香典袋の裏面の書き方

pixta_tegami_01

 

  1. 1.香典の意味、渡し方のマナー
  2. 2.香典袋のマナー
  3. 3.香典袋の書き方

 


香典の意味、渡し方のマナー

pixta_tegami_02

香典は、亡くなった方に対しての供養を表すものです。故人への思いを伝えるほか、遺族に対してはお葬式の費用に充ててもらうといった、現実的な側面も持ち合わせています。不祝儀袋につつみ、お通夜、告別式に参列するときに持参し、お悔やみの言葉とともにお渡ししましょう。

 

受け付けがない場合には、喪主や遺族に直接手渡します。また、香典を持ち込む際には、あまり人目につかないように工夫して持ち込むようにします。というのもお金ですから、むき出しのままスーツの内ポケットにしまったり、ビニール袋などに入れたまま持ち込むのは、失礼にあたります。基本的には、ふくさに包んで持ち込むのが礼儀です。

 

ふくさとは、香典を包むための四角い布のことです。別の場面では、ご祝儀を包むこともあります。慶事と弔事とで使われる色が異なりますが、紫色はどちらの場合にも用いることができるので、人気の高い色です。基本的には慶事には明るい色や暖色、弔事には暗い色や寒色が使われます。

 

現在は、ただの布ではなく、香典などがつつみやすいように、留めるための台や、爪がついている便利なものもあります。一枚持っておくと、なにかあった時に役に立ちますから、なにかの機会に購入しておくことをおすすめします。

 

受付で、香典袋をふくさに包んだまま取り出し、受付の人に表を向けるようにして香典を差し出します。もしも遠方の地で不幸があり、葬儀に参列できない場合には、現金書留で郵送します。このときにもきちんと不祝儀袋につつむようにしましょう。

 


香典袋のマナー

pixta_tegami_03

それでは、香典はどのように包んでいけばよいのでしょうか。ここでは、香典袋の一般的なマナーについてもおさらいしておきましょう。まずは、香典の金額ですが、亡くなった人と自分との関係の深さや、自分の年齢によって金額に多寡が生じます。付き合いが深いほどに金額の相場は大きくなり、若い人からの香典であるほど少額でよいとされています。基本的には、5千円から1万円の範囲のことが多いようです。

 

次に、お札を袋に入れる際の注意点ですが、基本的には顔のある面を裏側にして入れるのがマナーだといわれています。ですが、これは本当に地域によって差のある部分で、地域によっては一枚だけ顔のある面をこちらにしたほうがいいだとか、こまかな風習がある場合もあります。

 

ですが、とりあえずは同じ向きにそろえておけば間違いはないでしょう。地域や家ごとに特別な風習がある場合は、両親や祖父母に相談するほうがいいかもしれません。相談することというと、亡くなったかたの宗派を確認しておく必要があります。というのは、宗派によって、香典袋の表に書く言葉が変わってくるからです。

 

「御霊前」はもっとも無難で、仏教において広く使われているものですが、浄土真宗の場合には「ご仏前」と書くのが通常です。また、個人が仏教を信仰していない場合にはまた変わってきます。たとえば神道であれば「玉串料」などと書くこともありますし、キリスト教であれば「献花料」となります。

 

また、香典袋に新札を入れてはいけないとされています。これは、真新しいお札が入っていると、まるで死ぬことを見越していたかのように思われるということで、かなり広い地域で広まっている風習です。新札しかない場合には、いったん紙幣を二つ折りにするなどしてから入れるようにしましょう。

 

また、逆にしわしわだったり、ひどく汚れている紙幣を使うのは避けるようにしましょう。また、香典を包む際には、市販の香典袋を購入することかと思います。現在は香典袋もさまざまにあります。

 

コンビニで売っているような水引きが印刷されているものから、実際に水引きがついているものまで、いろいろな種類のものが市販されています。基本的には、香典の金額が5千円程度であれば印刷のものでよく、1万円以上であれば水引きがついている豪華なものを利用することが多いようです。

 


香典袋の書き方

pixta_tegami_01

香典袋には、中包みと上包みがあります。まずは中包みに紙幣を入れ、それから上包みでくるむようにします。上包みのくるみ方は、中包みを中央に置き、左、右と被せた後、下、上の順に折り重ねます。上の紙が下の紙に覆いかぶさっているような形にします。この上下を逆にすると、ご祝儀袋と同じ折り方になってしまうので、非常に失礼に当たります。注意しましょう。

