礼状の書き方

pixta_tegami_01

生活をしていると、職場の方であったり知り合いの方とかかわる機会が出てきますが、誰かにとてもお世話になった場合であったり、特別なお祝をいただいたりすることが生活のなか起こることは珍しいことではありません。

 

  1. 1.お礼状を出すタイミング
  2. 2.お礼状でよく使われる表現
  3. 3.書き出しの知識をきちんと持つ
  4. 4.書状のポイントの確認

 


お礼状を出すタイミング

pixta_tegami_02

生活をしていると、職場の方であったり知り合いの方とかかわる機会が出てきますが、誰かにとてもお世話になった場合であったり、特別なお祝をいただいたりすることが生活のなか起こることは珍しいことではありません。そんなときはお世話になってから時間をかけることなくすぐに感謝の気持ちを込めてお礼状を書くことが一般的なマナーになってきます。

 

特にお祝い品として金品を贈られた場合には、金品を送ってくれた相手にお祝いを確かに受け取りましたということを伝えることにもありますのでマナーを守っていただいてから三日以内に速やかにお礼状を出することがとても大切になってきます。タイミングは逃してしまうと、せっかく好意で贈り物をしてくれたのに相手にも心配をかけてしまいますし、

 

人によっては不快感を感じてしまう方も多いので頂いた場合はその日のうちにお礼状を書く事をおすすめします。お礼状の書き方がわからずお礼状の内容だけではなく他の要件を書いてしまうとお礼の意味が薄くなってしまう恐れがありますので、相手に合わせてお礼状の書き方を見直すことも大切になるのです。

 

書き方がわからない場合には例文などが掲載されているサイトをチェックする方法もありますし、お礼状の書き方を詳しく掲載しているハンドブックなども販売されていますので、事前に用意しておくといざという時でもすぐに対応することが出来ますので、お礼状を書いた経験のない方でも安心して描くことが出来るようになり便利です。

 


お礼状でよく使われる表現

pixta_tegami_03

お礼状を書くときに一番利用される機会が多いのが、一般的なお礼状形式です。主にビジネスなどの場で使用する事がありますので、比較的目上の方に向けた形式で書くことが大半だとされています。一般的なお礼として使われる例文として挙げられるのが、

 

「御心づかいいただき、ありがとうございました。」や、「お力添えくださいましたことを厚くお礼申しあげます。」や「並々ならぬご高配を賜り、感謝申しあげます。」などを利用する事が多いとされています。ここでお礼状を書く上での大切なポイントとしてお礼状を差し上げる方が目上の人の場合、形式を踏まえて書く場合が多いですが、

 

目上の方に向けた場合ではない時にはかしこまった形式を使わずに前文省略でも十分だと言われています。また形式的にはきちんと封筒を利用した封書にすることがマナーだと言われていますが、このようなお礼を伝える場合何より大切になってくるのが、すぐにお礼を相手に伝えることになりますので封書ではなくハガキを利用する方も増えてきています。

 

どうしても丁寧に送りたい場合には封書を送ることももちろん可能です。お礼内容をスマートに書く上でとても大切になってくるのは、内容を簡潔に書くことだとされています。いくら戦法にとてもお世話になったからと言って主観でズラズラと長い言葉をつづるよりも、先方の厚意でどのように感謝したいのかなどを具体的かつ簡潔に書くことで短い書状でもきちんと相手に感謝の意思を伝えるには十分だとされています。

 


書き出しの知識をきちんと持つ

pixta_tegami_01

普段手紙などを書く機会がないという方は多いですが、多くの手紙や礼状の書き出しにはよく「前略」という言葉が使用されている場合が多いとされています。しかしきちんと「前略」の正しい意味を把握して利用しているという方は少ないとされています。まず書き出しに使用する言葉として「拝啓」を利用する場合も多く、

 

この「拝啓」とは頭語と呼ばれており手紙の全文には主にこの言葉を利用する事が多いのです。書体としては頭語を入れてからその後に 時候の挨拶を書くようにします。この時候の挨拶は日本の四季に合わせて季語を利用した定型文を入れるようにすると季節感が出て形式文としても纏まりの良い仕上がりにすることが出来ます。

 

そのため「前略」の意味はその名の通り全文を略しますよという意味になりますので、手紙の中で時候の挨拶を使用する場合には「前略」と略さずに「拝啓」と入れることが大切になってきます。「前略」と入れているのに時候の挨拶が入ってしまうと言葉の意味を把握できていないと相手に伝わってしまいとても恥ずかしい思いをしてしまうので注意が必要です。

