作家になるための小説の送り方

自分が書いた小説を、ある出版社に送って新人賞を狙いたいと思っている人は、数多く存在しております。ですが、小説は書いたものの、原稿用紙への書き方がわからないという人は多く、最近ではそのような人のためにどのようにして小説を書いていけば良いのか、原稿用紙への書き方。

 

そのほかパソコンでの印刷の仕方、新人賞を狙うためにどの出版社へ送れば良いのか、また、新人賞へ1度応募して落選した小説を、別の出版社の新人賞へ送って良いのかどうか、インターネットのホームページやブログなどへ載せているサイトも出てきたりしております。

 

新人賞に書かれている必要事項や物語の書き方は

主に原稿用紙を中心に文字数や枚数を載せていたりしますが、最近ではパソコンが普及し始めていることもありまして、パソコンのワープロからつづって印刷するためも文字数も載せている新人賞の募集をかける出版社も出てきておりますから、そこのところは自分でしっかりと調べて、気になることがありましたら出版社へ問い合わせて聞いたほうが良いです。

 

新人賞について出版社に問い合わせることなんてして良いのかと思う人はいるかもしれませんが、ちゃんと新人賞のための小説を募集している出版社なのでありますから、そこのところは責任をもって対応してくれると考えて良いのです。

 

そして、どの出版社に送るかなのですが、出版社によってどのような小説を書いた人を選ぶのかはそれぞれ個性があったりします。

 

たとえば、冗長な文章の小説が好まれるか

短くまとめられながらも文章テクニックが活かせているものなのか、自分を深く見つめられているような文章を書いているものか、など、出版社によっては選考する内容や文体など変わってきたりするので、自分が書く小説はどの出版社から募集されている新人賞に合うのか、しっかりと調べて把握して応募しなければなりません。

 

そして、1つの出版社の新人賞で落選した小説ですが、それをほかの出版社の新人賞へ送ることはしてはいけません。実は、作品を読む審査員は作家なのです。

 

その作家が1つの出版社だけの審査員となっているとは限らず

Aの出版社で新人賞の審査員をしながら、Bの出版社でも審査員をしていることがあるのです。なので、1つの出版社での新人賞に落選したものを別の出版社の新人賞へ送り、落選にした審査員とまた同じ審査員のいる新人賞への応募に送ってしまうことがあるため、1度投稿した作品は別の出版社へ送ることはしてはいけないのです。

 

落選した小説はほかの出版社で受け入れられると思うのはやめて、落選してしまったことを受け入れ、また次の新しい作品作りに取り掛かっていくことが大事なことになるのです。

 

小説の書き方など色々な書き方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:ノンフィクションの書き方

報告書の例文とマナーと書き方

ビジネスでは文書が武器であり 重要なことに違いありませんが、なかでも報告書は、次の仕事のステップにもつながることが多いので、特に重要なものとなります。もちろん、報告書と言って...

お礼状の書き方:病院

誰もが健康でいたいと思っている毎日ですが、いくら気を付けていても病気になったり思わぬことでけがをしてしまうという事もあるものです。   1.病院...

アンケートの書き方例

  1.アンケートの意味 2.アンケート依頼文の書き方のポイント 3.依頼文の書き方例   アンケートの意味 ...

年賀状の書き方:名前の順番

  1.年賀状の基本マナー 2.宛名の書き方の基本 3.年賀状の宛名、名前の順番は?   年賀状の基本マナー ...

「取り急ぎ」の意味と例文と書き方

文章作成能力がビジネススキルとして注目されるようになっています。電子メールでのやりとりを行う機会が増えたことにより、スピーディーな情報共有が可能となりました。   ...

お礼状の書き方の:内定

お礼状にはいろいろな種類があります。それぞれに書き方というものがあるので、それをしっかりと理解していれば、すぐに書くことができるようになります。なので、基本的なことをまずは...

特別微収のしおりの書き方

サラリーマンであれば特別微収という言葉を聞いたことがある人は少なくないでしょう。この特別微収というのは住民税に関する特別な対応のことを言います。一般に住民税というものは収入...

進退伺いの書き方について

業務上で、会社に損失を与えたり、信用を失墜させて会社の営業活動にマイナスの影響となるような行為をした場合に、一定レベルの管理者は「進退伺い」を提出することがあります。 &nb...

年賀状の書き方や基本について

お世話になった方や会社の上司、古くからの友人など、その年の感謝の気持ちと新たな年への決意なども込めて、年賀状を送るのが基本となります。   遠く離れた友人との...

「平素」の意味と例文と書き方

ビジネスの文章では、平素からご愛顧いただき、という文章がありますが、平素とは普段、平常という意味で使われる言葉です。いつも、という副詞的な使用をすることが多いです。 &nbs...

スポンサーリンク