ケアマネ就活作文の書き方

pixta_tegami_01

介護支援専門員いわゆるケアマネジャーは、介護や医療での実務経験がなければ受験資格が与えられない重要な資格です。介護保険制度の中で非常に重い職責を担う資格のため、専門性も高く必要とされています。そのため、ケアマネジャー資格を有する人が就職を目指す際には、特に社会福祉法人などがケアマネ就活作文を課すことが往々にしてあるわけです。

 

  1. 1.働く上での覚悟
  2. 2.どう活躍したいのか
  3. 3.責任者として応募する場合
  4. 4.管理者等に求められるもの

 


働く上での覚悟

pixta_tegami_02

介護支援専門員いわゆるケアマネジャーは、介護や医療での実務経験がなければ受験資格が与えられない重要な資格です。介護保険制度の中で非常に重い職責を担う資格のため、専門性も高く必要とされています。そのため、ケアマネジャー資格を有する人が就職を目指す際には、特に社会福祉法人などがケアマネ就活作文を課すことが往々にしてあるわけです。

 

ケアマネジャーとして働く際の就労場所は主に在宅介護での計画作成を担う居宅介護支援事業者か、施設での介護計画の作成を担う施設ケアマネかということになりますが、このケアマネ就活作文で注意するべき点は、その書き方です。単なる作文ではなく小論文形式を課すところもありますし、単なるケアマネ就活作文として作文形式を課すところもあります。

 

試験を出す採用者側の意図に沿った内容を記載しなければならないのはもちろんですが、小論文と作文とでは求められていることが違う点にも注意が必要です。また、小論文の場合には結論ありきで始まりますが、作文の場合は最後に結論が来るなどの工夫も必要となってきますので、書き方について事前によく確認をしておくことも求められてくるところです。

 

内容としては、何故ケアマネになりたかったのか、このケアマネになって何を為したいのか、さらに採用されたらどうケアマネとして活躍したいのかなどが問われます。この点では他の仕事でも変わりはありませんので、事前にある程度頭の中で整理が可能であり、準備しておけば回答は可能でしょう。

 


どう活躍したいのか

pixta_tegami_03

ケアマネジャーはいつ資格を取得したのかによってもその質が大きく変わってきます。特に介護保険法が施行された平成12年頃の取得者とここ数年内での取得者では、そもそもケアマネジャーの試験の難易度が段違いです。したがって、ケアマネジャーをなんとなく取得したという昔の人の場合には、その質の担保が問われます。

 

ケアマネジャーとしてどう活躍して、どのような経験を活かしていきたいのかなどを必ず聞かれることでしょう。その活躍の仕方や、法人で働く上での覚悟などを踏まえた上で活躍の仕方などは資格保持者にとって千差万別ですから、考えて記載をしていかなければならないということになってきます。

 

特に在宅だけであったりあるいはその逆で施設だけでしか、かつて働いたことがない場合にあっては、書き方に工夫がいるのは当然のことです。今まで特に施設でしか働いたことがない場合に注意が必要なことは、在宅のケアマネジャーとして働く際のやらなければならないことの多さと、そのやらなければならないことへの覚悟は必ず聞かれます。

 

運営基準減算がスタートしたのが平成15年4月からですが、その後もこの基準は厳格化がなされてきており、それだけ在宅のケアマネジャーにとって負担が大きくなってきているので、やりきれるかどうかなどの視点での活躍の仕方などを工夫しなければならないでしょう。いずれにしても、かつてと働き方が変わると想定されるような場合には、十分に注意して応募しなければなりません。

 


責任者として応募する場合

pixta_tegami_01

在宅の居宅介護支援事業者のケアマネジャーと、施設系のケアマネジャーとでは行わなければならない業務量が異なってきます。施設の場合は原則としてその施設内で完結しますので、それほど面倒なことにはなりません。しかしながら、在宅のケアマネジャーの場合には、頻繁に利用者の自宅の訪問が義務付けられていることもあって、相応に大変です。
 

さらに、そのケアマネジャーを統括する立場の管理者などは、運営基準減算の適用にならないようによく他のケアマネジャーへの指導監督責任も問われます。したがって、この管理者や主任ケアマネジャーなどでの採用をされたいということで求人情報を見かけ、応募したいという時には、管理する能力も問われますので、

 

