反省文(万引き/生活)の例文とマナーと書き方

値段の安いものを盗んだ場合でも、値段が高い物を万引きした場合でも罪の大きさは同じです。例をあげますと、近所にあるお菓子屋さんなど、つまりこどもがいくようなところに、それほど金額がたかくないようなものが販売されていることが多いですが、それこそ10円や100円単位と言った物ばかりの中、それをぬすんだからといって、それほど相手に損害を与えると言うほどではないはずです。

 

10円の商品を取ったら反省文を書くほどそこまで深く反省する必要があるのでしょうか。また値段がたかいものだから万引きはいけないのでしょうか。反省文をしっかりとこの場合は書かなければいけないのでしょうか。その点を見ていきます。

 

反省文を書くことが必要か

魔が差して店のものを盗んでしまったり、目の前に落ちていた物を周りを見たらだれもいないので、ついついポケットの中に忍ばせてしまったという経験がある人もいるかもしれません。しかしその時に万引きだと捕まったとき、又は警察に連れていかれたときに書かされるのが反省文なのですが、どのように書くのが正しいのでしょうか。

 

もちろん人のものをとってはいけません。自分が欲しかった物をお金を払わずに出て、その店から離れることは絶対にしてはいけないことなのです。

 

万が一、そういうことをしてしまった場合に

本来ならば店で反省文を書かされたり、または実際に警察に行って同じようなことをする場合でも、単に「これからはもうしません」とか「万引きをとても悪い行為なのでしっかりと反省したいと思います」というようなことを文章を書くのが普通だと思いますが、それだけではダメなのです。

 

心の底からきちんと反省し自分自身のしたことを悔い改めるという事、これから先、自分はどうすれば人のものを盗むなくて済むのかまたは止められるのかということを、きちんと書いて書く必要があります。

 

反省文とはそのときの盗んだことだけに限定して書くのではなく、今までに盗んできたならそれを改める気持ちや、これから盗みという行為はなんとしてもやめたいという悲壮なねがいをもって書くとよいでしょう。

 

盗んだ商品の値段で反省も変わるのか

普通では購入することができないような高価な品物に手をつけた場合は、「深く反省しています」とか「これからは二度としない」ということをいうのが一般的なようですが、これは反省文としてはよくありません。

 

なぜなら反省しているとか、二度としないとか当たり前のことで、本当に反省しているのかは文脈からは浮かび上がってこないからです。ましてや文章は考えて話をしていくのですが、そこに感情移入ができないものはやはり気持ちが伝わってこないものです。

 

盗んだ商品の金額の多寡は関係ないのです。大切なのはなぜ自分がそのとき盗もうと思ったのかということと、盗んで実際に警察などにつれてしまったときに自分はとんでもないことをしてしまったのだということをしっかりと文章にしてかきつつ、常に自分が被害にあったときのことを考えていた自分の行動を省みるようにしましょう。

 

反省文を書いていくにあたって

自分がしたことを反省したり、これからどのように悔い改めて行くのかと言うことを、とにかく自分の部屋で考え込んですることが反省するという意味ではありません。

 

本来ならば口頭などで被害者に対してしっかりと反省の弁を述べたら良いところを、わざわざ文章にして描き起こすというのは、口頭とは違っていい直しが聞きませんから、適当に書くというわけにはいきませんし、また書いたものは処分しない限りずっと証拠として残るわけです。

 

今自分が盗んでしまったことに関して反省文を書いても、店長や警備員などに見つからなければうまくいっていたのになど、反省よりも残念という意味で書く人が多いようです。しかしここは冷静になってみるとわかります。自分が窃盗をすると、なぜ人様に迷惑かけるのかと言うことを考えるとしっかりと悔い改める必要があるのです。

 

まとめ

窃盗行為、つまり万引きは決してしてはならないものです。しかし万が一間がさしたり何らかの形でぬすんでしまった時は、元の所有者に速やかに変換して、しっかりと反省し悔い改めるようにするべきなのです。

 

気がついたら商品がカバンの中に入っていたとか、商品を手に持っていてそのまま店を出てしまったというようなこともあるかもしれません。本当に窃盗の故意をもっていないのにもかかわらず、警察に通報された方もいるでしょう。

 

反省文は確かにきっちりその名の通り反省することを書くのですが、故意ではないことなど無実な事もかけるなら書いたほうがよいのです。反省すべき点はわるいこと、人に迷惑をかけてしまったことです。何もわるいことをしていないのに、あたかもしたかのようないわれ方をし反省しろと強制されたときは、真実を曲げてまで反省しなくてもいいので、その点まで反省する必要はありません。

 

反省文の書き方など色々な書き方は下記の記事も参考になります♪
タイトル:反省文が長文の場合の書き方

予告を入れることで内容が入りやすくなる

映画やテレビドラマ、バラエティなどをみるとき、よく目にするコマーシャルですが、実は文章を書くときの書き方も、このコマーシャルを上手に利用することで劇的に読み手にとって入りやすい文章...

会社からの香典の書き方・金額を横書きで書く方法

香典とは、抹香や線香や花の代わりに亡くなった方への供養の気持ちを表し、霊前に御供えをするもので不祝儀用の熨斗袋に現金を包んだものを言います。訃報の知らせを受けたら、お通夜・...

報告書の例文とマナーと書き方

ビジネスでは文書が武器であり 重要なことに違いありませんが、なかでも報告書は、次の仕事のステップにもつながることが多いので、特に重要なものとなります。もちろん、報告書と言って...

確定申告の書き方:駐車場

土地活用として駐車場経営を始めたら、一定の収入が入ってくることになります。収入があれば給料とは別に確定申告を行う必要があります。土地を活用する方法として注目を集めている駐車...

婚姻届の書き方

婚姻届の書き方として挙げられることとしては、夫と妻になるそれぞれの氏名を、記入の段階ではまだ旧姓にしておくことが大切だと言えます。早くパートナーと同じ苗字になりたいという意...

お客様に対するメールでの詫び状の書き方

  1.詫び状は始末書ではない 2.複数人にメールで送る際の宛名 3.冒頭は挨拶とお礼で 4.本文以外の形式とは?   ...

百分率貸借対照表の書き方のフリーソフト

各貸借対照表勘定科目金額と総資産金額における計算式である、百分率の貸借の場合の対照表のことを百分率貸借対照表と言います。   1.フリーソフトを...

論文謝辞の書き方

論文を書くときにお世話になった人に対してのお礼の気持ちを書いたものが謝辞です。強制ではなく、論文や卒論を書くときにお世話になった人へのあくまでも意識的なものなので、必ず書か...

面接のお礼メールの例文とマナーと書き方

今の世の中は大変便利なものになりました 昔は会社とのやり取りをするとき、資料請求をするときにははがきを一枚一枚書いて、それを各企業に送って資料を請求するという作業が必要でした...

弔電・お悔やみ電報(上司の親族)の例文と書き方

  1.私たちの暮らしは多くの人との関わりながら暮らしています。 2.電報は言葉の文字数によって金額が変わってきますので 3.とくにお悔やみ電報のときは ...

スポンサーリンク