研修の感想文の書き方

pixta_tegami_01

研修の感想を書くにあたって、どのようなことを研修で行ったのかをはっきり記載する必要があります。感想文の形式などにもよりますが、箇条書きにする場合にはそれら様式にあった形で記載することが重要です。

 

  1. 1.まずは研修の内容をはっきり確認しよう
  2. 2.感想文の言葉遣いには注意が必要
  3. 3.見た目の美しさを意識しよう
  4. 4.ただの「感想」だけで終わらせない

 


まずは研修の内容をはっきり確認しよう

pixta_tegami_02

研修の感想を書くにあたって、どのようなことを研修で行ったのかをはっきり記載する必要があります。感想文の形式などにもよりますが、箇条書きにする場合にはそれら様式にあった形で記載することが重要です。箇条書きでない場合には、長々と書くのではなく簡潔に行った事が分かるように記載するというのは重要なポイントになります。

 

研修の内容のなかには、細かくて記載するかどうか迷ってしまう部分もあるかもしれません。そのような場合には責任者に簡単に尋ねてみるのもひとつの方法です。研修の内容のなかには、メインともいえる内容がありますので、感想文を記載する場合にも、まずはそのメインの部分について具体的に記載することを意識するのが重要になってきます。

 

なかには細かな内容だけを記載して、メインともいえる内容がおろそかになってしまったというケースもありますが、そのような場合には後で評価するのが難しくなりますので注意しましょう。職種や研修にもよりますが、場合によっては内容が複雑で様々な業務が含まれている場合もあります。

 

それで、可能であればなるべく研修中にはメモをすることを意識して感想文を書く際に思い出せないというミスを避けるようにしましょう。また研修をしている上で分からない専門用語や具体的な手順などについてもしっかりとメモをしておき、感想文のなかにその単語を反映させることで、やる気や意欲というものをアピールすることができるようになりますので意識しておきましょう。

 


感想文の言葉遣いには注意が必要

pixta_tegami_03

感想文を記載するにあたって注意しなければならないのは「内容」と「言葉遣い」です。せっかくの内容がよくても言葉遣いが幼稚であったり、あまりにも誤字脱字が多いという場合にはマイナスポイントになってしまうので注意しましょう。言葉遣いに関しては基本的に「ですます調」ですが、報告のような場合には「〜である。」などの文調のほうが良いかもしれません。

 

例文などがある場合には、それらの例文に沿った言葉遣いをするように心がけましょう。さらに論理的に書くようにするというのも重要になってきます。ただ「こう思った。」というのではなく「このような理由があったので、こう思った」というように記載することによって、より説得力のある感想文に仕上げることができます。

 

さらに消極的なことやマイナスポイントになるようなことは、なるべく書かないようにするということも重要です。どうしても消極的なことを書かなければならないという場合には、そこからどのようなことを学んだかなど積極的な視点を取り入れるというのは重要なポイントになります。さらに基本的なことですが、

 

最近では「ら抜き言葉」や「若者言葉」を感想文などに書いてしまうケースが増えているといわれています。普段からなるべく新聞や活字に慣れておき、正しい言葉遣いなどを身につけておくというのは、感想文作成だけに限ったことではなく重要だといえるでしょう。誤字脱字などについては、最期にもう一度見直しをする習慣を身につけることで避けられます。

 


見た目の美しさを意識しよう

pixta_tegami_01

言葉遣いも良くて内容も問題ないけれど、感想文を読むのが疲れてしまうという場合があります。そのような場合の原因になるのが「見た目」です。例えば最初から最後まで余白がないテキストというのは、どうしても読むのが辛くなってしまいます。また要点などがパッと見てわかりづらくなってしまうというのも、余白がないテキストのデメリットになります。

 

それで感想文を作成する場合には、効果的に余白を入れて全体的に美しいかどうかを確認しながら作成するように心がけましょう。余白を入れる際に注意したいのが、ただ余白を入れれば良いというのではなく、文章にまとまりを入れるようにするという点です。文章が長々としていてまとまりがないのであれば、どんなに余白があったとしても傍から見て分かりづらい文章になってしまいます。

 

