トロフィーの帯の書き方

pixta_tegami_01

スポーツ少年団や地域のスポーツチームなどでトロフィーを用意しなければならない場合があります。そのような場合には帯にチームメンバー全員の名前だけではなく、監督、コーチなどの名前も記載することが増えてきています。

 

  1. 1.団体競技でのトロフィーの帯の書き方
  2. 2.個人競技でのトロフィーの帯の書き方
  3. 3.トロフィーの帯は手書きか印刷か?
  4. 4.トロフィーの帯の調整方法

 


団体競技でのトロフィーの帯の書き方

pixta_tegami_02

スポーツ少年団や地域のスポーツチームなどでトロフィーを用意しなければならない場合があります。そのような場合には帯にチームメンバー全員の名前だけではなく、監督、コーチなどの名前も記載することが増えてきています。基本的に書き方としては第一回優勝〇〇〇〇平成〇〇年◯月◯日というような基本的な情報と、

 

後は名前を入れていくことになるのですが、人数が多くなっていますのでレイアウトなどに注意しなければなりません。とくに決まりはないのですが、場合によっては「優勝」の字を赤などの色で目立たせたり、字体を変えたり、字を大きくすることもできます。名前の書き方ですが、

 

マジックペンなどで書くと滲んでしまい後で名前が読めなくなってしまう場合もあるので注意しましょう。とくに団体競技の場合には参加人数が多くなってしまい、名前字体もかなり小さくする必要がありますのでできれば印刷や刺繍などが好ましいといえるでしょう。刺繍加工の場合には立体感がでるのでかなり高級な仕上がりになりますし、後で字が薄くなってしまったりすることもありません。

 

しかし字が小さい場合には刺繍という特性上、刺繍ができないというケースもありますので依頼業者によく相談しておきましょう。印刷はより手軽で費用も安いというメリットがありますので、あまり費用がかけられない場合や参加人数が多すぎるような場合には印刷も良い方法になります。トロフィーに使う帯のサイズについても様々なサイズがありますのでよく吟味するようにしましょう。

 


個人競技でのトロフィーの帯の書き方

pixta_tegami_03

ゴルフなどの個人競技でのトロフィーの帯の書き方としては、第一回優勝「名前」〇〇〇カントリークラブ、スコアOUT IN 、平成〇〇年◯月◯日というように書くのがひとつの方法です。これはゴルフコンペに関する基本的な情報をすべて帯に記載するという方法になりますが、もっとシンプルにするというのもひとつの方法になります。

 

とくに定期的に開催されているコンペ大会であれば、わざわざ大会の名前を帯に書く必要はありませんので、基本情報として「第◯回 優勝 氏名」だけ記載することも良い方法です。基本的に帯に様々な情報を書くとゴチャゴチャした印象になりますので、スッキリと基本情報だけを書くというケースが多いようです。

 

帯の素材にもよりますが、マジックペンなどで名前を書いてしまうと、字が滲んでしまったり場合によっては字が薄くなってしまう場合もあります。定期的に開催されている大会の場合にはトロフィーや帯も何年にわたって使うことになりますので、印刷したり刺繍をすると良いかもしれません。

 

ペナントリボンの刺繍加工は費用や時間がどうしてもかかってしまいますが、印刷に比べるとかなり高級な仕上がりになりますので、大会の規模などによってはオススメの方法になります。最近ではインターネット注文ができる業者も増えてきていますので、いくつか吟味してみることができるでしょう。トロフィーの帯の素材や大きさや太さについても様々な種類がありますので、トロフィーの大きさなども考えて選ぶ必要があります。

 


トロフィーの帯は手書きか印刷か?

pixta_tegami_01

トロフィーの帯の字を手書きにするか、印刷にするか迷うケースというのは少なくありません。手書きというと滲んでしまったり、字が後で薄くなってしまうというデメリットに注意してしまいがちですが、費用がかからないことや手軽であるというメリットもあります。例えば優勝が決まった時点で字を入れれば、そのまま持ち帰ってもらうことができます。

 

印刷に関しては、印刷のなかでも様々な方法があり、それぞれにメリットやデメリットがあります。例えばカッティングシートを使うという方法がありますが、この場合には納品スピードが早いというメリットがありますが、剥がれやすいというデメリットもあります。フルカラー印刷加工の場合には色とりどり加工ができるというメリットがあるものの、
 

