ラボノートの書き方

pixta_tegami_01

ラボノートとは、その日行った実験の様子や結果など、実験者が実際にどういった実験を行ったかを示すための物的証拠になるものです。

 

  1. 1.ラボノートとはどういうものか?
  2. 2.どのような道具を使うべきか?
  3. 3.ラボノートは具体的に記入する
  4. 4.ラボノートには真実を記す

 


ラボノートとはどういうものか?

pixta_tegami_02

ラボノートとは、その日行った実験の様子や結果など、実験者が実際にどういった実験を行ったかを示すための物的証拠になるものです。ラボノートはそれぞれの研究室によって書き方が異なります。細かく決められている場合もあれば、個人の自由とされている研究室もあるのです。

 

ただ、基本的には書き方の順序や原則などに大きな違いはありません。一度要領を覚えてしまえば、難しいと感じることはなくなると思います。実験に再現性はあるのかと問い詰められたり、他の研究者のアイデアを盗んだのではないかと疑問を持たれたとき、ラボノートは自分の無実の罪を晴らしてくれる存在です。

 

どれだけ素晴らしい実験を行っても、面倒だからという理由できちんとノートをとっていないと、周囲から認めてもらうことはできません。決して後回しにせず、気になったことはすべて書き込む気持ちで取り組みましょう。実験のテーマから、実験を行った年月日、その日の天気や気温、湿度に気圧といった基本的なデータはもちろんのこと、

 

実験から得ることができた数値や観察の結果、実験を行いながら感じたことや思いついたアイデア、その他どんなに些細な出来事も、すべて記録します。グループ実験の場合は、共同実験者の情報も記録しておきます。自分一人だけではなく、それ以外にも実験の結果を実証してくれる人物がいることは、研究において非常に心強いことです。このように、ラボノートは研究者や実験者にとって、なくてはならないものです。

 


どのような道具を使うべきか?

pixta_tegami_03

ノートは基本的に、どの種類のものを使っても問題ないケースが多いです。実験者の大半は一般的な大学ノートを使用していると思います。ただ、ルーズリーフ式よりは綴じ込み式の方が推奨されています。というのも、ルーズリーフ式だと実験結果の差し替えが可能になってしまうからです。

 

また、ページが紛失するリスクもあります。ページが紛失してしまうと、せっかく行った実験記録は消滅してしまうので、注意しなければいけません。その点で、綴じ込み式にはメリットが多いのです。信頼性も高まります。もちろん、ルーズリーフ式であってもきちんと保管できるのであれば、使用しても問題ありません。

 

筆記用具は必ず油性のボールペンを使います。鉛筆やシャープペンだと、あとから消しゴムで消して修正することが可能になってしまうためです。色ペンを使うことは可能です。また、修正ペンや修正テープは使ってはいけません。万が一間違った記入をしてしまった場合は、文字の上から線を引いて修正します。

 

ノリを使う場合は、部分的にではなく全体的に塗ります。ノートは頻繁に開くことになるので、中途半端に貼っていると剥がれ落ちてしまうからです。ノリで貼れない場合は、セロテープなどしっかり固定できるものを使います。

 

ラボノートに記録する上で使用する道具は、ある程度定められています。もちろん自分が書きやすい方法で行うのが一番ですが、推奨されていないやり方で失敗して後悔するのを避けるためにも、ルールは守りましょう。

 


ラボノートは具体的に記入する

pixta_tegami_01

ラボノートを書く順序としては、まず日付を忘れずに記録します。続いて実験のタイトルと目的、サンプルデータ、そして実験の手順です。試薬量や反応を示した時間もしっかりと明記します。実験の目的は文字として明確にしておきます。よく使用する実験の手順であれば、

 

「何々のページを参照する」と記述しておいたり、小さな紙などにあらかじめ印刷しておき、実験の度に貼ると効率的で良いでしょう。ラボノートへの記入は実験の時間内だけではありません。実験をする前に作業を効率良く進めるためのフローチャートや注意点を書いておくことも可能です。

 

また、実験終了後でも考察するために調べたことや実験の感想などを記録できます。実験中は、一体何を行ったのか?どうしてそのようになったのか?それはどれくらいなのか?を簡潔に記入していきます。この記入された情報からレポートを書くことになるので、記入ミスがあると後々大変なことになるので気をつけましょう。

 

実験の記録を残す場合は、できるだけ具体的に書くことを意識します。化学実験の反応において、試料の色が変化した場合は、単純に「色が変化した」と書くのではなく、「薄い~色から徐々に~色に変化した」というように具体的に記します。

