「ご高配」の意味と例文と書き方

ビジネス文書や目上の人に対する手紙などでよくつかわれる文言の中には、意味が似通っている言葉が複数みられることもあります。このような場合には、それぞれの単語の詳しい違いなどについて熟知しておかなければ、誤った使い方をしてしまい、相手にかえって悪い印象を与えることにもなりかねません。

 

また、その単語を知っていても、文章の中でどのような使い方をするのかについても知っておかなければなりませんし、どのような意図があるときに使うのかということも重要になってきます。

 

これらのポイントを踏まえて

文書を作成すれば、オリジナルの文章でもきちんとした内容になりますし、相手にも伝わりやすくなります。そのため、社会人になって間がない人、職種を変えたことにより、ビジネス文書を頻繁に書かなければならなくなった人は特に、気になる単語や定型文などがあれば、それらの持つ意味をきちんと調べて、例文を複数参考にして、自分の言葉として使いこなすことができるようになりましょう。

 

ビジネス文書でも目上の人などに送る手紙でも見られる単語の一つとして、「ご高配」があります。この言葉は意味的にはほぼ「ご配慮」と同じであり、相手の心配りを敬意をもって表現している言葉になります。

 

相手が取引先などの企業であっても

親戚や上司などの個人であっても使うことができる単語で、便宜や強力、賛同、資金などの援助といったものを希望しているとき、またはそれらを受けたときのお礼などに使われることが多いです。

 

ご支援やご協力といった言い方をすることもありますが、ご高配の方が内容をぼかしている言い回しになっていますので、あまり表だってサポートを希望していることを伝えにくいとき、また、第三者がみてもどのような支援をしたのかを知られたくないときなどに使用するのもよいでしょう。

 

文章の内容によっては

ご支援やご協力などの言葉と言い換えることはできますが、この単語は目上の人や親会社、立場が上または対等である取引先など、自分よりも立場が上になっている人や企業などに対して用いられますので、より敬意を込めた言い方をしたいときに向いています。

 

一方、立場が下になる子会社などに対して書類を作成するときには、ご高配と書くと逆に嫌味にとられてしまう可能性もありますし、本来の使い方として正しくはありません。そのため、ご配慮といった言い方に替えたほうが無難でしょう。

 

この単語を使った例文としては

相手方にこれから支援等を希望する場合には、「拝啓 時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。さて、当社はこのたび、○○に新たに支店を設立することになりました。

 

つきましては、御社の関連会社である△△会社にご挨拶に伺いたく存じますが、ご担当者様にお時間を作っていただけませんでしょうか。なにとぞご高配のほど、よろしくお願い申し上げます。敬具」といった感じでまず以来の文章を具体的に作成したうえで、配慮を促すといった書き方にすると相手も意味を取り違える心配がありません。

 

また、相手方から何らかの支援や協力、配慮などを得られた後のお礼状等では、文中に「このたびの身に余るご配慮に対し、衷心より御礼を申し上げます」や「これもひとえに、御社のご高配の賜物と大変ありがたく、感謝いたしております」などのように記載します。

 

これらの文書は、実際に具体的なサポート等を得ていない場合の社交辞令として使うこともできますので、日ごろお世話になっている取引先や遠方の親戚等に対して送ることも可能です。

 

また、関わりがあってからある程度期間が経過したという場合でも、この言い回しであれば具体的な何かをしてもらったということを明言していませんので、使用可能です。

 

たとえば、前の職場でお世話になった上司に、転職先で昇進したことの報告などをする場合にも、以前の会社で面倒を見てもらったことによって、新しい職場で仕事がスムーズに進められたといった意味合いで使うことができますので、現在の職場と全く関係のない全上司に対しても違和感を感じない文書になります。

 

このように、ご高配という単語は非常に使い勝手の良い言葉です。

立場が上の相手に対しては、配慮よりも使いやすいといえますが、明らかに何のかかわりもない相手にこの単語を使うと、社交辞令とはいえ違和感を感じる文書になることもありますので、さじ加減には十分に注意しましょう。

 

また、この単語は文書の中に組み入れるときにそれほど特殊な使い方をするわけではありませんが、普段使い慣れていない単語であるだけに、似たような使い方をしている例文がないかを探しておいた方がよいでしょう。

 

初めて関わる企業等に対しては、あまり使わないほうがよい場合などもありますので、ある程度なじみがある相手、立場が自分よりも上になっている相手に限定で使用することから始めてみると、失敗もそれほどせずに済みます。

文字の書き方はなぜあるのか

子供が初めて文字を認識するとき、それは何から始まるのでしょうか。数字の子もいるでしょう。カタカナの子もいるでしょう。はたまたアルファベットの子もいるでしょう。しかし、通常日本人は、...

企業の手紙の書き方:最初

企業から手紙を書く際には、会社のイメージというものをよくも悪くもしてしまうことにつながるため、色々なところで注意をしなければならないものです。   ...

法人向け車庫証明の書き方

  1.名義を確認する 2.注意するべき項目蘭   名義を確認する 車庫証明は個人と法人の場合で書き方が変わってき...

自動車委任状の書き方

自動車を購入する時、売る時、登録を変更するときなどには関連する様々な書類を提出しなければなりません。もし、それをすべて自ら行なうことが可能なら、委任状は必要はありません。し...

フローチャートの書き方

私たちは何らかの処理を行おうとする時、その手順を予め定めておく場合があります。 特に、それが定まった処理の時はそれを図に表すことによって、他の人にもわかるようにすることが...

正しい書き方を習得する

現代人にとって文字を書くという機会が減ってきています。それは、パソコンやスマートフォンなどを使うことが多い生活になってきているからです。文章などを書く機会が減ってくると、ますますペ...

備忘録の書き方

  1.備忘録の必要性 2.備忘録から自分を知る 3.なるべく良い物を使う 4.存在してしまった物と例文   備...

反省文(学生・中~大学)の例文とマナーと書き方

周知の通り、一般的に子どもは「保護される側」ですが、社会という共同体においては「保護する側」であり、同時に自己責任の場でもあります。   その中でも、子どもが...

ビジネスでも読書感想文でも使える文章作成のコツ

  1.このような文章を発信する際に大切なのは 2.見出しや題名にそこまでの魅力を感じない場合は 3.また、ふたつめのポイントとしては  ...

念書の書き方~浮気につて~

念書の書き方についてですが、浮気についての念書の例文はあとで紹介するとして、まずは、念書の特徴についてみてみましょう。基本となることですが、この用紙さえあれば法的な効力があ...

スポンサーリンク