札の書き方:社名

pixta_tegami_01

慶事と弔事とを問わず、会社から先方へ花を贈る時には、社名を入れた立て札を添えて贈ります。単純に花を贈るだけでは、受け取る方にとっては、どこの誰から送られたか分かりにくいものです。

 

  1. 1.立て札に社名を書き入れる場面とは
  2. 2.社名入り立て札の選び方
  3. 3.社名入り立て札の上手な書き方
  4. 4.社名入り立て札付の花まとめ

 


立て札に社名を書き入れる場面とは

pixta_tegami_02

慶事と弔事とを問わず、会社から先方へ花を贈る時には、社名を入れた立て札を添えて贈ります。単純に花を贈るだけでは、受け取る方にとっては、どこの誰から送られたか分かりにくいものです。そこで、花が並べられた中に社名を入れた札があれば、どちらから贈られたものなのか一目瞭然になります。

 

例えば、開店祝いや移転祝いといった事業の節目をお祝いする時には、胡蝶蘭に社名を入れた立て札を添えて贈るのが定番です。葬儀の時にも、供花を贈る際に社名を入れた立て札を使います。このように、折に触れて贈る花に欠かかせないのが社名入りの立て札です。花を購入した花屋がサービスとして作ってくれる場合も多くあります。

 

特に、ビジネス用途の花を取り扱う花屋では、注文した当日の内に花を用意して社名入れも行いますし、配達して設置まで行うサービスが行われているものです。時間がある場合は、花と無地の立て札とを購入して自分の手で社名を書き入れる事もできますが、いずれにせよ、花を受け取った方が、どちらから送られたものなのかわかり易くするのが最低限のマナーとなります。

 

書き入れる内容は、花を贈る状況に合わせつつ、読み易くわかり易いようにする為に、ある程度の決まりがあります。書き方の基本を知っていれば、時と場合によって、ある程度自由なデザインを取り入れる事もできるでしょう。それほど難しい事ではありませんから、誰でも簡単に利用できるものです。花屋に依頼する場合も、自分で書く場合も、受け取った方にとって良い形に仕上げるには、上手に作るコツもあります。基本を守り、マナーに従い、コツを意識して作れば、花を受け取る方が気持ち良く受け取れる良い贈り物になるでしょう。

 


社名入り立て札の選び方

pixta_tegami_03

立て札付の花を贈る際は、花屋に依頼する方法と、自分で作る方法との2つがあります。花屋に依頼するのであれば、ビジネス向けの花を取り扱う店を探すのが第一歩になるでしょう。花屋を選ぶ時には、花を贈る相手や状況を考えるべきです。花屋によって調達の得意な花があるものですから、花を贈る相手と状況とに適切な花を取り扱っている花屋に依頼します。

 

例えば、慶事の際に贈呈する花として定番の胡蝶蘭であれば、花の生産者から直接、良品を仕入れて販売している花屋が多くありますので、選択の幅が広いはずです。注文の際は、用途を伝えると共に、社名を入れた立札を作りたい旨を伝えましょう。ビジネス向けの花の取り扱い実績が豊富な花屋は、様々な需要に適切に対応するノウハウがあります。

 

どのような形で社名を入れるか提案して、読みやすい文字でわかり易く社名を書き入れてくれるでしょう。一方、自分で作る場合は、少し手間が増えるものです。花を注文して手元に届くまでの時間があり、立て札を入手する手間があり、そこから初めて社名を書き入れる事ができます。完成したら指定日に届くように贈らなければいけません。

 

花によっては、この間に鮮度が落ちたり痛んだりする事もあります。自分で作る為には、スケジュール調整や花の管理にかなり気を使うはずです。ただし、自筆には印刷や代筆では出せない味があります。デザインや書き入れに自信があるのであれば、挑戦してみるのも良いでしょう。花屋に依頼するのであれ、自分で作るのであれ、受け取った方に喜んでもらえる形にするのが大切です。

 


社名入り立て札の上手な書き方

pixta_tegami_01

立て札付きの花を上手に作るには、4つの点に気を付けましょう。1つ目は、適切な花屋を選ぶ事です。特に、今日中に花を用意しなければいけない時には、ビジネス向けのスピード注文に対応している花屋を選ぶ必要があります。スピード配送注文の対応エリア内であれば、早ければ2、3時間で届けてもらえるでしょう。

 

2つ目の注意点は、花屋に会社の正式な社名と、希望するの書式とを確実に伝える事です。特に、一般的にあまり使われない漢字や、変わった発音をする会社等は、電話で注文した時のやり取りに不備があると取り返しがつきません。また、書式の種類も様々にありますので、用途と異なる形で書き入れが行われてしまうのを避ける必要があります。

 