 

「ちょっと」や「たくさん」といった記入は、実験記録を残す上で適切な表現ではありません。具体的な数値を記入することを心がけます。後でレポートを書く際に困らないためにも、細かいところですがしっかりと記述しましょう。

 


ラボノートには真実を記す

pixta_tegami_01

ラボノートは決して綺麗に書く必要はありません。文字が汚いことは気にしなくて良いです。大事なのは見栄えではなく内容です。わかりやすいようにイラストを描いたり、表などを記入することは時間の無駄です。綺麗に書いたところで成績には一切影響がありません。あくまで自分がわかりやすければ良いのです。

 

また、当たり前のことですが、嘘の記述を書くことは許されない行為です。実際に行っていない実験や結果を書くことは、罪であり処罰の対象となるので、絶対に控えましょう。もし実験が失敗してしまった場合、ただ単に「失敗した」と書くのではなく、どうして失敗したのかを詳細に記述します。

 

これは考察のネタになったり、次回の実験への参考にもなるので重要です。実験が失敗することで処罰されたり、減点をされるといったことはないので、ありのままの実験結果を記入するべきです。ラボノートは実験者や研究者にとって重要な「研究記録」です。どのようなときに、どのような実験によって、どのようなアイデアや結果が生まれたのかを示す明確な物的証拠となるものです。

 

ラボノートの書き方を理解しておくことは、将来にとって非常に大事なことです。一つひとつの実験を詳細に記録しておくことで、将来への貴重な財産となるのです。
ラボノートを面倒だと思う気持ちも理解できますが、ここで頑張ることで必ず未来に役立ちます。決していい加減に書くのではなく、自分のためだと思って丁寧にしっかりと記入しましょう。

 

色々な書き方は下記の記事も参考になります♪
タイトル:業務フローの書き方

看護要約の書き方

看護要約というのは、看護サマリーともいい、患者が入院するときや、あるいは退院や転院するときに、これから受け入れてもらう先の病院や施設、患者の家族などに対して渡される患者の情...

文章の書き方が上達する方法

「書く技術を高めるには、たくさんの本を読みましょう」 読書をすることは、自分で文章を書くのと同じくらい、あるいはそれ以上に文章力を身につける非常にいい方法です。(読書する以外、文章...

回覧板の書き方

地域の情報を共有するために、欠かせないのが回覧板といえます。一人暮らしや夫婦共働きの世帯ですと、なかなか連絡をとることが難しい場合も多いですから、回覧板は重要な役割を担って...

ビジネス文章の書き方:退職の案内

ビジネス文書の中でも、退職についての様々な文章はデリケートなものです。今回は特に退職時に同僚や取引先などに送る、あいさつ用の文章です。基本的にメールでの場合も手紙の場合にも...

卒業証明書依頼文の書き方

卒業証明書依頼文の書き方と例文について記載させて頂きます。これをご覧になられた方々のお役に立てていただけると幸いに存じます。専門学校の受験等、何かの都合で卒業証明書を発行す...

9月の挨拶(書き出し・文頭)の例文と時候の挨拶と書き方

季節の便りやビジネスで送ることがある手紙やメールなどでも季節の挨拶というのはとても大切です。9月の挨拶などは、初秋の候、貴社益々ご清栄のこととお慶び申し上げます、と書いたり、秋分の...

封筒の裏の差出人の連名の書き方

手紙を送る際、場合によっては封筒の裏の差出人を連名にする必要があります。例えば、結婚式の招待状です。封筒の裏の差出人の箇所には、挙式を行う2人の名前を連名で記すのが慣習とな...

結婚式場の請求書の書き方

結婚式場で式を挙げたカップルには後日請求書が送られてくるはずです。もちろん式を挙げる前の打ち合わせの段階で金額は分かっていますが、追加で発生した料金があればプラスして請求さ...

形式的な書類の書き方を学ぶ手間を省く

書類を作成するというのは比較的面倒な手続きである場合も多く、しかもその書類は形式上手続きのために必要なだけであるということもしばしばあります。そういった書類の作成に労力を費やすのは...

食品分析の依頼書の書き方

食品会社では、問い合わせも含めて、クレームの連絡が入ってきます。多くの場合は、消費者の勘違いということが多いものの、実際に異物が入っている場合もあり、常に初心に帰った、しっかりとし...

スポンサーリンク