完成やデザインに時間がかかってしまうというデメリットもあります。このようにそれぞれ特徴がありますので、トロフィーが必要となる状況に応じて上手に選んでいく必要があるといえるでしょう。手書きか印刷かのほかに、刺繍という選択肢もあります。一般的に規模が大きかったり、

 

公的なイベントの場合には刺繍された帯を使うケースが多いともいわれていますが、刺繍の場合には仕上がりの高級感が最大のメリットになります。しかし費用がかかってしまうほか、小さい字の場合には刺繍ができないというケースもありますので、団体競技などでのトロフィーには向いていないといえるかもしれません。いずれにせよ専門業者とよく相談しておくことが重要です。

 


トロフィーの帯の調整方法

pixta_tegami_01

トロフィーに必要な名前や文字を書き終わったものの、余白が大きく余ってしまったという場合があります。そのような場合には無駄な余白部分を調整すると、トロフィー全体を美しく仕上げることができるようになります。調整方法は簡単に言うと「余った部分をカットする」ことになるのですが、

 

ただやみくもにハサミでカットしようとすると失敗しやすいので注意しましょう。カットする手順としては、まずペナントリボンを縦半分に折り、斜めにハサミを入れていくようにします。45度を目安にしてカットするようにすると美しく仕上げることができます。最近では百円均一などでも手芸用ハサミというものが売られていますので、

 

それらのハサミで仕上げるというのもひとつの方法になります。トロフィーの帯というのはあらかじめサイズが決まっているものですが、そこに書く名前や文字の大きさなどをあらかじめ業者に相談しておくことによって無駄な余白をできるだけ少なくすることができるでしょう。最近ではインターネットなどで注文ができる業者も増えてきています。

 

その場合にはインターネットメールなどのやりとりになりますので、とくにこだわった仕上がりを望んでいるような場合には時間がかかってしまうかもしれません。トロフィーの帯の字といっても印刷にするか、手書きにするか、刺繍にするかでだいぶ費用や手順などが変わってきます。トロフィーが必要な状況などもそうですが、主催者や幹事などとも相談して作成依頼をするようにしましょう。

 

退職の挨拶状の書き方について

退職する理由は人それぞれですが、先々のことを考えると退職の挨拶状を送っておくに越したことはありません。会社の業績不振などを理由に半ば強制的に退職させられたような場合ですと、なかなか...

機械図面の書き方

  1.機械図面を書く前に 2.機械図面の枠の選び方や書き方 3.図面の投影法について   機械図面を書く前に ...

推薦書用封筒の書き方

  1.推薦状/推薦書とは 2.失礼のない宛名の書き方 3.推薦状を依頼する前に   推薦状/推薦書とは ...

弔電の正しい送り方とマナーと書き方

弔電のマナーや効果的な送り方を詳しく知りたいという場合、インターネットで調べてみると良いでしょう。まず弔電とは、人の死をいたみ悲しむ気持ちをあらわした電報のことであり、故人の訃報を...

オークション出品者の連絡先の書き方

  1.不要品の処分に便利なネットオークション 2.連絡先の大まかな書き方 3.大切なポイントの補足   不要品の処...

添え状の書き方

  1.添え状とは 2.添え状の正しい書き方 3.用紙などパソコンで作成してみる 4.添え状書き方その他の注意点   ...

案内文の書き方

案内文はさまざまな用途で使うことがあります。ビジネス上の案内文でしたら祝賀会や展示会、年末年始や夏季の休業案内、移転案内等、取引先やお客様に向けてさまざまな案内状を作成...

地形の断面図の書き方

断面図とは横から見た図のうち、その内部構造が分かるようになったものです。横から見た図は外観だけしか分からず内部構造がどのようになっているかは判別できませんが、断面図にするこ...

「貴殿・貴台・貴公」の違いと使い分け方と書き方

ビジネス文書にしても個人あての手紙にしても、文書内で自分のことや相手のことを意味する単語を使用しなければならないことは多々あります。   定型文や常用的に使わ...

地方法人税の書き方

税金には、毎日の買い物と切り離せない消費税を始め、所得税や法人税、平成27年に大改正があった相続税と、関連性が強い贈与税などのほかに、耳になじみがないところでは軽油引取税や...

スポンサーリンク