弔電・お悔やみ電報(同僚・友人の親族)の例文と書き方

 

  1. 1.弔電は、定型文化したものが
  2. 2.それではどのような弔電が良いのでしょうか。
  3. 3.言葉を選ぶ際に制約となってしまうものですが
  4. 4.忌み言葉の例としては
  5. 5.特に、お悔やみの気持ちをもっと伝えたい

 

会社の同僚の親族や友人の親族に不幸があった場合、通夜や葬儀に参列するのはもちろんのこと、お悔やみの気持ちを伝えるために、電報を打つことがあります。

 


弔電は、定型文化したものが

サンプルとして提供されるケースが多いのですが、こうしたありきたりな電報文では、同僚や友人に対してお悔やみを伝えるものとしては寂しく、むしろ心がこもっていない印象さえ与えてしまう可能性があり、電報を打ったのに同僚や友人、さらには同僚の親族や友人の親族から冷ややかな視線を投げかけられてしまうというのは、あまりに不本意なものです。

 

そこで、弔電を打つ場合には、特に同僚の親族や友人の親族であった場合には、その悲しみの気持ちを汲み取って、お悔やみするということを心掛けるべきです。とは言え、普段電報を打つ機会はそれほど多くなく、ましてやご不幸にあたって弔電を自分で打ったことがあるという人は、それほど多くはいないと思われます。

 

そのような場合に参考とするのが、インターネット上に無数といって良いほど示されている例文になります。例えば、「謹んで哀悼の意を表します」「衷心よりお悔やみ申し上げます」などという文章は、基本的なものとしてよく目にします。また、電報を発行する団体からも、1,2行程度の例文が複数示されているケースもあります。

 

しかしこうした定型文によるお悔やみ電報については、それが企業間の関係性を示すための存在である場合は良いとして、同僚や友人の親族に不幸があった場合に、その同僚や友人に聞かれるということを考えれば、単なる定型的な文章では気持ちが伝わりにくいというのが実際のところです。

 


それではどのような弔電が良いのでしょうか。

一つの例として挙げると以下のようになります。「学生のころよりご親切にして頂いた母上様がご逝去されたことを知り、悲しみに堪えません。

 

むかし皆で撮った写真を見ながらご生前をお偲びし、ご冥福をお祈り致しております。」という形で、自分とその友人しか知らない事実やエピソードを織り込むことによって、自分の思いを際立たせて伝えることができます。

 

このような形での文章であれば、受け取った側としても、気持ちを充分に感じ取ることができ、感謝の気持ちを抱くことになります。

 

せっかくの電報であることから、文面として使用してはいけないとされる表現や言い回しに注意するようにしたいところです。とりわけ弔電では、不吉な意味を持つとされる「忌み言葉」や、同じ言葉が二度繰り返されることで、不幸な目にたびたびあってしまうことを想像させる「重ね言葉」の使用がタブー視されています。

 


言葉を選ぶ際に制約となってしまうものですが

昔からのマナーであり、大切にされてきた考え方ですので、文案を作成されるときには気を付けておくポイントです。なお、弔電で避けるべきとされる「忌み言葉」や「重ね言葉」には、次のようなものがあります。

 


忌み言葉の例としては

「死ぬ」、「去る」、「滅ぶ」、「再び」、「再三」、「重ねて」、「続いて」、「追う」などがこれに該当します。また、重ね言葉の例としては、「重ね重ね」、「返す返す」、「しばしば」、「次々」、「近々」などがこれに該当します。

 

忌み言葉は見た目にも認識しやすいため、文章中にあった場合に気が付きやすい一方、重ね言葉は、普段の生活でもよく目にする表現でもあることから、文案を吟味しているときにも見落としてしまいがちになります。

 


特に、お悔やみの気持ちをもっと伝えたい

という強い思いがある場合に、つい使用してしまうおそれがあるため、一旦文章を作成したのちは、少し時間をおいて見返してみると良いでしょう。また、声に出して読み上げてみるというのも、目でしっかりと追い、自分の耳で聞くというプロセスが入りますので、違和感を覚えたり使用に気が付いたりしやすい良いチェック方法となります。

