板書計画の書き方

pixta_tegami_01

板書計画という言葉をご存じですか。一般では聞き慣れない言葉ですから初めて耳にする人も多いのではないでしょうか。 板書計画とは、学校の先生が授業中に大切なことを黒板に書きますが、その内容をあらかじめ自分なりにまとめて計画を立てておくことを指します。

 

  1. 1.板書計画を知っていますか
  2. 2.学校の先生に採用されたら
  3. 3.板書計画は授業の核となります
  4. 4.先生たちの努力の先にあるもの

 


板書計画を知っていますか

pixta_tegami_02

板書計画という言葉をご存じですか。一般では聞き慣れない言葉ですから初めて耳にする人も多いのではないでしょうか。 板書計画とは、学校の先生が授業中に大切なことを黒板に書きますが、その内容をあらかじめ自分なりにまとめて計画を立てておくことを指します。そもそも板書という言葉は、黒板に文字を書くことを指しているのです。

 

普段、学校の先生が何気なく黒板に文字を書きますが、ただ思いつきで書いているわけではありません。授業を始める前に、「今日はこのように板書をしよう。」と計画を立ててから授業に臨んでいる先生がほとんどです。ですから板書計画をきちんと立てている先生は、色チョークを使って児童、生徒がわかりやすくまとめているのです。

 

学校の先生は、学習する内容を事前に勉強してから指導していきます。それはどの教科においても言えることです。その事前勉強のことを教材研究とも言い、その中に板書計画も含まれています。およそ1時間の授業に対して、教材研究をして板書計画を行うわけですから、小学校の先生であれば1日5校時分の準備をしておかなければなりません。

 

学校の先生は授業だけでなく、宿題を確認したりテストを採点したりしなければなりません。また、それ以外にも学校内の仕事をそれぞれの先生たちが分担し任されているので、先生という仕事は見えない部分での苦労も多く、なかなかその努力が表に出ないことも多いので、楽しそうにも見えますが意外と大変な仕事でもあるのです。

 


学校の先生に採用されたら

pixta_tegami_03

学校の先生になったら初任者研修を受けなければなりません。初任者研修とは、教諭として採用された年にさまざまな研修を通して、学校の先生として大事なことを学んでいきます。学習指導から生徒指導や保健指導など、児童や生徒に関わるあらゆる分野において指導教員から学んでいくのです。

 

中には期限付き教諭として働いた経験がある人もいるでしょうが、大学を卒業したての人は初めて学校の世界に入るわけですから一から学ばなければなりません。特に小学校に採用された人は、1年目から学級担任を任される人がほとんどなので、若い元気なパワーを武器に、子どもたちと接していくことが重要とされます。

 

新規採用の先生はこの1年間で、授業の流れをつかみ指導法を学んでいきます。指導教諭が授業を参観し評価をしていきます。指導内容の良かったところ、工夫が必要なところなどを反省しながら、次に生かしていけるように指導していくのです。2年目からは指導教員はつきませんから、すべて自分でこなしていかなければなりません。

 

ですから最初の1年目は、どの先生にとっても勝負の年となるわけです。学校の先生になって、児童、生徒だったときの立場と教師としての立場の違いに戸惑う人も多いのですが、大抵は自分の理想とする教師像があって、それを目指して日々努力している先生がほとんどです。ベテランになっても日々変わりつつある教育に対し勉強を続けていかなければなりませんから、一人前とよべるのはずっと先のことなのです。

 


板書計画は授業の核となります

pixta_tegami_01

特に初任者の先生に求められるのは、教材研究の中でも日々の学習指導案と板書計画です。学習指導案とは、その授業の流れをおおまかに記したものですが、授業の導入、展開、まとめといった流れをあらかじめ考えておき、どんな指導を行うのか計画を立てておきます。ベテランになると自分のペースで進めることができますが、初任者の先生には学習指導案を書いておくことは特に大事な仕事の一つです。

 

また、それに合わせて板書計画も考えておかなければなりません。先生になったら板書計画の書き方も学んでいきます。チョークの色も白以外に赤や黄色、緑などといったいろいろな色がありますが、一度に何色も使うのはよくありません。どこに黄色や赤といったチョークを使用するかということもとても大事です。

 