代表者から贈るのか、あるいは社員一同が贈るのか等でも、社名と贈り主との書き入れ方は違うものです。また、縦書きか横書きかまで細かく選べる場合もありますので、細かいサービスを利用するかどうかも確実に注文を済ませます。対応の素早い花屋であれば夕方まで当日配送に対応していますので、希望する形にしっかり仕上がるように、慌てず仕様を確認してから注文を確定しましょう。

 

3つ目は、立て札の書き入れ方法を印刷か手書きかを確認する事です。印刷と代筆とでは、見た感じの雰囲気が大分違います。万事において毛筆で書き入れなければいけないという決まりはありませんので、花を贈る相手や状況に合わせて使い分けるのが上手な利用法です。4つ目の注意点は、自筆の場合は書き入れの順序を読みやすくする事です。縦書きなら献辞を上に、その下に社名と氏名とを記します。横書きは最上段が献辞、二段目が受け取り相手、最下段に社名とすると、読みやすくてわかり易いでしょう。

 


社名入り立て札付の花まとめ

pixta_tegami_01

立て札付きの花は、慶事と弔事を問わず日本の贈答文化として広く用いられています。例えば、開店祝いや移転祝いを迎えた店の前には、関係者や取引先から贈られた花が沢山飾られているものです。生前、多くの方から慕われた方の葬儀の式場では、各方面からの供花が届いているのが見られるでしょう。

 

しかし、単純に花を贈るだけでは、受け取った方にとって、どこの誰から贈られたものかわかりません。そこで、花に添えて贈り主の名前が書かれた立て札があると、誰が花を贈ってくれたのかがわかり易くなります。花を贈る時に立て札を添えるのは、単に自分が贈りましたとアピールする為だけのものではありません。

 

贈られた方にとって識別の利便性があるだけでなく、一同に並べられた花を見て、多くの人々が自分を応援してくれているのだと実感できる機会になります。一見、何気ない存在ですが、新しい門出にある方を励ましたり、身内に不幸のあった方の気持ちを慰める大切な役割も担っているものです。立て札には、意外な重要性があると言えるでしょう。先方の節目に花を贈る時は、どの花を選んだら良いのか、

 

いつ贈ったら良いのかと、物の心配ばかりをしがちです。しかし、花を贈る本来の目的は、受け取った方が喜んでもらったり、慰めにしてもらったりする為にあります。受け取る方が気持ち良く受け取れるようにするには、細かい所まで気を配って、手を尽くす必要があるでしょう。立て札の書き方は、適当に済ませて良いものではありません。ほんの少しの気遣いが、受け取る方の気持ちを良くしたり、逆に悪くしてしまったりするものだからです。

 

上申書の書き方

上申書とは、様々なケースで書く事になりますが一般的には部下から上司に対して意見を書いた文書を提出する書式になります。もともと上申書は、中国から来たものです。天子に文書を奉る...

葉書の書き方~横書き~

葉書の書き方は意外と難しいでしょう。マナーやルールがありますので、それを心得た書き方をする必要があります。葉書を書いたので出したいと思っていても書き方がわからないので焦る人...

文字、文章の書き方を指導する

日本の学校で文字を教える時、あ行のあの字から入ります。50音の一番初めの音であるので、当たり前の教え方だと誰もが思っています。しかし、西洋の書き方の授業は一寸違うようです。 ...

反省文(業務ミス)の例文とマナーと書き方

人間の手で行うことには、100パーセント正しいということはありえません。 どんなに注意深くチェックを行ったとしても、長い間には一度くらいのミスは発生するものです。 &n...

可愛い文字の書き方:ひらがな

男性なら学生時代に女の子からノートを借りたとき「可愛い文字だな。」と思ったことはないでしょうか。また女性なら、友達の文字がかわいくて、ついまねをして書いてみたといった経験が...

案内文の書き方

案内文はさまざまな用途で使うことがあります。ビジネス上の案内文でしたら祝賀会や展示会、年末年始や夏季の休業案内、移転案内等、取引先やお客様に向けてさまざまな案内状を作成...

紹介状の書き方:病院

病院の紹介状は院外の先生に患者の診療情報をやり取りするときに必要な文章です。研修医が紹介状を書く場合に最も機会が多い場合は患者が退院するときとなります。退院日前日になって指...

御案内状の書き方

御案内状といっても、様々な状況によってその内容は変わってきますが、個々の内容を考える前に、そもそも御案内状が果たす役割を押さえておきましょう。   ...

伺い書の書き方

伺い書とは、公の機関つまり官庁などで、上級機関や上層部に対しこれで良いのかお伺いを立てたり、指示をもらったりするための文書です。仕事を行う上で大切な書類の一つであり、民間企...

請求書の消費税の書き方

請求書を書く目的は相手方に確実に入金をしてもらうということなので、必ず入金日を書くようにしたり、請求先の担当者の名前を記入したりするようにしましょう。   ...