医療費控除の交通費の書き方

pixta_tegami_01

医療費控除を受けるという際には、確定申告を提出するという必要があります。最近では、インターネット上のフォームに、必要事項を入力することによって、簡単に申請ができるということもあり、利用するのも気軽にできるようになってきています。
 
しかし、医療費控除に関しては、提出すべきものというのが、自分自身で作成しなくてはいけない交通費の部分が入ってくるので、すべてフォームが作られているというわけではないので、注意が必要です。提出までに時間がないという時にあわてることなく、医療費控除を受けられるような知識をつけておくということが必要です。

 

  1. 1.交通費が申請できる範囲とは
  2. 2.交通費の詳細の書き方を知ろう
  3. 3.かんたんに交通費を記載している人もいます
  4. 4.フォームを作って毎年利用するのも便利です

 


交通費が申請できる範囲とは

pixta_tegami_02

では、医療費控除を受けたいという時に、考えるべき交通費ですが、どういったものが申請できるのかということを理解しておきましょう。一般的に公共の交通手段、つまり電車やバスというものを利用した場合には、交通費も医療費控除の申請に含めることができます。しかし注意しておかねばならないのは、自家用車を使用したという時です。

 

車を使って出かけたという場合、マイカーに関しては医療費控除の申請に含められないとされています。もちろん車のガソリン代や、現地で駐車する時の、パーキング代も申請できません。遠い所まででかけるため、マイカーを使ったのにというようなことでも、申請はできないという事なので、気を付けておきたい部分です。

 


交通費の詳細の書き方を知ろう

pixta_tegami_03

では、マイカー使用以外の、公共の交通手段を利用しての通院に関しての、申請書の書き方にうつります。こちらは、どのような交通手段を使用しているか。何処から何処までの駅でしようしたのか。その金額はいくらか(片道、往復相互に記載しておくといいでしょう)ということの3点を主に記載しておきましょう。

 

実際どのようにかけばいいのかわからないというのであれば、表のようにしてしまうと、書きやすいというメリットがあります。
 
①日にち
②交通手段は何を利用したのか、たとえばJR〇〇線やバスの名前などを記載します。
③どこからどこまでその交通手段を利用したのか
④片道の交通費
⑤往復でかかった交通費を記載します
 
この5つの部分を表にしてまとめてしまうことで、自分自身が見直すのにも非常に便利となりますし、ぱっと見てわかりやすいものともなるのでお勧めです。交通費は、通院した日にちの、医療費に含めて計算し提出をするということになります。その際に、日にちの確認や、いくらだったかというような確認というのを自分自身でも、最終確認をする必要があるということが出てくることがあります。

 

そういった際に、この一覧表というものを作っておくことによって、すぐに適切な支払いを見ることができるということにもなるのです。特に、交通費というのはいちいちチェックするというのも面倒ですし、公共交通手段というものを利用しているといううえでは、領収書がないということも、チェック漏れの原因ともなります。

 

せっかく医療費控除を受けるという事であれば、きちんと間違いなく、申請をするということが望ましいのではないでしょうか。自分自身が間違えないように、ということも含めての、一覧表作りをお勧めします。

 


かんたんに交通費を記載している人もいます

pixta_tegami_01

上記のように、細かく一覧表を作っているという人もおおいのですが、実はもっと簡単に交通費の申請をしているという人もいます。一番簡単なのは、医療費の領収書の裏に、金額と利用手段を記載しておくというような方法です。こちらに関して言えば、パソコンなどを使用することもなく、ほとんど手間もかからないというような物となっています。

 

レシートの裏面に、ちょこっとボールペンで交通費がいくらかかったかというものと手段を書いておけばOKだったというような人もいるので、ほとんど医療費に含めるべき交通費負担がなかったというような人であれば、こういった方法を選択するというのも可能なのではないでしょうか。

 

とはいえ、毎回通院に交通費がかかってくるという事であるならば、間違いがないようにチェックできる体制を作るということは必要になってくるはずです。できるだけ、自分自身が楽に確認できるようなものを、選択するように心がけましょう。

 