 

この際、中包みと上包み、どちらにも糊付けは必要ありません。折りたたむだけで大丈夫です。中包みは、表面に中に入っている金額を書き、裏面に贈り主の名前などを書きいれておきます。

 

まずは、表面の書き方ですが、位置は紙面の中央に縦書きで、金壱万円、のように漢数字で書きいれます。このとき、筆記具には薄墨を使用します。現在は筆ペンにも薄墨用のものがありますので、それでもかまいません。市販の袋によっては、横書きで記入スペースが印刷されているものもあり、アラビア数字で記入することも増えてきているようです。
 

漢数字で横書きでもかまいません。裏面には、氏名住所を書き入れますが、これは遺族がお礼状を書く際に必要になってくるものですので、書き忘れないように留意しましょう。葬式は突然の出来事ですし、遺族は式の最中にばたばたしていますから、書き忘れがあっても気が付かないことがあります。あとで問題にならないように、こちらから配慮する思いやりが必要です。

 

ここでも薄墨を使用します。余談ですが、薄墨で書くのは涙で濡れているさまを表現しているといわれています。表を縦書きで書いた場合には、裏面も縦書きで書きいれます。通常の郵便で封筒に書きいれるのと同様に、中央の糊付けされている部分の右側に住所、左側に氏名を住所より一回り大きな字で書きます。できるだけ正式名称で書くように心掛けましょう。縦書きの場合は、番地なども漢数字で書きいれます。

 

また、上包みにも表裏ともに文字を書き入れます。表には、「御霊前」など、亡くなった人の宗派に合わせて適した言葉を書き入れ、下に贈り主の名前を書きます。裏面には、贈り主の住所と包んだ金額を書きます。中包みと同様に、金額は漢数字で表記するのが基本です。

 

香典の書き方など色々な書き方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:会葬者名簿の書き方:金額の欄
タイトル:香典の書き方について
タイトル:ト報回覧の書き方
タイトル:香典の書き方:代表取締役社長
タイトル:ペット葬儀の香典袋の書き方

被保険者住所変更届の書き方

被保険者住所変更届は2枚あるのをご存知でしょうか。これらの変更届は例えば結婚などによって配偶者が増えたり、結婚をすでにしていて引越しをした時などにできるだけ速やかに提出すべ...

退職した人の手紙の書き方

勤務していた会社から退職することになった時は、上司や同僚に対してこれまでお世話になったことへの感謝やお礼の気持ちを伝えることがあるでしょう。送別会の席や退職する日の挨拶等で...

講習会案内状の書き方

自社サービスを利用しているお客様や取引先企業に方に講習会の案内状を送る際、気をつけるべき書き方について説明します。   1.書式と記載内容 ...

ビジネス文書の書き方について勉強する

ビジネスなどの場面においては、プライベートの時とは違って、社内での上下関係があったり、取引先との顧客関係が存在しています。そのため、社会的なお付き合いとしての挨拶が必要になる場面も...

スラスラ読める文章の書き方のコツ

文章のなかには、一度読んでみてもその内容がスっと頭に入ってこないものもあります。そうした文章は、多くの場合、読み手のことを意識して書かれていません。上手な文章とは、読み手がスラスラ...

「ご愁傷様」の意味と例文と書き方

ご愁傷様の意味と正しい使い方を紹介します。「愁」という言葉は「愁える」とも読みますので、悲しい思いを持っているという意味になります。   さらに「愁傷」になれ...

小学生のための読書感想文の書き方

  1.本の選び方 2.読書メモをつけましょう 3.文章の流れを考えましょう 4.必ず読み返しましょう   ...

志望動機の書き方について

仕事を探す際に必ず必要になるのが履歴書です。履歴書の書き方において多くの人が頭を悩ませるのが志望動機の欄です。学歴や職歴などはその時点ではどうにもなりませんが、志望動機というものは...

新しい機械購入のための稟議書の書き方

どの会社でも、お金を使用するときには、その役職やポジションによって自由に使用してよい範囲内があります。それを超えて使用したいときには、何らかの制限を設けているものです。 &n...

サンキューDMの書き方

DMはダイレクトメールの略称です。ダイレクトメールは一般的には広告を宣伝する意味で郵送物として送られてくることが多い言葉です。企業や団体の広告宣伝的な意味合いも強いのですが...

スポンサーリンク