追悼文の書き方

pixta_tegami_01

追悼文は親しい人、お世話になった人が死亡したことを知らされたときに葬儀や弔問などに参列できないという場合にすぐに弔慰の手紙を書くことを指します。そのための文章を追悼文またはお悔やみ文と呼びます。

 

  1. 1.追悼文の用途と使用禁止の言葉
  2. 2.追悼文の書き方について
  3. 3.故人は絶対に批判しないこと
  4. 4.その他の注意事項及び同封する香典

 


追悼文の用途と使用禁止の言葉

pixta_tegami_02

追悼文は親しい人、お世話になった人が死亡したことを知らされたときに葬儀や弔問などに参列できないという場合にすぐに弔慰の手紙を書くことを指します。そのための文章を追悼文またはお悔やみ文と呼びます。死亡通知を受けたときに時間がろくにとれないときには先に弔電を打った上で改めて時間が取れたときにお悔やみやお見舞いの手紙を書いていくと良いでしょう。

 

お悔やみ文のときにはレタックスと呼ばれる電子郵便サービスを利用しても良いです。手書きのメッセージを弔事用に使用する封筒に入れることができ、温かみのあるメッセージを送ることができるので効果的です。それではお悔やみ文についてですが、書き方としては最初に使ってはいけない言葉が存在することを留意しておく必要があります。

 

書いていく文章は死を悼むための文章ですので、「死」を意味するような言葉を使うことはやってはいけないこととされます。一般的に使用する表現としては、「隠れた」という表現や「逝った」という表現などを使っていきます。それから「追って」・「重ねて」・「再び」、さらには「しみじみ」・「重々」などの表現についても使用禁止となっています。

 

「しみじみ」などの言葉は重ね言葉と言われるものです。死を重ねることを連想させる言葉のために弔辞の言葉においては良くない言葉とされ使用禁止扱いとなっているのです。これはお悔やみ文の他に弔電を打つときや弔辞を述べるときについても共通して避けるべき言葉とされていますので、よく覚えておくことが求められます。

 


追悼文の書き方について

pixta_tegami_03

追悼文の書き方としては、こうした忌み言葉を上手く言い換えるようにちょっとした文章のテクニックを使用して失礼のないようにしながら丁重な言葉遣いを行って自分の心が明確に伝わるように書いていくと良いです。喪主が親しい友人であったりもしくは部下や後輩などの目下の人に該当する場合であっても同様ですので注意する必要があります。

 

追悼文の冒頭についてですが、まず季節の挨拶については不要となります。書くことでかえって喪主や遺族の方々に伝わりにくくなる上に失礼にあたる場合もありますので、そのまま真っ直ぐにお悔やみの気持ちを述べていくようにします。まず、逝去を知ったときの驚きや悲しみなどの気持ちを込めて書いていきます。

 

もちろん、丁重な気持ちをこめますので顔文字のような不自然な表現で表すことは避けるべきといえます。次に故人の功績や人柄を偲んだ言葉を書いていきます。これは人によっても違ってきます。自分と故人との間の関わりから故人のいいところを見つけ出していきそれをお悔やみ文の文章に入れていくと良いでしょう。

 

そしてその死を惜しむ言葉を書いていくようにします。死を惜しむといってもあまり過剰な表現にならずできるだけ自然な表現に留めて伝わりやすくするほうが望ましいといえます。三番目に、ひとまず弔電を打つことでカバーはできているとは言えますが、葬儀や告別式などに参列できなかったことでのお詫びの気持ちをお悔やみの手紙でも改めて書いていくようにします。

 


故人は絶対に批判しないこと

pixta_tegami_01

四番目にこれは後述もしていますが同封した香典を御霊前に備えるお願いを書いていきます。五番目には遺族に対する励まし及び慰めの言葉を記します。最後に故人の死を悼んだ冥福を祈る言葉を書いていき追悼文を締めます。締めの際には、結びの言葉としては「敬具」という言葉を使用します。よく一般的な手紙で使われる「草々」についてはお悔やみ文の場合には重ね言葉に該当しますので避けるようにします。

 

お悔やみ文を書くときにはお悔やみ文の文例などがきちんと載っていたりします。文例については書店などでもありますが図書館などでも借りることができ、また葬儀屋などのホームページなどにも載っていますのでそうした所を参考にして自分なりの文章を組み立てていくと書きやすくなります。

 

