定年される恩師への手紙の書き方

pixta_tegami_01

最近は手紙を書く機会が減ったという人も多く、ほとんどメールですませているという人も多いのではないでしょうか。いざ手紙を書こうにも、書き出しに悩んだり、どのような文章を書けばいいのか悩んだりするのが面倒だという人も多いようです。

 

  1. 1.メールとは違う温かさがあります
  2. 2.恩師が退職されると知ったら
  3. 3.感謝の気持ちをそのまま書けばよいのです
  4. 4.感謝の気持ちを込めて

 


メールとは違う温かさがあります

pixta_tegami_02

最近は手紙を書く機会が減ったという人も多く、ほとんどメールですませているという人も多いのではないでしょうか。いざ手紙を書こうにも、書き出しに悩んだり、どのような文章を書けばいいのか悩んだりするのが面倒だという人も多いようです。日本全国、毎年恒例の年賀状も出さないといった人も増加しつつあります。

 

しかし手紙をもらったら、誰しもうれしいものです。ポストを開けたら自分宛の手紙が入っていることを想像してみましょう。何とも言えないわくわくした気持ちになりませんか。「手紙の送り主は誰かな。」と、手に取るまで誰から来た手紙かわからないといったサプライズも手紙ならではです。

 

こういったわくわくした気持ちは、メールでは決して味わうことができないものです。メールをもらってうれしいという気持ちは手紙ほどの感動を味わえません。やはり気持ち的には半減してしまうでしょう。それだけ手紙は人の心を動かしますし、相手はうれしく思うものなのです。

 

時々、ちょっとしたお礼に手紙を書いて送る人がいます。季節の絵柄が入ったすてきな便せんに、そっとひと言あいさつやお礼の言葉を添えるという何ともすてきな計らいです。女性なら、大人のたしなみとしてまねしてみたいでしょう。

 

手紙はふっと思い浮かんだ人に書いてみるのがいいかもしれません。普段なかなか会えない人に言葉を添えておくってみませんか。長い文章ではなくてもいいのです。ちょっとした言葉が相手にとってうれしいものなのです。

 


恩師が退職されると知ったら

pixta_tegami_03

小学校や中学校、高等学校でお世話になった恩師は誰しも一人ぐらいは頭に浮かぶでしょう。日常では恩師のことを思い出すことはなくても、昔の友人との思い出話や卒業アルバムや文集を開いたとき、当時の自分に返ったようで、まるでタイムスリップしたかのような気分になるはずです。そして恩師との思いでも蘇ってくることでしょう。

 

風の噂で当時お世話になった先生が退職されると知ったら、定年される恩師へぜひ手紙を書いてみてはいかがでしょうか。「今の自分があるのも、あの時の恩師のひと言がなければ、今の自分はここにいなかった。」といった人も中にはいることでしょう。学生時代は反抗して、たくさん迷惑をかけたという人もいるかもしれません。

 

今までの感謝の気持ちや自分の近況を添えてぜひ定年される恩師へ手紙を書いてみましょう。きっと先生も喜んでくださるに違いありません。定年退職というのはどの仕事においてもそうですが、長年勤め上げた職場を去ることになります。それまでは「退職したら有意義な生活を送ろう。」とか

 

「自分の趣味を生かして第2の人生を楽しもう。」といった気持ちでいるのでしょうが、いざ退職することになったら、何とも言えない寂しさでいっぱいになるようです。特に学校の先生は、退職したらただの人になってしまうので子どもたちから「先生、先生。」とよばれて慕われることがなくなります。これは長年勤めてきた職場を離れるうれしさよりも、どちらかと言えばとても悲しい気持ちになるのです。

 


感謝の気持ちをそのまま書けばよいのです

pixta_tegami_01

先生にとって教え子の存在はとても大きなものです。子どもが好きで学校の先生を目指した人がほとんどですから、昔の教え子が自分のことを覚えていてくれ、さらに退職祝いに手紙を書いて送ってくれるということは、これほど教師冥利に尽きることはないでしょう。

 

書き方にこだわる必要はありません。恩師を侮辱するような言葉や、批判するような内容でなければかまいません。恩師をイメージして便せん選びから楽しみましょう。さまざまな便せんがあり、可愛いものからシックなものまで幅広い分野の便せんも豊富です。相手の好みに合わせて選んでもよいでしょう。

 

また恩師との思い出のみならず、自分の心境や状況を知らせておくことも大事です。恩師にとって、児童や生徒はいつまでもあのころのままなのです。恩師の中では、一緒に過ごした時間はあのときのまま止まっているのです。ですから「立派になったなあ。」とか「大人になったなあ。」と実感してもらうためにも知らせておきましょう。

