4月の挨拶(結び・文末)の例文と結びの挨拶と書き方

四季折々の変化があり趣を感じられるのが日本ならではの良さです。そんな四季の移ろいを感じさせるような時候に応じた適切な手紙やメールを読むと相手もとても心が和んで、配慮の気持ちを感じるようになるので、より真心がこもった手紙やメールになります。

 

特に、結びの言葉や文末のまとめ方というのは、とても大事な要素を持っているので注意をして書きましょう。今回は、4月の挨拶でどんなふうに結びをまとめたらいいのか例文と合わせて説明します。

 

まず、親しい間柄の方へ出す場合で

4月の挨拶で参考になる文末の例文を紹介します。転勤をした方へなら「新任地での生活が、実り多きものとなりますよう心より願っています。」とすれば、新任地でのスタートを祝っている気持ちを心から示すことが出来ます。

 

春のおだやかな季節ですので、「うららかな季節ですので、心も穏やかにお過ごしください。」と書けば、穏やかな暮らしを祈っているという気持ちを表現できます。
一方、春は雨も意外と多くなる季節ですので、「春雨で体を冷やしませんように、健康にはくれぐれもご留意ください。」と天気の変化が目まぐるしいので注意をして下さいという気持ちを込められます。

 

そして、春が終わりを迎える時期には

「行く春を惜しみつつも、貴方のますますのご活躍を祈っています。」というような書き方にすれば、春が過ぎ去る名残惜しさはあるけれど、相手にとってはこれからもますますの活躍を期待しているという心もちを表現できます。

 

そして、お花見などでは花冷えという言葉もあるように「花冷えの季節ですので、どうか体調を崩されませんように願っています。」と具体的な言葉を入れるとよりリアルに伝わるようになります。

 

それから、連休も目の前にしている頃なら「連休まであとわずかですね。何とか、気を引き締めて頑張りましょう。」とお互いに切磋琢磨しているストレートな気持ちを結びに入れても構いません。

 

同様に「連休もすぐそこです。楽しい計画をお立てください。」としても相手の感触が良くなります。引越などで別の地へ行かれた方には、「新たな環境で何かと落ち着かないでしょうが、無理せずお身体を大切に。」と相手の環境の変化に対する心配りを文末に入れるとまとまります。

 

「花便りも伝わる今日この頃、是非ご家族でお越しください。」と書けば、相手の家族にも良い季節になってきているので、来てもらうのを楽しみにしているという楽しい期待感を込めて結びをまとめられます。

 

次に、改まった間柄の場合で

4月の挨拶で参考になる文末の例文を紹介します。「陽春のみぎり、どうかご自愛専一に、ますますのご活躍をお祈り申し上げます。」というような丁寧な言い方があります。

 

そして、桜の季節は意外と寒さが戻ってくることもあるので、「花冷えの折、くれぐれもご自愛下さい。」と開花に応じた言葉で結びを締めくくるのもより季節感があり、素敵な文末になります。

 

ビジネス向けでは

「春陽の季節、貴社の更なるご発展を心よりお祈り申し上げます。」というような丁寧な言い方もありますので、良く用いられます。また、春は陽気の変化が大きいために、「天候不順の時節柄、ご自愛専一にてご精励くださいますようお願い申し上げます。」と健康面への気遣いを折り込むことも出来ます。

 

また、4月の挨拶では新生活がスタートしている場合もあるので、「新年度を迎えられて、何かとお忙しいことと存じますが、今後共ご支援ご厚情を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。」と書けば、丁寧でありながらも今後のお付き合いを引き続き行っていただきたいという誠意を伝えられるようになります。

 

また、返事が欲しいという用件の場合には

「新年度を迎えられご多用のことと存じますが、ご返事賜りたくお待ちいたしております。」とすれば、相手の忙しさを配慮した上で、返事を希望している旨を伝えられるので相手にとっても分かりやすい文末になります。さらに春麗らかな季節ですので、「春爛漫の折、どうぞお健やかにお過ごしください。」と季節感をあらわす言葉を入れるとより味わいがあります。

 

このように、4月の挨拶で結びをどんな風に締めくくるかを考える時には、相手の環境などを配慮した上で伝えたい言葉を具体的に入れることで、より心のこもった手紙やメールになります。

 

そして、春は花々が咲き乱れ楽しい季節である反面、気候が不順だったり、新年度になり何かと慌ただしく落ち着かなかったりする時期でもあるので、それぞれの環境に応じた適切な言葉を選んでまとめてみましょう。

 

結びの締めくくり方次第でとても素敵な思いやりの溢れる手紙やメールになるものです。例文を参考にして、相手のことを思いながらより丁寧な文章を書くように心配りをしながら手紙やメールを書いてみましょう。文末で相手への配慮を欠かさないことで、より和やかな気持ちが伝わるものになるので参考になさってみてはいかがでしょう。

論文謝辞の書き方

論文を書くときにお世話になった人に対してのお礼の気持ちを書いたものが謝辞です。強制ではなく、論文や卒論を書くときにお世話になった人へのあくまでも意識的なものなので、必ず書か...

家系図の離婚の書き方

武士の時代のように由緒正しき家にあるような家系図は、一般の家では見ることはなくなりましたし、自分の祖先がどのような暮らしをしていたのか、どんな人だったのかということは、あま...

清算結了の決算報告書の書き方

決算報告書とはその名の通り決算の内容をまとめた書類ですが、清算が結了した時には決算報告書と呼ばれる書類を2種類つくらなければなりません。1つは、税務署に税務申告を行う際に提...

キレイな字の書き方を身につけよう

パソコンが普及している最近ですが冠婚葬祭の記帳や、履歴書など手書きで字を書く機会もまだまだ多いと思います。文字が美しいと第一印象も変わります。   綺麗な字の...

ご霊前の書き方の手本

仏事があった際にもっていくお香典ですが、社会人になってからも正確な書き方をいまいち理解していないなと感じる人も多いのではないでしょうか。宗派によっては、香典袋の記載の方法と...

時をつなぐおもちゃの犬の感想文の書き方

イギリスの児童文学作家、マイケル・モーパーゴが書いた『時をつなぐおもちゃの犬』は、2014年の第60回青少年読書感想文全国コンクール課題図書に選ばれた本です。 &nb...

念書の書き方:お金

物やお金の貸し借りを行ったさいに記録として紙に残しておくものはさまざまあります。しかし、いずれも契約事になるとそれらに見合う書式を作る必要もあり収入印紙などを貼る必要がある...

面白い文章の書き方

文章というのは難しいものであり、書き方も人によってまちまちです。では人はどういった文章を面白いと思えるのでしょうか。面白い文章の定義に鉄則はありませんが、法則やパターンはい...

書き方は参考にできる手段がたくさんあります。

ひらがなやカタカナの書き方、漢字の書き順は、書道を学ぶと正しい書き方も学ぶことができます。書道は現在、学校の授業でも小学校から行われています。しかし学校では、文字を書くことだけなの...

入学祝い礼状の書き方例文

入学祝い礼状を書くときには、例文などを参考にして書き方を工夫してみるといいです。例文をそのまま利用してみるのもいいのですが、自分なりにアレンジして、より相手に伝わりやすいよ...

スポンサーリンク