弔電の正しい送り方とマナーと書き方

弔電のマナーや効果的な送り方を詳しく知りたいという場合、インターネットで調べてみると良いでしょう。まず弔電とは、人の死をいたみ悲しむ気持ちをあらわした電報のことであり、故人の訃報を聞いたけれど葬儀に参列できない人がこの電報を打つことになります。

 

  1. 1.一口に弔電といってもさまざまな種類のものがあるのですが
  2. 2.台紙を選ぶタイプの場合
  3. 3.ちなみに、ほとんどの人が例文を使用しているため

 

ちなみに、参列できない人が送ることが一般的なのですが、参列する人が電報を打っても問題ありません。葬儀では一部の電報を式中に葬儀屋が読み上げることが多く、葬儀を暖かく引き締める効果を期待することができます。

 

最近では電子メールを使ってコミュニケーションを取るという人が多くなってきたのですが、このように手で触れることができるアイテムは葬儀において大切なものであり、弔意を表すためにとても役に立つものなのです。

 

ちなみに、これは一般的に葬儀に参列できない人が利用するものであるため、できるだけ早く送ることがマナーです。また、葬儀の開始までにどうしても間に合わないという場合、お悔やみ状を郵便で送った方が良いでしょう。

 


一口に弔電といってもさまざまな種類のものがあるのですが

大きく分けて造花付きのタイプと台紙を選ぶタイプがあります。造花付きのタイプは数年前に開発されたものであり、電報と造花などの供花がセットで届きます。

 

まだ使用され始めて年月が浅いのでアピール度が高く、自宅に送るという場合にオススメです。しかし、葬儀式場に直接送るという場合、あまり意味がなくなってしまうこともあります。

 

造花付きのタイプを式場に送ると葬儀社のスタッフが受け取ることになるのですが、代読するものを遺族が選びやすいように他の弔電と同じ束にまとめてしまうことが多くなっています。

 

そして、送った造花は横に置かれてしまうことが多いですし、花自体には送り主の名前がかかれていないため、誰から送ってもらった花なのか遺族には伝わらないことが多いのです。中には名前が分かるようにしてくれる葬儀社もあるのですが、ほとんどの葬儀社は忙しいのでそこまでしてくれないでしょう。

 

また、葬儀の終了後にその花を持って帰ろうとする遺族もいるため、迷惑なことになってしまいますし、葬儀式場に造花付きのタイプを送るのはあまり良くないと言えます。中には線香付きのタイプもあるのですが、造花付きのタイプと同じ理由であまり選ばれません。

 


台紙を選ぶタイプの場合

料金は基本的に電報台紙料金+電報料という構成になっており、電報台紙については0円~5000円のものまであるため、どれにしたら良いのか迷ってしまうこともあるでしょう。遺族に対して効果的にアピールするため、少しでも良いものを選びたいと考えることが一般的です。

 

しかし、弔電の種類はだいたい10種類程度なので、ある程度の量の弔電が届く場合は他の人と一緒になってしまうことが多いですし、どれを選んでもあまり関係がないということです。当然のことですが、弔電は弔意を言葉で伝える手段であるため、亡くなった人への気持ちは台紙ではなく文章で決まることになります。

 

つまり台紙の料金はあまり高くなくても良く、気持ちを込めた文章を入れることが重要です。インターネットなどで調べれば、よく使われる例文を簡単に見つけることができます。台紙は高級なのに決まり切った例文を使用してしまうと、弔意がしっかり伝わらないケースもあるのです。

 


ちなみに、ほとんどの人が例文を使用しているため

文章を少し付け加えるだけでも遺族に対するアピール度をかなりアップさせることができるでしょう。また、0円のタイプも5000円のタイプも文章を印刷している紙は同じものであり、その紙をそれぞれの台紙に挟み込んでいるだけですし、葬儀が終わったら台紙は外して文章を印刷した紙だけ保管するという遺族がほとんどです。

 

このことからも台紙にこだわるのではなく、文章を考えるのが大事ということが分かるでしょう。しかし、あまり電報を送ったことがないという場合、電報サービス会社のホームページから適当な定型文を探し、最初と最後の文章はそのままで間にオリジナルの文章を入れるのがオススメです。

 

オリジナルの文章をどう書いて良いか分からないという場合、遺族があまり知らないと思われる故人の想い出を書くようにすると良いでしょう。学生時代の友人なら学生時代のエピソードを書くのが良いですし、会社の友人なら会社員時代のエピソードを書くようにするということです。

 

そして、このようなエピソードを書くことにより、自身と故人がどういう関係なのかを伝えることができますし、遺族は今まで知らなかった故人の新しいエピソードを知ることができ、故人が遺族以外の人からも愛されていることを伝えることができるのです。

 

高い台紙を購入して例文を載せるよりも有効なお金の使い方と言えるでしょう。また、電話で申し込むという方法もあるのですが、聞き間違いなどのトラブルを防止するためにインターネットから入力する方がオススメです。

 

他の弔電の情報を知りたい方は、こちらもご覧ください。
タイトル:弔電・お悔やみ電報(祖父・祖母・義祖父・義祖母)の例文と書き方
タイトル:弔電・お悔やみ電報(同僚・友人の親族)の例文と書き方
タイトル:弔電・お悔やみ電報(上司の親族)の例文と書き方

百分率貸借対照表の書き方のフリーソフト

各貸借対照表勘定科目金額と総資産金額における計算式である、百分率の貸借の場合の対照表のことを百分率貸借対照表と言います。   1.フリーソフトを...

「お心づくし」の意味と例文と書き方

お心づくしという美しい日本語があります。真心や好意がこもっていることと、人の親切な行為をさす場合とがあります。多くの場合、相手の好意ある配慮に対して、感謝の気持ちをあらわす言葉とし...

パッキングリストの書き方

日本企業が海外企業と業務上の物資取引を行う場合に、貨物の具体的な内容を詳細に記載したもので、 貨物に同封することのできるオプション書類のことを指すのがパッキングリストです。...

減価償却費の書き方

  1.減価償却費とは 2.減価償却費の計算のしかた 3.減価償却費の計算の書き方   減価償却費とは 建...

入試の推薦書の書き方

入試において推薦書は「推薦を受けた受験生がどういう人間なのか」や「受験生がいかに受験先の学校にふさわしい人間なのか」を受験先にアピールするためのものです。  ...

5月の挨拶(書き出し・文頭)の例文と時候の挨拶と書き方

手紙やメールの文章を書く時に、まず書き出しからどんな風に書けばいいのか悩んでしまう人も少なくないものです。そんな時にとても役立つのが時候に関する言葉を文頭に用いることで、自然に浮か...

履歴書の書き方

  1.履歴書を書く上で注意すべき基本的なこと 2.履歴書の書式について 3.履歴書の項目の書き方 4.志望動機など自己アピールについて ...

転職や再就職をする際の履歴書の書き方について

一昔前までは終身雇用制度がまかり通っていましたので、一度会社に正社員として採用された人は、その会社で定年まで勤め上げることが当たり前のようになっていました。しかし、終身雇用制度が崩...

出席可否の書き方

結婚式やパーティといった華やかで和やかな雰囲気の中で行われるイベントは、出席した人も変えるときには何となく幸せな気持ちになれます。   1.出席...

4月の挨拶(結び・文末)の例文と結びの挨拶と書き方

四季折々の変化があり趣を感じられるのが日本ならではの良さです。そんな四季の移ろいを感じさせるような時候に応じた適切な手紙やメールを読むと相手もとても心が和んで、配慮の気持ちを感じる...

スポンサーリンク