作文または小論文では、どの程度ケアマネジャーとしての能力があるのかなどの他にも、管理監督責任能力の有無も見られることになってきますので、そのこともよく承知の上で行動することが求められるところです。つまり、ケアマネジャーとしての資質以外にも他のケアマネジャーを指示したりあるいは管理監督する能力も確認をされるということです。

 

利用者数が特に多い事業所、その規模が大きい場合にあっては、よく注意して応募しなければなりません。それまでに管理者などをしていた場合であれば、経験則で小論文や作文が記載できる面がありますが、経験がない場合には、かつて働いていたところの管理者の能力などを思い起こしながら記載していくなどの対策が必要となるでしょう。

 


管理者等に求められるもの

pixta_tegami_01

管理者や主任ケアマネジャーとして求められるものは、ケアマネジメント以外にも相応に高い能力が求められるところです。管理監督責任能力をしっかりと持つ人材かどうかは、その小論文でもある程度は読み解けるものです。したがって、経験だけではなく、その経験を活かしてどう活躍していくのか、

 

また、他のケアマネをどのように管理監督していくか、さらには彼らケアマネジャーをそう育てていくのかなどの視点での小論文の作成が出来るように、心がけておかなければなりません。採用試験に当たっては、出来る限り小論文の作成について慣れておく必要がありますので、ケアマネジャーに関する小論文だけではなく、その他の医療、福祉関係の小論文なども参考にする他、

 

関係があまりないような一般の採用試験での小論文の作成なども参考にしながら、頭の中ですばやく整理が出来る訓練をしておけば、突然作成を言われて戸惑うことも少ないでしょう。作文とは異なるものですから、感想文を書くわけではありません。起承転結をよく考慮の上で、結論ありきで話を進めていくことも重要なこととなってきます。

 

書き慣れていないような場合には、時間をあらかじめとって書いてみることも重要です。練習すれば上達しやすいのも小論文ですので、どう書き進めていくのかなど参考になるものは利用しながら、自分なりのオリジナルの小論文が出来るように採用試験の前にはよく考えておくことこそが、合格、採用に至る道になってくるでしょう。

 

介護実習のお礼状の例文とマナーと書き方

介護福祉士を志す学生にとって、避けては通れないのが介護実習です。少なくとも三回は介護実習に行くことになりますし、最後の実習は平均5週間以上という長い実習になります。 &nbs...

書道草書の書き方

書というものは、実用性だけでなくそこに美しさを見出す芸術性を兼ね備えているものです。日本においては、古く中国から伝わった漢字から始まり、奈良時代頃には写経が盛んに行われてい...

「ご丁重」の意味と例文と書き方

ご丁重という言葉は丁寧という言葉と同じ意味になりますが、より親切で礼儀正しい言葉遣いとして使われる言葉です。結婚式や挨拶文など特にビジネスの場面においてたびたび使われる言葉であり、...

お礼の手紙の書き方アドバイス

  1.お礼の手紙またはメールを書くケースはいろいろな場面で存在してます。 2.出張先で世話になった取引先の人には 3.旅行先で世話になった人には 4...

手紙の書き方を知らない子ども達

インターネットが盛んに使用されるようになり、パソコンや携帯電話が各家庭あるいは個人に急速に普及したことによって若い世代を中心にほとんど誰もが電子メールアドレスをもつようになりました...

家系図の離婚の書き方

武士の時代のように由緒正しき家にあるような家系図は、一般の家では見ることはなくなりましたし、自分の祖先がどのような暮らしをしていたのか、どんな人だったのかということは、あま...

お歳暮のお礼状の書き方

  お歳暮をいただいたらお礼の気持ちをお伝えすることが大切です。その際、親しい間柄では、電話やメールなどでのお礼でも大丈夫ですが、お礼状を書くとより丁寧な印...

「取り急ぎ」の意味と例文と書き方

文章作成能力がビジネススキルとして注目されるようになっています。電子メールでのやりとりを行う機会が増えたことにより、スピーディーな情報共有が可能となりました。   ...

文字の書き方

文章を手書きで書く際は、出来るだけ綺麗な文字で書くと相手の方にも読みやすいです。ちょっとしたことで普段より綺麗にできる書き方について説明します。   ...

電報:英語宛名の書き方

受け取り人の名前を英語(アルファベット)にして送りたい時はもちろんアルファベットで送られると、相手の受け取り人の方は喜ばれますのでおすすめです。宛名は英語で良いのですが、住...

スポンサーリンク