学校生活での反省文(遅刻等)の例文とマナーと書き方

日本では約15歳、中学校卒業までが義務教育とされており、それ以降は本人の意思で進学するということが前提です。その為高校や専門学校などは、入学時に誓約書なるものを書かされることも多く、その学校の決まりを守れない場合は退学処分も受け入れますということを、誓わされていることも珍しくはありません。

 

子供といえども、社会人として働くことも認められている年齢である限り、組織の中に入ればその組織の規律を乱さず、集団の中の一員として、他人に迷惑をかけずに行動するということの必要性を、身をもって体験していかなければなりません。

 

人は一人では生きていけないもので、規模の差はあれど、その組織の中で人との協調性が図れないということは、これから先長い人生を歩んでいくうえで、自分に取って大きなマイナスとなり得ることなのです。

 

学校というものは

小さな社会と揶揄されることもあるように、大人になり本物の社会に出ていく前の、予習ができる貴重な場でもあります。まずはこういったコミュニティーで、円滑に周囲と歩調をあわせながら行動できるか、ということを学び、ここで様々な問題にぶつかりながら、その都度立ち止まり、考え、行動するという一連の体験は、今後必ず意味のあるものとなり、人を何倍にも成長させてくれることでしょう。

 

さて学校生活の中では

いろいろな決まり事があり、それに違反した場合は教師から口頭で注意を受け、場合によっては反省文を書くことを要求されることもあります。反省文というものは、感想文ではないので、まず何のためにこのような文章を書かなければならないのかといったことを考え、自分の何がいけなかったのか、何が規則に違反していたのか、そして自らの行いに対する謝罪、そして今後同じ過ちは犯さないという誓いを立てなければなりません。

 

数ある規則の中でも、学生のあるなしに関わらず、人として守らなければならない時間を守れなかった遅刻による反省文の場合、今後の違反回避に当たっての具体的な対策案は必須で、本当に心から反省しているかどうかを、読み手側に見極められる重要な要点といえます。

 

自分の過ちに対して言い訳をするのではなく、間違いを素直に認め、謝り、直すことは、私たちが小さな子供のころから親に教えられてきた基本的なことでしょう。時間が守れないということは、すべてにおいてルーズな人間だというレッテルを貼られてしまうことにもつながり、早い段階で修正しておかなければならない悪習です。

 

始業時間から逆算し、何時までに最寄り駅に着かなければ間に合わないか、そのためには何時の電車に乗ればよいか、それには何時に起きればよいか、こういったことが理解できなければ、これから先、生きていくための対価としてのお金を得るための仕事に就くことができなくなってしまいます。

 

なぜ遅刻をしてしまったのか

その原因を自分なりに分析し、同じ事態に陥らないようにするにはどうすればよいのかといった改善策を見つけ、それを実行にうつすという約束をしなければなりません。

 

反省文にはそういった要点をしっかりと記載し、文章を書きながら、その内容をしっかりと心に誓いましょう。遅刻は、ただ単に朝起きられないということだけが原因ではないことも多く、起きてからの行動が遅いという場合もあります。

 

身支度として自分がしなければならないことを箇条書きにし、それぞれに何分使うという計画を立ててみましょう。毎朝の身支度は、ある意味ルーティンワークなので、自然と体内時計で身についていくものなのです。ここまでの作業は何時までに終わらせる、という目標を決めそれを確実に守れるように何度も練習しましょう。

 

しかしこのスケジュールは、あまりにもギリギリで決めてはいけません。一つ一つの工程にわずか数分でも余裕を持てるように計画し、何かアクシデントがあっても対応できるように決めておくことが成功へ導くカギです。

 

この習慣は、学生期間が終わり、社会人となり働きだすうえでも、またプライベートのお付き合いでも、必ずや必要とされることです。

 

時間にルーズな人間は信用できないという経営者も多く、遅刻癖を直しておかないと、いつかどこかでとんでもない大失態を犯してしまうことは間違いない、といっても過言ではありません。

 

学生だからと授業に遅れることを何とも思わないようになってしまうと、おそらく社会人としてもまともには生きていけないでしょう。時間は万人に取って平等に与えられたものです。

 

その時間を自分なりに配分することは

成長するにしたがって身に着けていかなければならないことであり、それができない人間というものは、社会からは弾きだされてしまいます。

 

好きなときに寝て、起きて、食べて、遊んで、そんな夢のような世界はどこにもなく、そういったことをしてしまえば、いつかどこかで必ず自分に跳ね返ってくるもので、大きな代償となって支払わなければならなくなるでしょう。

準確定納付書の書き方

準確定納付書の書き方についてですが、これは意外と知らない人が多いのが特徴です。確定申告をすべき人が死亡していたりすると代理人や相続人がする事になります。少し面倒ではあります...

会社宛見積書の宛名の書き方

会社宛見積書などビジネスシーンでの宛名の場合には、基本的に先方の会社名に「御中」を付けるのがふさわしいといわれています。よくありがちなミスとして株式会社を(株)として略して...

業務災害用の様式第5号の書き方

業務災害用の様式第5号は「療養補償たる療養の給付請求書」と呼ばれる請求書類の通称です。労働者は、通勤中や業務上で負傷したり、何らかの疾病にかかったときに、療養が必要であると...

報告書書の書き方

業務日報・報告書書を作成する場合には、まずその報告書の目的をはっきりさせる必要があります。一般的には日々の業務の記録化や、進捗状況の確認などが目的になりますので、そのような...

出産祝い目録の書き方

親しい友人や会社の同僚、親戚などに赤ちゃんが誕生したら、出産祝いを贈ることが一般的です。通常は出産祝いの品物を買って直接手渡したいところですが、場合によっては目録を贈ること...

家計簿の書き方

  1.まずは一ヶ月つけてみましょう。 2.自分に合った記入方法を見つける 3.マイルールを作ってしまおう 4.つけることより、見直すこと...

結婚式電報(職場の上司)の例文と書き方

結婚式で職場の上司から送られる電報は、新生活を始める2人にとって一生の記念となる大切な存在です。披露宴で紹介される電報の中には、新郎新婦それぞれのお世話になっている方々から心のこも...

新聞の見出しの書き方

新聞の見出しには、当然ですが書き方があります。その禁止事項について述べる前段階として取材しなければならないというのがあります。この取材の良し悪しによって、その記事の生き死に...

色々な目的に合わせた書き方

文章の書き方について考えてみると、起承転結が、しっかりしていると、きちんと文章が締まるようです。なかなか書き慣れていないと、急に書こうとしても、語彙も不足しているため書けないことも...

評価育成システムの書き方

会社にとって有望な人材を育てるにはきちんとした評価育成システムを導入することが必要です。教職員にも活用することができ取り組み状況を適切に記録、評価してその結果に基づいて指導...

スポンサーリンク