花嫁の手紙(母親へ)の例文と書き方

結婚式などで花嫁の手紙を聞くことがあります。ご両親への感謝の気持ちと思い出、これから先、結婚してからの抱負などで締めくくられていることが多いですが、その家族ごとにいろいろな思い出があって、聞いていると泣いてしまう人もいます。

 

花嫁の手紙でも母親宛、父親宛で少し内容がちがうものもあります。披露宴で読む場合が多いので、難しい言葉や漢字熟語などを使ったりせずに、聞いている人が聞きやすい内容にしておくといいです。

 

できるだけ手紙は短く

そして単純な内容にしておいた方が、印象的なものになります。家族の思い出やエピソードなど話したいことがたくさんあるとは思いますが、話題やテーマはひとつに絞っておかないとわかりにくくなってしまいます。感謝の気持ちがしっかりと伝わるような手紙は素敵な思い出になります。

 

ですが、家族だけではなく、来賓の方々もいるということを意識した空気を読んだ手紙にすることが大切です。来賓のことを考えずに思ったままを書いてしまうと、せっかくお祝いに来てくれた人たちに不愉快な思いをさせてしまうことがあります。なので、言葉遣いには必ず気をつけるようにして、来賓の方、式場の方や両方のご家族に対して失礼のないような文章にする必要があります。

 

まずは、誰が主催の披露宴か考えておくことが大切です。

結婚式の主催が誰なのかをきちんと考えて周囲に対して公平であるようにしなければいけないです。誰が主催になるのか、ということですが、招待状を出した人を主催とすることが多いです。

 

たとえば、ご両親が招待状を出したのなら、ご両親が主催したことになります。披露宴の主催がご両親だとしても、感謝の手紙をいきなり読み始めたりするのはマナー違反になってしまいます。この場をお借りすることをお許し下さい、という風にゲストにも必ずひとことの断りを入れて、そのことにも感謝の気持ちを伝えることです。

 

花嫁のご両親に対する手紙でも

その場には相手のご両親もいます。なので、自分の両親にだけ向けるのではなく、相手のご両親への言葉も忘れないようにしておきます。相手のご両親がいるから相手の方が存在しているということに感謝の気持ちを伝えることです。

 

また、花嫁の手紙ではどちらかのご両親だけに対する内容があったりします。両親それぞれへの感謝の気持ちを綴るようにしなければいけないので、比重をそろえることが当たり前ですが、どうしても母親だけ、父親だけという手紙を書くことになった場合も同じように感謝の気もちをしっかりと言葉を選んで伝えるようにします。

 

たとえば、お母さん、長い間お世話になりました、という感謝の気持ちをまず伝えて、小さなころから私のそばには、いつもやさしい笑顔のお母さんが立っていてくれました、という思い出、最後にこれからの豊富として、二人で力を合わせて新しい家庭を作ってゆきます、という書き方をするといいです。

 

手紙を書くときに気をつけたいのは

身内だけしか分からない内容ばかりになっていないか、ということです。披露宴には来賓の方々がいるので、その人たちがまったく興味を持てないような話をずっと続けられても飽き飽きしてしまいます。なので、ひとつか二つ程度、しかも短くなるようにしておくことです。

 

そして、先ほども書きましたが、感謝の気持ちや感動の雰囲気をしらけさせてしまうのが長すぎる手紙です。長々と読まれていると、はじめは感動できても聞いているうちに疲れてしまうような長さのものは駄目です。

 

母親との思い出のエピソードはやはり小さなころから一緒だと多いものですが、長々と書きすぎないということと、どれかひとつを選択しておくということが大切です。

 

ゲストへのお礼と手紙を読むことへの断りとして

両親が主催の場合は、本日ご出席してくださった皆様へこの場を借りて私の両親へ感謝の言葉を申し上げるのをお許しください、という風に読みます。また、自分たち新郎新婦が主催の場合は少し違います。

 

本日は私たちのためにたくさんの方にお集まりいただき感謝申し上げます、お疲れのところだとは思いますが、ここで私から両親へ感謝の手紙を読ませていただくことをお許し下さい、という文章で、来賓への感謝を伝えておくことが大切です。

 

手紙の結びでは、大切に育ててくださったこの家庭を巣立っていく寂しさはありますが、これからは新しい家庭をしっかりと築いていきたいと思います、と風にしたり、今まで育ててくださってありがとうございます、これからも見守っていてください、という風にしてもいいです。

 

結婚式や披露宴での花嫁の手紙はとても感動するものが多くありますが、それでも基本を抑えながら感謝の気持ちをしっかりと伝えられるように、言葉を選びながら文章を作ることが大切です。難しく考えずに、素直な気持ちを書けばいいのですが、来賓の方々も一緒に笑顔になれるもの、涙してしまうようなものだとなおのこといいということです。

 

他の手紙の情報を知りたい方は、こちらもご覧ください。
タイトル:花嫁の手紙(父親へ)の例文と書き方

クリスマスカードの書き方

クリスマスは楽しいものです。ケーキがありクリスマスプレゼントがあり、そして、クリスマスカードがあります。一方で、いろいろ用意するものがあるために、クリスマスカードまで考えて...

備忘録の書き方について

  1.備忘録とは 2.日記代わりの備忘録 3.スケジュール帳がわりの備忘録 4.イラスト入りでさらにわかりやすく 5.手書きで書くこ...

書き方指南の難しさ。

ウェブ社会は、コピーとペーストの繰り返しが多く用いられることが必然化してしまい、オリジナルな作文ができにくくなっています。すなわち、各種の試験の解答でも、受験者は、どこかの解答例を...

定年退職祝いの例文とマナーと書き方

定年退職は男女を問わず人生の一つの区切りとなりますし、これからの人生を見つめ直すきっかけになるでしょう。そこで定年退職祝いは、長年社会のために尽くしてきたことへの労いの気持ちと、第...

手形裏書の書き方

手形裏書の書き方ですが、あまり手形など受け取る機会がない人にとっては、どのように裏面を書けばいいのかわからないことも多いでしょう。ここでは裏面の書き方を、例文を交えながら見...

町内会の決算報告書の書き方

近年、町内会に加入する人が減少しています。ご近所付き合いの煩わしさや転勤族の増加など、理由は様々ですが、その中の一つには町内会の会計の不透明さが指摘されています。町内会費を...

三回忌の香典袋の書き方

香典袋を出すときは、お通夜、葬式の時にまず出します。その後初七日、四十九回忌、初盆、一周期、三回忌、七回忌となります。香典袋は、このすべての行事で出すのが故人へのそして遺族...

メッセージカードの書き方:英語編

  1.メッセージカードの書き方 2.季節のイベントのときに送るカード 3.結婚式などの記念のカード 4.お祝いやおめでとうのメッセージ ...

災害に遭われた人への年賀状の書き方

震災や水害などの災害に遭われた人が親戚や知人・友人などにいた場合、そういった被災地に向けて年賀状を出す場合、おめでとうといった言葉を表現として使っても良いものなのか。おめで...

心配の言葉の例文と書き方

余程マイペースな人でなければ人間関係において他人を配慮するようなこともあります。両親や身内の人の体調に配慮することはもちろん、会社の同僚や上司などへの配慮も必要になります。心配する...

スポンサーリンク