その日の授業で大事なポイントに色チョークを使うことでメリハリが生まれ、どこが大事なところなのか一目瞭然にしておかなければなりません。 後ろの席の児童や生徒まで見えるように、またその時間の授業の流れが板書を見ただけでわかるようにまとめていくのがプロの仕事でもあるのです。

 

ですから板書計画はとても大事なことであり、児童や生徒にとって「今日の授業はおもしろかった。」とか「授業の内容がよくわかった。」という言葉が出てくるようにするためにも、事前の教材研究はとても大事であり、板書計画はきちんと練っておく必要があります。よくを言えば、板書計画を立てたら実際に黒板に書いて確かめるといいでしょう。

 


先生たちの努力の先にあるもの

pixta_tegami_01

このように学校の先生たちは、日々子どもたちのためにわかりやすい授業をするためにさまざまな努力をしています。ほかの学校に授業研究に行ったり、校内で研修をしたりしながら教師としての資質向上を目指しているのです。初任者の先生が独り立ちできるように周りの先生たちがサポートする体制が整っているので、じっくり研修に取り組むことができるのです。

 

反対にそこで学ぶ姿勢がしっかりできていなければ、その後の教師としての伸びも期待できないことになってしまうでしょう。学校の先生はほかのサラリーマンとは違い、はっきりと目に見えるノルマがあるわけではありません。それはある意味うらやましいことなのかもしれませんが、教師としての資質を問うはっきりとした基準がないため、

 

オールマイティにこなさなければならないといった難しい仕事でもあるのです。しかし先生たちが努力した結果が、児童や生徒に確実に反映され、一人一人に変化が見られる仕事でもあるので、これほどやりがいのある仕事はないでしょう。自分の力で子どもたちをよい方向へ変えていくことができるのです。

 

努力しなければ児童や生徒の芽を摘んでしまうことにもなりますし、努力をすれば大輪の花を咲かせることができる仕事です。やりがいを感じる仕事である反面、責任を負った仕事であることを自覚しなければならないでしょう。子どもたちが学校が楽しい、勉強がおもしろいと言えるのも先生たち一人一人の手腕にかかっていると言えるのです。

 

年賀状の書き方

年末になると恒例となっているのが、年賀状というものでこれはお世話になっている友人や、仕事仲間などに送るというものであり感謝の気持ちを伝えるものとして、定着されています。いつ...

勧告書の書き方

勧告書は人にある行動を勧めるための書類のことです。行動を改めるように推奨する警告文としての意味合いもありますし、企業や団体を退職することを勧めるための文章としても使用します...

「清祥・健勝・清栄・繁栄・盛栄・発展・隆昌」の違いと使い分け方と書き方

ビジネス文書でも個人の手紙でも、礼儀正しく書かなければならない文章においては、必ず必要になるのが時候の挨拶です。これには大きく分けて二つあり、前半は季節を絡めたさまざまな表現を用い...

上手な作文の書き方:小学

子供、特に小学生の作文は事実だけを書き連ねる報告書のような内容になりやすいです。なぜ、そういった内容になってしまうのかというと、テーマを強制されるからということと、作文で何...

寄付の依頼文の書き方

学校の運営というのは、もちろん国などからの補助金というものもあれば、他からのお金というものもあるわけですが、中でも必要不可欠なのは寄付金というものの存在です。 &nb...

不動産の使用料等の支払調書の書き方

  1.不動産を使用した場合も支払調書が必要 2.調書に記入すべき内容とルール 3.実際の書き方 4.記入上の注意点  ...

時をつなぐおもちゃの犬の感想文の書き方

イギリスの児童文学作家、マイケル・モーパーゴが書いた『時をつなぐおもちゃの犬』は、2014年の第60回青少年読書感想文全国コンクール課題図書に選ばれた本です。 &nb...

看護師の転職:職務経歴書の書き方

  1.職務経歴書とは 2.作成する前に準備したいこと 3.看護師の転職に必要な職務経歴書の書き方 4.看護師の転職の職務経歴書の書式 ...

美しい文字の書き方のコツは

字をきちんと書くことができる子は、書き順を守って正しい書き方で字を書いています。つまり、美しい字は、ただ書いてある字を真似するのではなく、書き順を守って書く必要があるのです。 ...

損害賠償請求書の書き方

事故や過失によって何らかの損害を被った場合、その原因となった人や対象に対して損害を補填してもらうように要求する必要があります。そのために使用するのが損害賠償請求書と呼ばれて...

スポンサーリンク