年途中の源泉徴収票の書き方

pixta_tegami_01

サラリーマンなどの様に給与をもらうことを目的として働いている場合、年度末に源泉徴収票というものをもらうことになるのが一般的です。

 

  1. 1.源泉徴収票とは何であるか
  2. 2.源泉徴収票の書き方について
  3. 3.源泉徴収票が必要になるケースについて
  4. 4.年度中の源泉徴収票の書き方

 


源泉徴収票とは何であるか

pixta_tegami_02

サラリーマンなどの様に給与をもらうことを目的として働いている場合、年度末に源泉徴収票というものをもらうことになるのが一般的です。この書類はその年に働いてもらった全てのお金と、天引きという形で支払ってきた税金の額が明示されている書類として給与の支払元から発行される書類です。

 

一カ所から歯科給与をもらっていない人の場合にはその書類が税金関係で役立つことはありません。しかし対外的に収入の証明として機能しますので重要書類として保管しておくのが良いでしょう。何らかのローンを組むなどの金融商品の契約を行う際に必要となるケースがあるのです。この書類は一般的には年度末に支払われる最後の給与と一緒に作成されて配布されるのが基本となります。

 

何故ならば源泉徴収票はその年に支払った給与と税金の額を証明する書類ですので、年途中に作成してしまうと収入が追加になった場合に非常に面倒になってしまうからなのです。そのため年途中にどうしても発行をしてもらう必要があるという場合には、その給与の支払先から今後給与等の形で金銭をもらうことがないというケースに限られます。

 

一般的には会社を何らかの事情で退職し、新しい職場に行った際に前の職場での給与を証明することを求められた場合に必要になる事があるくらいであると言えるでしょう。主な目的である収入証明という目的には前年末の源泉徴収票が必要とされますので、原則年途中で源泉徴収票が必要になるケースは稀であると言えるでしょう。

 


源泉徴収票の書き方について

pixta_tegami_03

源泉徴収票は給与を支払う事業者の責任で作成することが義務付けられている書類です。その年に事業者から支払われた金銭の総額が明示され、天引きされた税金や保険料などの額についても同じ用紙の中に網羅される仕組みになっています。そのためその源泉徴収票一枚を見ればその給与支払元から受け取った給与収入と支払ってきた税金や保険料の総額などの全体像が把握可能なのです。

 

この様な書類の書き方は一般的に指定されているレイアウトが存在しており、それに沿って作成されることになります。年末に行う確定申告ではその様にして得られた源泉徴収票を使用して書類作成を行い、払い過ぎた税金の還付請求を行ったり、申告する必要のある税金を納めるための手続きを行ったりすることになります。

 

そのため多少のフォントの違いはあったとしても、源泉徴収票に記載されている情報というものはどこから貰ったとしてもそう大きな違いはないというのが一般的であると言えるでしょう。大きな会社では処理似た言う出来るケースもありますが、中小規模の事業所ではかなり困難です。

 

そのため一般的には会社単位で税理士事務所や会計事務所などを頼って書類作成してもらうということが多くなってきます。正確な計算が可能ですので生命保険や火災保険等の各種保険の控除や住宅ローン関係の控除など様々な制度上のメリットを活かした処理が可能な場合もあります。自分の確定申告で行うのはそれなりに大変ですので、職場で利用できる機会に行っておくのが良いでしょう。

 


源泉徴収票が必要になるケースについて

pixta_tegami_01

源泉徴収票というものは要するにある特定の職場から得た給与収入と、天引きの形で支払った税金や保険料の明細であると言い換えても良いでしょう。その様な情報が何らかの形で必要になる場合に源泉徴収票が求められることになります。最も一般的であるのは確定申告によって払い過ぎていた税金の還付請求を行う場合であると言えますが、それ以外にも収入を証明するために役立てることが出来ます。

 

特に年途中で必要になる場合にはこの様な目的で必要とされることが殆どです。例えば転職した際などには所得に応じた税率をかけなければなりませんので自然と前の職場での収入が必要になります。その様な場合に求められるのが前の職場から発行される源泉徴収票であるということは珍しいことではありません。

 