それでは、お悔やみ文を書く際にやってはいけないこととしてはどのようなものがあるのかですがまずは故人を批判するということは絶対に避けるべきといえることです。故人が亡くなられてから後出しジャンケンのように批判の気持ちをこめたりネガティブな文章を書いていくことは、故人を傷つけるだけではなく遺族に対しても傷つけることにつながり、

 

その結果後々トラブルになってしまう可能性もあります。ですのでやらないようにしておくべきといえます。特に故人の遺族は故人を亡くしたばかりということもあり感情的になりがちです。気丈そうに振舞っていても内心では傷ついていることが想像されるので、故人に対してどのような気持ちでいたとしてもネガティブなことは書かないようにするのが鉄則です。

 


その他の注意事項及び同封する香典

pixta_tegami_01

もうひとつやってはいけないこととしては、故人をダシにしないことが挙げられます。故人の遺族にとってお悔やみの手紙を書いている自分のことというのは少なくとも故人より引いた位置にいる存在といえます。お悔やみの手紙を書くときにおいては、故人を引き立たせるための文章のみをつくっていきます。

 

ですので自分の消息については書かないようにするほうが望ましいといえます。お悔やみの手紙を書き終わって送る際には手紙と同時に香典も送ることとなります。香典は不祝儀包みに表書きを行います。そして現金書留を使用して追悼文とともに確実に遺族の方へと届くようにすると良いでしょう。宗教によっても違う点があり表書きには配慮する必要はあります。

 

ただ。御霊前という文字については全ての宗教に通用する表現ですのでこの文字を使用すると最も確実に伝わります。香典を包む金額についてですが、これには相場があります。親の場合には5万円、お悔やみの文章書いている人が40歳を超える場合に該当するときには10万円を用意して包むのが通例です。

 

一般的な友人の場合や隣近所の場合の香典の相場は3千円または5千円ほどとなり、会社の上司に宛てたお悔やみ文の場合には3千円から1万円の間となっています。一般的に親族に近いほど香典を送る金額が高くなっていく傾向があるということを留意します。また、お悔やみ文を書いている人の年齢や住んでいる地域によっても差がでてくるので、そのあたりをよく確認した上で香典を包むのが望ましいといえます。

 

履歴書の書き方など例

就職活動を行っている方や、既に一定のキャリアを持っている方が転職活動を行う場面もあります。仕事探しを行う上では、現在では各種誌面の他にインターネットを利用する方法が用意され...

電報の正しい送り方とマナーと書き方

電話が普及する前は、遠方の人に早く連絡事項や手伝えたいことがある場合には電報を使うことが主流でしたが、電話が普及してからはリアルタイムで伝えることができるようになりました。 ...

科研の申請書の書き方

日本の研究者にとって最も研究費を獲得しやすい方法として科学研究費用助成事業と言うものがあります。これは学術研究助成基金助成金、あるいは科学研究費補助金等様々な呼び名がありま...

弔電・お悔やみ電報(同僚・友人の親族)の例文と書き方

  1.弔電は、定型文化したものが 2.それではどのような弔電が良いのでしょうか。 3.言葉を選ぶ際に制約となってしまうものですが 4.忌み言葉の例と...

お礼状の書き方:10月

  1.季節ごとのお礼状の書き方 2.その月の季語を覚えておく 3.例文をいくつか覚えておく 4.頭語と結語をきちんと使うようにする ...

読んでいてわかりやすい書き方のコツについて

文章を書く際には、必ず読み手のことを考えて、わかりやすい文章を書くことが大切です。何を伝えたいのかわかりづらくなってしまったり、文章の中身がわかりにくくなってしまったりすることも多...

遺言書の書き方

遺言にはいくつかの種類があります。まず大きく二つに分けることができます。普通方式と特別方式です。普通方式とは通常の遺言のことで特別方式とは死期が近い場合や、或いは伝染病で隔...

備忘録の書き方

  1.備忘録の必要性 2.備忘録から自分を知る 3.なるべく良い物を使う 4.存在してしまった物と例文   備...

内容証明郵便の書き方

内容証明郵便とは、文字通りどのような内容が記載されているのかを証明する物です。但しそれが正確か、事実なのかどうかは問わない点に注意します。具体的には郵便物の内容に加えて、差...

離職証明書の書き方

  1.離職証明書とは 2.離職証明の各欄について 3.各欄の書き方および注意点 4.その他注意点など   離職証明...

スポンサーリンク