらに高額を差し出しても、むしろ遺族が困るケースが少なくありませんので注意が必要です。大切なのは金額の大小ではなく、故人を弔う気持ちです。形だけの香典ではなく、心から故人の往時を偲びつつ、遺族への心配りこそが最も大切なポイントとなります。

 


故人との関わりによって異なる金額の相場

pixta_tegami_03

故人を弔う気持ちが一番大切であるとはいえ、その気持ちを香典でしめすとき、どのぐらいの金額を包むのがマナーであるのか知りたいところです。住んでいる地域や故人との付き合いの深さ、さらには送り手の収入や宗教などによっても金額は前後してきますし、さらには自分の家で葬儀をしたとき故人の家から香典を頂いている場合は、それと同額の香典を渡すことも一つのマナーです。

 

以上のような事例を考慮しつつ、一般的な香典の相場をご紹介しましょう。送り手の年代別に見ますと、送り手が20代の人であれば、祖父母が亡くなった場合は10000円、両親のいずれかが亡くなった場合は30000円から100000円、親戚等の親族が亡くなった場合は10000円、友人や知人さらには勤務先の上司やスタッフが亡くなった場合は5000円が相場となります。

 

送り手が30代になれば経済的にも余裕が生まれ、さらには故人との関係がより濃密であるケースが多々考えられます。よって祖父母が亡くなった場合は30000円、両親のいずれかが亡くなった場合は100000円、親戚等の親族が亡くなった場合は20000円、友人や知人さらには勤務先の上司やスタッフが亡くなった場合は10000円が相場となります。

 

そして送り手が40代の人であれば、祖父母が亡くなった場合は50000円、両親のいずれかが亡くなった場合は100000円、親戚等の親族が亡くなった場合は30000円、友人や知人さらには勤務先の上司やスタッフが亡くなった場合は10000円が相場となります。これらはあくまで一般的な相場ですので、無理して守る必要はありません。また昨今では金品を受け取ることを辞退する遺族も増えています。

 


宗派によって異なる表書きの違いと書き方

pixta_tegami_01

宗教や宗旨そして宗派によって、それぞれ異なる教義や作法があるのと同じように、香典袋の表書きにも、それぞれにふさわしい用語があります。また包む金額によってもそれにふさわしい香典袋があることを忘れてはなりません。まず、もし先方の宗教がわからないまま通夜や葬儀に参列する場合は、

 

御霊前ならびに参列者である自分の名前を表書きしておけば、たいていの宗教では問題視されません。ちなみに親鸞を開祖とする浄土真宗および真宗系で執り行われる通夜および葬儀の場合は、逝去後に往生して仏となるという教えから御仏前と記しておきます。より汎用性がある表書きとしては御香典があり、現金のみならず御供物にも使える表現であるだけでなく、通夜や告別式の他に四十九日等でも使えます。

 

御仏前という表書きについては浄土真宗および各派の真宗教団を除き、一般的には忌明け後となる四十九日以降に使います。御香料や御供物料という表書きについても、四十九日以降の一周忌や三回忌といった法事で使うのが一般的です。香典袋に表書きする名前の書き方についても、夫婦そろって会葬する場合は、故人との付き合いによって連盟にするか世帯主名にするか決定します。

 

もし妻が夫の代理として参列する場合は、夫の名前の傍らに内と小さく書き添えるのがマナーとなっています。また三名以上の連名の場合は目上の人から順に右から書き、包む金額については均一にする必要はなく、故人や遺族との付き合いに応じて個々に用意します。そしてお金を入れる中袋には、住所や氏名、金額を筆ペンなどで記します。金額については「5000円」とアラビア数字で記さずに漢数字で「金五千円」と記すのが一般的です。

 


知っておきたい香典袋のマナー

pixta_tegami_01

結婚式や稽古事の謝礼、パーティでのご祝儀などでは、人の手あかやシワのない新札を包むのがマナーとなっていますが、通夜や告別式において新札を使うのは最も慎むべき行為であり注意が必要です。新札を包むことには、故人が亡くなることを準備していたという意味合いがあるからです。

 

ですから、もし急ぎで香典を用意しなければならないケースで新札しか持っていない場合は、一度、自分の手で二つに折るなどしてから中袋に包みましょう。ただし、新札がダメだからといってボロボロのお札は使えばいいという訳ではありません。また香典袋のなかに中袋を入れる場合は、表と裏のどちら側が手前になっても問題になりませんが、

 

上下にかんしては同じ向きになるように配慮する必要があります。いっぽう中袋にお札を入れるさいには、お札の顔が印刷されている表側が中袋の裏側になるように入れるのが通例となっています。その理由としては、通夜や告別式後に喪家がお札を取り出すとき、中袋の表側を手前に見ながらお札を取り出したときにお札の裏面が見えるようになるというケースが考えられるからです。

 

いずれにしましても、地域や時代さらには価値観が多様化しているため、喪家および故人のライフスタイルなどで、葬儀におけるマナーや考え方が異なってきます。ですから、香典の金額や書き方などの例は、あくまで一般的なマナーとして理解し、相手にとって失礼のない形で、送り手の心がこもった香典で故人を偲ぶことこそがのぞまれます。

 

二元配置分散分析結果の書き方

二元配置分散分析という統計手法が存在しています。この様な手法を用いる学問の分野は非常に多くありますが、はっきりとした結果で白黒つけることが難しい確率で判断する分野においては...

「参ります」の意味と例文と書き方

「参ります」という言葉は、ラ行五段活用の動詞であり、謙譲語の「参る」の連用形である「参り」に、丁寧の助動詞「ます」が付いた形です。この参るという言葉は、貴人に対する下の者の動作の謙...

出産祝の書き方

出産祝というのは、赤ちゃんが無事に生まれたことを祝って、品物や現金を贈ることを意味しています。出産祝として品物を贈る場合には、おもちゃやベビー服やベビーベッド、ベビー用の食...

論文の書き方について

今年は、スタップ細胞が本当に存在するのかどうかという問題で大騒ぎになった年でしたが、ここに来て、どうやらスタップ細胞というものは存在しないという一応の結論が出されるに至ったようです...

奨学金申し込み理由の書き方

奨学金は未納問題が起きていることもあり、貸し出しの際の審査は非常に慎重になされています。さまざまな情報を記入する中で唯一文章を入力しなければならないのが、奨学金を志望する理...

「拝見しました」の意味と例文と書き方

文章の中で良く用いられる言葉で「拝見しました」という言い回しがあります。この言葉は、相手の文書や図面、書簡、書類などを自分が「見せて頂きました。」あるいは「読ませて頂きました。」と...

誰が見ても良い字を書くには

文字は、綺麗だと好印象なのですが文字の書き方によって、好ましい性格を印象付けることができます。鉛筆やシャーペンの持ち方は、親指、人差し指、中指の3本で三角形を作るように持ちます。 ...

吹奏楽スコアの書き方

吹奏楽とは、大勢の楽器演奏者が一団となって音楽を奏でる分野です。そして、その分野における「スコア」とは「パート譜(それぞれの楽器演奏者毎に違うそれぞれの演奏者専用の譜面)」...

美しく見える文字の書き方

教育上、私たちは手紙・レポートなどで文書を作成する際にはひらがな・カタカナ・漢字などの文字を組み合わせて文章を書きます。   手紙などの相手への思いを記す場合...

「ひとえに(偏に)」の意味と例文と書き方

ひとえに、という言葉は一重に、と書きます。これは唯一、という意味です。使う場面は二種類あります。ずっとその状態である、ということや唯一その理由しかないことを強く主張する場合です。 ...

スポンサーリンク