給与の支払元が責任を持って発行する書類であることにより、新しい職場でも安心して情報を引き継ぐことが出来るのです。その他には何らかの金融商品を契約する場合の年収証明として必要になるケースもあります。しかしこの様な場合は一般的には前年末、12月の給与の際に発行されるもので良いというケースが多くなっています。

 

そのため年末以外に発行する必要があるケースというのは転職時が最も考えられる状況であると言えるでしょう。その様な場合には前の職場に連絡をして作成してもらい、取り寄せる必要があります。その場合には少なくともその年の間はその職場から給与を得ることはできないと考えるようにする必要があります。

 


年度中の源泉徴収票の書き方

pixta_tegami_01

以上の様な事情がありますので源泉徴収票はその年に支払うべき給与を全て支払った後でしか作成することが出来ない仕組みになっています。そのため書き方自体はシンプルであってもすぐに発行できないということは珍しいことではないのです。例えば退職する際に残っている有給休暇を消化するというのは一般的なことであると言えるでしょう。

 

長く休みが申請できるケースにおいては40日程度の遊休がある場合もあります。その間は給与が発生しますので、その期間が経過して給与の締め日を過ぎ、実際に支払いを終えてからでなければ源泉徴収票の発行は出来ません。そのためタイミングによっては出社しなくなってから2~3カ月の時間を必要とする場合も想定できるのです。書類の書き方自体は非常にシンプルです。

 

年末に作成する書類と同じく、最終の給与支払いまでの合計額を所定の用紙の欄に入力する音で作成が可能です。年末調整以外の場合には各種保険料の対応も必要ありませんので単純に支払った給与の合計金額と店日した税金や保険料の合憲金額を集計するだけで書くことが出来る仕組みになっています。

 

多くの企業は最終の給与明細発行に合わせて自動的に源泉徴収票を作成する仕組みを取り入れているのが一般的ですので、特に急いでいない場合にはただ待っているだけでも自然に手に入るものであると言えるでしょう。急ぐ必要があるとすればそれは転職先から提出を求められた場合などが想定されます。しかし仕組み上最終給与が支払われなければ出せないものであるということを理解しておきましょう。

 

給与所得者の扶養控除等(異動)申告書の書き方:妻

  1.給与所得者の年末調整について 2.控除申告書の書き方について 3.封筒の書き方   給与所得者の年末調整につ...

相続放棄申述書の書き方

家族が多額の借金を背負ったまま他界した場合、その借金の責務は法定相続人に継承されますが、法定相続人は相続を拒絶することもできます。これを相続放棄と言います。   ...

離職証明書の書き方

  1.離職証明書とは 2.離職証明の各欄について 3.各欄の書き方および注意点 4.その他注意点など   離職証明...

契約書の書き方~改ページ~

契約書は、契約の内容を詳細に記載し、問題が生じたときに遡って確認するためにも非常に重要な意味を持ちます。その為、出来るだけ詳細に、考えられる範囲でその内容に関し事細かに記載...

卒論インタビュー書き方

卒論インタビューをする前に幾つかしなくてはいけないことがあります。それは取材対象者について調べると言う事です。取材相手の経歴の概要が掴めたら、より深く調べます。過去は勿論、...

医療費控除の交通費の書き方

医療費控除を受けるという際には、確定申告を提出するという必要があります。最近では、インターネット上のフォームに、必要事項を入力することによって、簡単に申請ができるということ...

請求書の消費税の書き方

請求書を書く目的は相手方に確実に入金をしてもらうということなので、必ず入金日を書くようにしたり、請求先の担当者の名前を記入したりするようにしましょう。   ...

ローマ字の名前の書き方

ローマ字で名前を書く機会は少なくありません。例えば、パスポートを申請するときやクレジットカードを申し込むときはローマ字での申請が必要となります。名前が比較的簡単な場合ですと...

奨学金申請の理由の例文とマナーと書き方

景気は少しずつ上向きになってきているとは言われていますが、それを実感している人はわずか一握りの限られた人間だけで、我々一般庶民は相変わらず、増えない収入に対して、消費税引き上げをは...

履歴書の書き方について

大学生が新卒として就職活動をする場合や、主婦やサラリーマンが就職や転職をする際にも使用されるものが、履歴書です。その履歴書の書き方には、いくつかの注意事項があります。 &nb...

スポンサーリンク