 

恩師との思い出話はぜひ書いて欲しいのです。恩師との感動したできごとやうれしかったひと言などに触れるとよいでしょう。きっと恩師も懐かしく思い、うれしく思ってくれるに違いないのです。

 

そして長年勤めてきた恩師へのねぎらいの気持ちや、今後の自分の豊富も添えておきましょう。恩師にとって教え子の活躍ほどうれしいものはないのです。やんちゃだった子どもたちが、立派な大人になって社会に貢献している様子に感動を覚えるのです。

 


感謝の気持ちを込めて

pixta_tegami_01

お世話になった定年される恩師へ書く手紙は、恩師の手元に渡ったら最高の贈り物になるはずです。きっと喜んでくれるに違いありません。数十年前の思い出が現在に蘇ったような錯覚に陥り、その時の匂いや空気まで一緒に運んでくれるものです。大人になっても10代の頃の記憶は鮮明に残っているものです。自分も童心に返ったような気持ちになるでしょう。

 

恩師も同じことです。きっと学級でともに過ごした日々を懐かしく思い、教師生活を振り返ったとき充実した半世紀だったと思えるはずです。手紙は、人の心を温かくしてくれる上、思いやりや感謝の気持ちを忘れてはいけないという無言のメッセージも添えられているのではないでしょうか。ですから手紙を読んだら、心がじーんと温かくなったり目から熱いものがこみ上げてきたりすることもあるでしょう。

 

長い間手紙を書いていないと思ったら恩師に書いてみましょう。すでに退職されていたとしても、時期や時間は関係ないものです。大事なのは。「ありがとう。」という感謝の気持ちを伝えたいという思いなのです。特に恩師のひと言で人生観が変わったという人や、恩師のおかげで強くなれたといった人もぜひ、書いてみましょう。

 

もし、卒業と同時に感謝の気持ちが伝えられていなかったとしたら、数十年ぶりの「ありがとう。」です。恩師もきっと喜んでくれるでしょうし、手紙を書く自分自身も人に優しくできそうな気持ちになれるでしょう。手紙は不思議な力をもっているのです。

 

お礼状の書き方:贈り物

お中元やお歳暮、結婚祝い、出産祝い、入学祝い、お見舞いなど、プライベートにおいてもビジネスにおいても、贈り物を受け取る機会はたくさんあります。最近では贈り物に対するお礼の気...

弔電の正しい送り方とマナーと書き方

弔電のマナーや効果的な送り方を詳しく知りたいという場合、インターネットで調べてみると良いでしょう。まず弔電とは、人の死をいたみ悲しむ気持ちをあらわした電報のことであり、故人の訃報を...

お礼状の書き方の例文

  1.お礼状を出す意味 2.結婚祝いのお礼状の書き方の例文 3.結婚祝いを頂いた時のお礼の書き方 4.入学祝いのお礼状の書き方 5....

ビジネスブログに掲載する文章の書き方のコツとは

ブログに掲載する文章を書くなら、まず概要を作りましょう。つまり、アウトラインのことです。アウトラインを作るときは、ワードなどに書きたい内容を箇条書きにします。   ...

添え状の書き方

  1.添え状とは 2.添え状の正しい書き方 3.用紙などパソコンで作成してみる 4.添え状書き方その他の注意点   ...

インターネット注文の注文書の書き方

最近、インターネットの普及によって、ものを買うときの購入方法まで変化が表れてきています。目当ての商品を探すにしても、画面上で見ることができ、たいていの物がそれで、済んでしまうように...

住宅ローン控除の連帯債務の書き方

共有の住宅を夫婦や親子など連帯債務の住宅ローンを組んで取得した場合、各自が申告するとそれぞれにローン控除を受けることが出来ます。住宅ローン控除の適用を受ける場合には、初年度...

喪中はがきの書き方:義父の場合

年賀状は一年を無事に過ごせた事に感謝し、新しい年の幸せを願って出すものです。自分自身や家族の幸せというより、年賀状を差し上げる先様の幸せを願います。喪中はがきというのは、年...

リスト:文章の句読点の書き方

句読点というのは、文章を読んでいる人が読みやすいことを目的として用いられるものですが、それは簡単なようであってなかなか難しいという側面を持っているものと言われています。 ...

企画書の書き方

  1.企画書を書く目的について 2.企画書の書き方 3.企画書の構成   企画書を書く目的について 企画...

スポンサーリンク