「賜る」の意味と例文と書き方

ビジネス文書や目上の人への手紙などを書くときには、日常会話では使用しないような語句や文章を使うことも珍しくありません。そのため、間違った環境下でうろ覚えの単語を使用したり、使い方を間違えた言い回しをすることも良くありますので、初めて目にする言葉は特に注意が必要です。

 

漠然と意味や使い方を理解しているような言葉であっても、実際には意味が異なっていたり、使える状況が限られていることもありますので、一つ一つ丁寧に調べて自分のものにしていくことが、最終的には正しいビジネス文書や丁寧な手紙を書くことができるスキルを身につける近道となります。

 

ビジネス文書にしても手紙にしても

基本的な構成はほぼ同じです。「拝啓」などの頭語、時候の挨拶や安否の挨拶、感謝の挨拶などの後で実際に伝えたい主文を記載し、最後に「敬具」などの結語で終わります。

 

このとき、頭語や結語、挨拶に関する文章というのは定型文がたくさんありますので、相手が目上か対等か、あるいは自分よりも下かという立場の違いや、相手が企業や団体なのか個人なのか、あるいは季節がいつになっているかなどの状況によって、使い分けて選ぶとある程度簡単に文書を作成することができます。

 

しかし、主文は最も自分が相手に伝えたい内容でもあり、恐らく受け取った相手も主文を中心として目を通していますので、自分で良く考えて相手に伝わりやすく、かつ相手に失礼のないような文章を作成する必要があります。

 

主文は例文もありませんし、あったとしても自分の言いたい内容に合致しているものが見つかるとは限りませんので、やはり一つ一つの語句や言い回しをきちんと把握して、上手に使いこなす必要があります。

 

主文で良く使われる語句の一つに

「賜る」という言葉があります。日常会話ではまず使うことのない単語ですが、これは品物をもらったり、恩恵を受けるという意味で、「頂く」と同じように「もらう」という言葉を相手を敬って言う謙譲語となっています。

 

ビジネス文書や目上の人に対しての手紙などでも良く使われますが、結婚式などのスピーチでも使われることがあります。

 

この言葉は、どちらかというと品物よりも恩恵という意味で使われることが多くなっており、感謝の挨拶などでも使われていることがありますので、主文で賜るという言葉を使うときには前後の文章に使われていないか注意しましょう。

 

感謝の挨拶として使われる例文は

「日頃より格別のご愛顧を賜り、心より感謝しております」というように時候の挨拶と並んで記載することが多いです。また、品物などを受け取った場合には、「先日は大変に結構なお品を賜り、誠にありがとうございます」という使い方をします。

 

相手に何らかの要望を出すときには、「先生のご意見を賜ることができましたら大変ありがたく存じます」といった使い方をします。結びの文として使われる場合には、「今後とも変わらぬご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます」などの文章で使われています。

 

また、合格や就職などが決まったとき、お世話になった相手にお礼状を出すときには、「先生から賜りました多大なるご恩に報いることができますよう、今後ともいっそう勉学に励む所存です」のような使い方になります。「賜る」を名詞として使用すると「賜物」になりますが、この言葉を使って「これもひとえに皆様のご指導・ご鞭撻の賜物と厚く御礼申し上げます」のように使われることもあります。

 

依頼をする場合には

「今後ともご指導、ご鞭撻を賜りたくよろしくお願い申し上げます」という言い方をして、結婚式の挨拶などでも良く使われています。

 

このように、「賜る」という言葉は非常にいろいろな場面で使用されますが、その多くが主文で活用されていることもあり、きちんとした使い方を覚えておく必要のある語句となっています。

 

ビジネス文書や目上の人に対する手紙を書くときにはほぼ確実に一度は使用する語句ですが、親しい間柄の人や立場が下の相手に対して使うことはあまりありません。

 

逆に、堅苦しいと感じられたり、違和感をもたれてしまいますので、あくまでも自分が指導や協力などを仰ぐ、立場が対等や上の人、企業などに対して使うようにしましょう。

 

なお、結婚式のスピーチのように

色々な立場の人が混在しているときには、基本的に目上の相手に対して使用する言葉を優先させて用いていますので、賜るという言葉を使ってもなんら問題はありません。

 

まだ結婚して間がない夫婦ということもあり、人生の先輩として色々な指導をしてほしいという意味になりますので、仕事上の立場が下の人であってもアドバイスをもらえることがあります。

 

このように、「賜る」という言葉を使用した文章は、ビジネス文書や手紙などでは定型文として使われがちですが、相手に嫌な思いをさせずにこちらの希望を伝えることができる、便利な言葉であるともいえます。

13回忌の案内状の書き方

法要とは故人の命日に亡くなった月の祥月を合わせた祥月命日に故人を弔う儀式の事を言います。一般的には49日の法要が過ぎると以降は定められた年に年忌法要を行う事になります。 ...

三つの文章構造について

文章の書き方について書いていきます。文章をわかりやすいものにするためには、文章構造の工夫がどうしても必要になります。文章構造を考えずに書いた場合、文意がどうしても支離滅裂になってし...

わかりやすい手順書の書き方

食品会社には、多くの人が働いています。長年勤務している人であれば、どのような作業をするかについては改めて説明する必要はないのですが、新しく入社してきた人や、期間従業員などは、しっか...

参考文献の書き方について

書籍の巻末などに書かれている参考文献ですが、この参考文献に正しい書き方というものが存在します。一般の人にはあまり関係の無い知識に思われるかもしれませんが、学生の卒業論文などにおいて...

看護研究における参考文献・引用文献の書き方

  1.看護研究とは 2.参考文献の書き方 3.例文 4.引用文献の書き方   看護研究とは 看護研究...

葬式のお花代が現金の場合ののし書き方

葬儀に参列する場合、すぐに香典にことは頭に浮かびますが、「お花代」を耳にすることもあるでしょう。「香典」と「お花代」は仏式において別のものです。香典は線香や抹香のように、死...

7月の挨拶(結び・文末)の例文と結びの挨拶と書き方

パソコンや携帯電話の普及によって、知らせたいことや伝えたいことがあるときには電話やメールで済ませてしまい、手紙を書くことがめっきり少なくなってきました。親しくしている友人や日ごろか...

作家になるための小説の送り方

自分が書いた小説を、ある出版社に送って新人賞を狙いたいと思っている人は、数多く存在しております。ですが、小説は書いたものの、原稿用紙への書き方がわからないという人は多く、最近ではそ...

宛名の書き方

  1.ビジネスでのはがき、封書の宛名 2.個人宛の宛名の書き方 3.特定の職業の個人に宛てる場合 4.組織や企業などの団体に宛てる場合 ...

源泉徴収簿の書き方源泉徴収簿の書き方

源泉徴収簿とは源泉徴収票を作成するために必要となるリストのようなものです。会社など給料を支払う源泉徴収の義務者は、毎月支払う給料に対する所得税の源泉徴収、年末調整などといっ...

スポンサーリンク