フォームを作って毎年利用するのも便利です

pixta_tegami_01

毎年のように医療費控除をするということが必要な人であれば、自分自身で表のフォームを作っておくというのも便利です。基本的な内容、日付、交通手段、片道料金、往復料金というような表を作っておくことにより、コピー&ペーストで同じ部分に関してはすぐに記載できるということがポイントです。

 

どうしても手書きで書いてしまうと、一つ一つの記載が非常に面倒であるということにもなります。パソコンを使用して、さらにフォームを作っておくことによって、煩雑な記載内容を一挙にまとめて、入力をすることができるというのも、時間がない時には特に便利だと感じられるのではないでしょうか。

 

とくに、家族全員の分の医療費をまとめて、提出しなければいけないというような場合には、家族ごとに表を作成してしまえば、まとめやすく、見やすいものとなり、個別に確認するという作業もできるようになります。医療費の領収書が多いという場合には、それだけ交通費に関してもチェックすることが多くなります。

 

出来れば月単位でまとめたり、上半期、下半期というようにしてまとめるなど、確定申告のまえまでには、ある程度のまとめをしておくということが、間違えなく、そしてあわてずに申告するできるようにもなるので、配慮しておきましょう。

 

フォームを作っておくと、いつまで入力してあるというのがすぐにわかるので、まとめやすいということにもなります。面倒で大変な申請作業を、少しでも楽に進めていくために、賢く利用できるものを考えていくという事が必要です。

 

年に一度の確定申告ですが、事前準備をきちんと行うことによって、作業の軽減ができるということを理解し、負担が増えないようにするための作業を行うようにすることが大切だと言えるのではないでしょうか。

 

今まで確定申告をしていなかったという人も、さいきんはふるさと納税などをするということで、確定申告の必要性が出てくる場合もあります。きちんとした知識をもち対処していくことが重要です。

 

医療費控除の申請書の書き方など他の色々な書き方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:医療費控除申請書の書き方
医療費控除の書き方など色々な書き方は下記の記事も参考になります♪
タイトル:確定申告の医療費控除の書き方の例:交通費 EXCEL

表彰盾プレートの書き方

  1.トロフィー、表彰盾の使い分けは? 2.記念品の注文方法 3.表彰盾プレートの書き方   トロフィー、表彰盾の...

復職願いの書き方

復職願いは嘘偽りなく正直に履歴書に記入することによって面接でも素直に返答することができます。変に嘘をついていると面接時に失敗する可能性が高まりますので危険です。会社に復帰す...

札の書き方:社名

慶事と弔事とを問わず、会社から先方へ花を贈る時には、社名を入れた立て札を添えて贈ります。単純に花を贈るだけでは、受け取る方にとっては、どこの誰から送られたか分かりにくいもの...

16分割メモの書き方

仕事をしているときや勉強中、また違う場面でも、メモをする場面はたくさんあります。でもメモって後でどこに書いたかわからなくなってしまったり、雑然としてまとまっていなかったり、...

折りたたみ式巻紙の書き方

結婚式、入学式をはじめとした様々な式典で訪れる、祝辞や謝辞、挨拶の機会。暗記だけでは不安です。かと言って原稿用紙を確認しながらお祝いや感謝を述べるのでは、「読む」ことに集中...

封筒のサイズ別の住所の書き方

封筒に住所や宛名を書く場合にも、様々なマナーがあります。また縦書きや横書き、洋封筒によっても書き方が異なり、さらには会社宛てやビジネスでの書き方もマナーがありますので、しっ...

分離課税の書き方

分離課税というのは普通に生活をしている人にはあまり耳にする言葉ではないかもしれません。特に一般のサラリーマンをしている家庭にとってはほぼ関係のない言葉であると言えるでしょう...

12月の手紙の書き方・例文

  1.12月の手紙の書き方の基本の流れ 2.12月の時候の挨拶の例文 3.12月の結びの挨拶の例文 4.12月の手紙の例文 5.12...

パスポート住所欄の書き方

パスポートの一番最後のページには「所持人記入欄(INFORMATION ON BEARER)」という欄があります。これは旅券所持人の氏名や現住所等を任意で記入する欄で、万が...

卒論のインタビューの書き方

まず、インタビューする前に相手の事を事前調査します。直近の活動は勿論、今後の行動について調べておくことも大事になっております。関連書籍や雑誌等は出来る限り目を通しておいた方...

スポンサーリンク