 

同僚や友人として、お悔やみの気持ちを電報で伝えるというのは、受け取る側にとっても、悲しみに暮れている中での心の安らぎを得られるという意味で、ありがたいものです。

 

こうした心遣いは、最近では少なくなってきているという指摘もありますが、美しい日本の文化として、また親しみと悲しみの気持ちを共有していることを示す方法として、伝統的かつ効果的なものです。

 

だからこそ、タブーとされる言葉の使い方を避け、そのような制約の中でも可能な限り自分の気持ちを正確に伝えられる文章を用意したいものです。

 

そしてそれには、心のこもった文章の例やサンプルとしてインターネットのサービスや書籍に記載されているものに、自分自身のオリジナリティや、同僚や友人の親族の人柄などを思い出すことができるようなエピソードを加えながら、簡潔かつ控えめな表現でまとめるよう心掛けると良いでしょう。

 

同僚の親族や友人の親族に不幸があったと聞いたときは、あまり落ち着いてもいられない状況ではありますが、内容をよく考えて、定例分的ではない電報を打つことで、お悔やみの気持ちをより強く伝えるようにしたいものです。

 

他の弔電・お悔やみ電報の情報を知りたい方は、こちらもご覧ください。
タイトル:弔電・お悔やみ電報(祖父・祖母・義祖父・義祖母)の例文と書き方
タイトル:弔電・お悔やみ電報(上司の親族)の例文と書き方

お礼・感謝の言葉の例文と書き方

お礼や感謝の言葉は仕事の場面だけでなく普段の生活での人間関係を円滑に進めるうえで非常に重要です。そんな便利なお礼であるからこそ使う言葉は親しい人に対するものとビジネスなどの改まった...

接待交際 社内の書き方

営業マンが個人客を相手にやる接待というのは、珍しい感じです。多くは、営業マン対、他の顧客会社の方といった事例が殆どではないでしょうか。   1....

会社宛見積書の宛名の書き方

会社宛見積書などビジネスシーンでの宛名の場合には、基本的に先方の会社名に「御中」を付けるのがふさわしいといわれています。よくありがちなミスとして株式会社を(株)として略して...

縦書き封筒の書き方

手紙の宛名、差出人名は相手が初めて目にする場所です。楷書で丁寧に、読みやすい字で書いて、良い第一印象を与えましょう。封筒には縦書きと横書きがありますが、相手が目上の方や改ま...

正社員履歴書の書き方

就職や転職の際は求人情報を参考にしながら希望の条件を満たした職場を探すことになりますが、条件の良い職場が見つかったら何としても採用されたいでしょう。特に雇用条件の良い職場や...

職務経歴書などの就職関連の書類の書き方は多くの情報に触れると参考にできます。

多くの方が就職活動で悩むのが履歴書や職務経歴書の書き方です。履歴書は規定のシートがあるためにそれほど悩むことはありませんが、最も悩むのが職務経歴書です。職務経歴書は就職活動での重要...

防火管理者届の横浜市の書き方例

消防法の第8条では、病院や学校、工場、大規模小売店舗など、複数の目的で使用されたり、多数の人が日常的に居住・勤務・出入りする防火対象物については防火管理者を選任し、これを所...

板書の書き方1つで変わる学習効果とその工夫の仕方

学生に対して授業を行う際には板書の書き方1つでその授業の印象と評価が大きく変わります。小学校、中学校、高校では黒板を使った授業が基本的であり、限られたスペースをうまく使ってわかりや...

文章で伝えることは言葉より難しい

文章を書くこと、文章で思いを伝えることは非常に難しいことです。というのも、お互いの顔と顔を合わせ、お互いの表情をみながら会話をすることができる環境であれば、何か間違った認識をしてい...

式次第の書き方

  1.忘年会の式次第の書き方 2.新入社員歓迎会と送別会の式次第の書き方 3.社員旅行宴会での式次第の書き方 4.謝恩パーティーでの式次...

スポンサーリンク