 

せっかく手紙を出す相手にきちんと本文の内容を把握してもらったり、相手に快く読んでもらうための時候の文を「前略」の一言で済ませてしまうのは手紙としてとても勿体無いので、利用する時には十分注意して利用する事をおすすめします。このように書き出しの知識を持ってお礼状や手紙などを書くようにするとよりスマートな形式で書くことが出来ます。

 


書状のポイントの確認

pixta_tegami_01

ビジネス状でお礼状などを書く場合、自分の字に自信を持つことが出来ない方などは気軽にパソコンで書状形式を打ち込んでプリンターで印刷してしまうという方も多いですが、相手に感謝を伝える上で機械的な文字ではきちんと読んでもらえない場合がありますので、確実に相手に読んでもらうためにも手描きで書くように心がけることをおすすめします。

 

また近年になってメールでの連絡も一般的になってきていますので、お礼状をメールで送るという方法も一部では利用されてきていますが、メールだけの場合内容を流し読みしてしまう恐れもありますので、手書きの礼状を書くことによって受け取った側の記憶に強く残ることが出来るため、その後のビジネスにおいて

 

より良い結果に繋げていくきっかけにすることが出来るようになりますので、ビジネス上でメールを利用している方は一度封書で送ってみることを検討してみることをおすすめします。また手書きにする場合ゆっくり綺麗な字で書くことも大切になります。せっかく手書きにしても汚い字では相手も読む気がなくなってしまいますし、

 

丁寧な字で出来るだけ大きな字にすると相手も読みやすく内容も把握しやすくなります。封書を利用する場合どのような便箋を利用すればいいのかわからないという方も多いですが、一般的に礼状に使用する封筒・便箋は、シンプルな白無地のものの方が一般的に好まれますし、何より清潔感がありますので男性、女性どちら宛てにも安心して利用する事が出来ます。

 

礼状の書き方など色々な書き方は下記の記事も参考になります♪
タイトル:入学祝い礼状の書き方例文

面接カードの書き方

重大なミスをして上司及び関係者に謝罪をする必要があるときに一般的に始末書や顛末書というものを書きます。これは謝罪をするとともにそのミスがどのような経緯でなされたのかを説明し...

トロフィーの帯の書き方

スポーツ少年団や地域のスポーツチームなどでトロフィーを用意しなければならない場合があります。そのような場合には帯にチームメンバー全員の名前だけではなく、監督、コーチなどの名...

昇格論文の書き方

  1.昇格論文とそのテーマ 2.昇格論文で用いる論理的思考の検証 3.論理的であることの必要性   昇格論文とその...

祝儀袋の書き方:宴会

祝儀袋の用途は意外に広く、宴会の際も参加費用を包むのに使われる事があります。参加費用の徴収は事前や事後に実施される事も多くありますが、当日徴収の場合は、この使い方で幹事...

文章の書き方を考察する

一言で言いましても、文章の書き方というものは、様々なものがあるわけです。それは手紙の書き方から、作文、小論文、小説に至るまで、実に多数の分野に広がっています。   ...

書き方はとても大事です

書き方を正しく学んで、きちんとした字を書いていますか。書き方に自信のない人もたくさんいると思います。でも、今からでも書き方を学べば大丈夫。正しい書き方を学んで、ぜひ美しい字を書いて...

大学AOのための自己PRの書き方:部活編

大学AO入試で必ず求められるといってもいいのが自己PRです。書くことがない、自分にはアピールすることがない、と悩む人もいるかもしれません。しかし、そんなに難しく考える必要は...

EMSの書き方

  1.EMS(国際スピード郵便)とラベルについて 2.EMS書類用ラベルの書き方 3.EMS物品用ラベルの書き方 4.税関告知書補助用紙...

読みやすい文の書き方

読みやすい分の書き方を知る事によって様々なメリットがあります。特に文章を発表する機会がないという人でも、文字で伝えると言う技術を知っていることで話をする時にも話の組み立てが上手くな...

美しい文字の書き方のコツは

字をきちんと書くことができる子は、書き順を守って正しい書き方で字を書いています。つまり、美しい字は、ただ書いてある字を真似するのではなく、書き順を守って書く必要があるのです。 ...

スポンサーリンク