感想文の書き方としての基本は「5W1H」だといわれていますが、これはWho(誰が) What(何を) When(いつ) Where(どこで) Why(なぜ)したのか How(どのように)をはっきり記載するということになります。このようなポイントを押さえて、見出しに余白を入れるだけで、とてもスッキリして読みやすい文章が完成します。

 

実際に文章を作成してみてよくわからないという場合であれば、やや遠目からテキストを見てみて全体的にバランスが良いかどうかを確認してみるというのは簡単な方法です。また最近ではインターネットなどで例文なども掲載されていますので、それらのバランスを参考にするのも良いかもしれません。

 


ただの「感想」だけで終わらせない

pixta_tegami_01

感想文ということですが、ただ研修で見たことや聞いたことを書くだけでは不十分です。研修の感想文を作成することには、その研修から実際的な知識を得るという目的があります。それで研修の感想文のなかには、研修からどのようなことを学んだのかなどを記載する必要があるといえるでしょう。

 

具体的にどのような事をしたか、ということに含めてなぜそのことを行ったのかや、全体との業務との関連性などを見極める必要があります。場合によっては単純な作業でどんなことを学んだのかが分からないというケースもあるかもしれませんが、その作業にはどのような意味が込められているのかを作業中に責任者などに聞いておくというのは良いことです。

 

学んだことを書くという場合には、どうしても主観的になってしまいがちですが、主観的なレポートというのはともすると独りよがりなものになってしまいがちです。それで感想を書く場合であっても、どうしてそのような感想になるのかを論理的に説明する必要があります。論理的に説明するためには、研修内容をしっかり理解していなければなりませんし、

 

その作業の意味というのも理解しておく必要があります。また研修の目的や狙いというのも重要になります。新人研修のようなものなのか、見学研修のようなものなのかによっても研修目的は異なってきます。それらの目的をまず念頭において、どのようなことを学んで考えることができたのかをまとめることで、理想的な感想文を完成することができるようになります。

 

看護要約の書き方

看護要約というのは、看護サマリーともいい、患者が入院するときや、あるいは退院や転院するときに、これから受け入れてもらう先の病院や施設、患者の家族などに対して渡される患者の情...

定年退職祝いの例文とマナーと書き方

定年退職は男女を問わず人生の一つの区切りとなりますし、これからの人生を見つめ直すきっかけになるでしょう。そこで定年退職祝いは、長年社会のために尽くしてきたことへの労いの気持ちと、第...

相続放棄申述書の書き方

家族が多額の借金を背負ったまま他界した場合、その借金の責務は法定相続人に継承されますが、法定相続人は相続を拒絶することもできます。これを相続放棄と言います。   ...

「所存」の意味と例文と書き方

「所存」という表現は企業における取引先への挨拶など、ビジネス文書の中では良く使われる言葉です。しかし、その本来の意味を熟知して使用している人はどれだけいるのでしょう。 &nb...

吹奏楽スコアの書き方

吹奏楽とは、大勢の楽器演奏者が一団となって音楽を奏でる分野です。そして、その分野における「スコア」とは「パート譜(それぞれの楽器演奏者毎に違うそれぞれの演奏者専用の譜面)」...

高校入試の作文小論文の書き方

高校入試でも作文や小論文など記述力を必要とする問題が出題されるようになりました。どちらも論題や議題に対して自分の意見を持ち、筋道を立てて説明します。問題の意図を正確に理解し...

反論・不服・抗議の言葉の例文と書き方

日々の暮らしは平穏なことばかりではありません、ときには相手の言い分に反論したり不服を感じ抗議をしたくなることもあります。   それでも面と向かって意見を交換し...

野球のスコアの書き方

少年野球等のチームでは、スコアラーがスコアをつけることが必須になります。スコアをつけることによって試合の流れも分かり、試合中に円陣を組んだ際に監督やコーチが先の指示などを選...

目録の書き方

目録の書き方を例文も交えて見ていきますが、目録とはそもそもなんなのかご存知でしょうか。目録は収蔵しているもののリストとしての意味もあれば、贈り物などの実物の代わりに相手に贈...

再年調の納付書の書き方

税金には、日常生活で最も目にする機会が多い消費税をはじめとして、所得税や法人税、相続税、贈与税に、あまり身近に感じられないゴルフ場利用税や入湯税、軽油引取税など、たくさんの...

スポンサーリンク